TCANに寄せて頂いた多数のご意見について、同種のご意見を、管理者にて分類を試み集めて見ました。
 本欄では、ストレス社会についてのご意見と、自殺者が後を絶たない現在の社会について、
雨宮処凛さんの論文などを考察したご意見を集めてみました。    

08.04.05 雨宮処凛さんの話を聞きに行って来ました
07.11.06 NTさんのメッセージ・「雨宮」さんのこと
07.11.02 雨宮処凛さんの話で思う事 (10)(11)  (完結)
07.10.27 雨宮処凛さん・・・(6)(7)(8)(9)
09.10.24 雨宮処凛さん・・・(3)(4)(5)
07.10.20 雨宮処凛さん・・・(1)(2)
07.10.17 ストレス社会と自殺
07.10.12 自殺・・・・社会の現実に言葉がありません。










07.10.12 自殺・・・・社会の現実に言葉がありません。

 日本では、毎日90人の割りで自殺者が出ているんだそうです。
この数ざっと交通事故で亡くなる人の5倍。

先進諸国と言われる国々の中ではロシアに次いで第二位。
ロシアが02年人口10万人に対してざっと40人、日本は05年に26人。
ロシアより低いと胸を撫で下ろしてはいられない。
第三位のフランス(99年)は18人とずっと減ってしまうし、第八位のイタリア(00年)は7人ですから。
 
 さらに大雑把な統計を見ると、

 日本の自殺者は98年を境に、それまでの2万5千人台から一っ飛びに3万7〜8千人台に増えてしまっている。
この98年という年はどんなことがあったんだろうか?分かる人がいたら、教えてください!
 
 さらにその統計・・・年度別男女自殺者数の棒グラフ・・・によると、

 90年には男性6割、女性4割だったものが、98年を境に男性だけの自殺者が7〜8千人増えてしまっている。
女性の自殺者数は殆ど変化なしです。
 
 男尊女卑社会にも拘わらすと言うのか、男尊女卑社会だからだと言うのか・・・男性の自殺者がいまや自殺者の7割を占めている。
 
 私はこの数値の前に、言葉を失いました。

 日本は大国趣味が人一倍強い国ですが、自殺でも大国になりたい?・・・
と揶揄っている場合じゃないですね。
(NT)



07.10.17 ストレス社会と自殺

 交通事故の5倍以上の自殺者、3万人以上がここ8年つづいている。
 NTさんの広場の記事に触発されて、メッセージを付加させていただく。

 98年は、不良債権を引き金に金融破壊のまっただ中で、97年の年末に三洋証券に始まり、拓殖銀行、山一証券の経営破綻が始まった。

  98年からリストラという言葉が大流行し、完全失業率も戦後の統計以来最高を記録しました。
 自殺の原因は輻輳するもので、ノストラダムの予言に象徴した世紀末的厭世観が影響したのかも知れない。
 米国では新興宗教の信者が集団自殺したこともあった。
 世相はこの雰囲気を内に秘めながら構造改革に邁進してきた。
 気づいてみると、自殺サイトのような病理現象を生み出したともいえよう。

 国はこの現象を受けて8億円の予算を立て、2010年に2万2千に減らすことを目標に、うつ病対策の研究や産業医の研修、命の電話支援等を進めている。高槻市の17年度の自殺者は61人である。

 自殺の背景には、経済政策の影響が大いにあると思う。
 新自由主義経済にシフトした市場原理主義による構造改革が、社会のストレスを大きくしたと考えられる。
 特に、私たちの生活の周辺はフラストレーションによるストレスが過剰になっている。
 「仕事や職業生活に関して強い不安、悩み、ストレスがありますか」の問いに対し、61.5%があると答えている(H・14厚生労働省、労働者健康状況調査)。 「心の病」による1ヶ月以上の休職者は、調査企業の内74.8%である(社会経済生産本部)。

 元来、適当なストレスは人生の刺激になり、活力源となり生活に張りを与えてくれるものだが、過剰になると病理になる。友人の産業カウンセラーが教えてくれたが、ストレスの危険信号には3つの段階があるという。

   第1段階 警告期(受動的反応期)・疲れやすい・イライラする・肩がこる・ミスが多くなる

   第2段階 抵抗期(ストレスに反応、抵抗する時期)・疲労が興奮(脱力)に変わる・仕事
         を抱え込み、休まなくなる・血圧が変調、血糖も上昇・胃や心臓に異常が現れる

   第3段階 疲弊期(疲れ切り、本来の病気に移行する時期)・踏ん切りがきかなくなる・億
         劫になり何もする気がなくなる・心身症やうつ病に陥る・自殺に至る

 企業では、メンタルヘルスに力を入れている。残業を減らしたりカウンセラーを配置したりして、手を打っている。

 「笑い」は、このストレスを緩和する力が大きいそうだ。
 「笑い」のある職場は、やはり余裕がないと生まれないのかも知れない。
(MY)
  



07.10.20 雨宮処凛さん・・・(1)

 この人の名、ご存知でしょうか?
私は一週間前に知りました。
以来彼女の言葉が頭から、離れません。
今日からは暫く彼女の書いた文からの私なりの抜粋を紹介して、私の感想を併記したいと思います。
 
 「95年私は20才で都内で独り暮らし、フリーターをしていた。
時給900円程度。
誰にだって出来る
詰まらない単純な仕事を繰り返す毎日。
私は少しずつ自分を消耗させていた。
 風邪を引いて休むと言えば、明日から来なくていいとあっさりクビを切られる。
大学受験を二浪し、途中で進学を諦めてフリーターになった私は、この世のどこにも所属/接続していなかった。
 学校も卒業してしまったのに「会社」には入れず、単純作業を転転とする日々。
社会から5センチほど浮き上がってしまったような心もとない浮遊感。
 しかし、そんな生活からの脱出方法が分からない。「就職」という枠からも弾かれてしまった。」
 この文を読んだ時に、今の若者の置かれている状況が手に取るように分かりました。

07.10.20 雨宮処凛さん・・・(2)

雨宮さんの文

 「ある日気付いた。
どうやらこの生活からは抜けだせないようだ。
ということは、私はこのまま、30になっても40になっても50になっても時給800円か1000円程度で、いつクビになるか分からない中で、使い捨て労働力として生きていかなければならないということだ。
絶望というよりは、未来があっさり絶たれた感覚。」


 なんということでしょう!
これが私達年長者達が若者に差し出しているご馳走なんですね。

一緒に社会をつくって生きましょうねと、未来の子供達のために良い社会をつくる為と・・・。
 若者を労働奴隷にしている私達は許されるのでしょうか?
 お前達は努力が足りない、怠け者だなんて嘯いたりして。
07/10/16投稿 (NT)





07.10.24 雨宮処凛さん・・・(3)(4)(5)

 「オウムによる地下鉄サリン事件が起きたのはそんな頃だった。
この事件に、私は「熱狂」した若者の一人だ。
衝撃を受けたのは、事件そのものよりも、私と同世代の若者が「終末思想」で武装し。
ブッ飛んだ目で修業に励んでいる姿だった。
 私にないものを、オウム信者たちはすべて手にしているように見えた。

 私になかったもの。
それは一言で言うと、「生きる意味」だ。
 低賃金の単純労働力としてしかこの世に存在していなかった私は、喉から手の出るほど、「マトモな命の使い道が欲しくてたまらなかった。
それがななんということだろう!」
 
 私にはこれまでオウム入信の理由を山ほど読みましたが、これほど腑に落ちた物に出会ったのは初めてでした。
初めてそうだったんだと・・・鳩尾に落ちるように納得できました。



 「オウム事件を受けて、連日メディア上では「なぜ若者は宗教に走るのか」が問われ、そして「心の教育」「心の時代」なんて言葉が流行った。
「戦後の本の教育が間違っていたからこんな事件が起きるのではないか」なんて「大人」たちが眉をしかめて語り、「戦後の本の価値観」そのものが問い直されたりした。」
 
 この文を読んで、私達大人が自分達が若者にどんな悲惨な生活を強いているかはそっちのけにして、そのことには目を瞑って、若者の狂気を諌めるにはどうすべきかと・・・責任転嫁していたことを深く深く感じるのです。
なんと的外れな!!そして、無責任な!


 雨宮さんのことまだまだ続きます・・・。
 
 「93年に発売され100万部を超えるベストセラー、{完全自殺マニュアル}の前書きにはこうある。
 あなたの人生はたぶん地元の小中学校へ行って、塾に通いつつ受験勉強をしてそれなりの高校や大学に入って、四年間ブラブラ遊んだあとどこかの会社に入社して、男なら20代後半で結婚して翌年に子供をつくって、何回か移動や昇進を経験して、せいぜい部長クラスまで出世して、60歳で定年退職して、その後10年か20年趣味を生かした生活を送って、死ぬ。

 どうせこの程度のものだ。

 しかし絶望的なことに、これがもっとも安心できる理想的な人生なんだ」
 この本が発売された頃、既にバブルは崩壊していた。
が、まだ「神話」は力を持っていた。

当時、モデルとされる「理想的な人生」は存在し、そしてそれは平凡で、「絶望的」ながらも多くの人が獲得できるものだった。
 しかし、95年にフリーターだった私は、すでに「神話」から弾かれた第一世代だったと思う。」
 
 つまり、小市民的なささやかな・・・彼女の言う絶望的な・・・然し、多少の上昇志向心を満足させる・・・そん
な生活すら、彼女には、彼らフリーターたち、これから陸続と続くフリーターたちには望むことが出来ない。
将来に亘って地を這うような未来しかない。あなただったら、どんな気持ちになるでしょう?
 
07/10/16〜19寄稿 (NT)





071027 雨宮処凛さん・・・(6)(7)(8)(9)

 「終身雇用が崩壊し、生き方のモデルがなくなった。
フリーターになって数ヶ月で、この生活からの脱出は難しいことにも気がついていた。
 因みに06年の経団連アンケートでは、「フリーターを積極的に採用したい企業は1・6%。生殺しのように少し上のバブル世代の華やかさの幻影だけがちらついていた。
バブルの時代に10代を過ごした私(雨宮さん)は、「頑張れば上昇できる」という幻想に尻を叩かれ、不毛すぎる受験戦争を戦わされてきた。
中学時代はちょうど校内暴力の嵐が過ぎ去った後の超管理教育時代で、その副産物である壮絶ないじめの被害者にもなった。
 それでも「頑張れば上昇できる」努力すれば報われる」という「大人」たちの言葉を信じて、いじめで半分ノイローゼになりながらも勉強し、成績上位をキープし続けた。
いい会社という神話の中で、そうすることが
幸せになれる一番の近道のはずだった。」
 
 この文を読んで、私達大人はなんて彼女に応えたらいいんでしょう?
これでも私達は彼女らがずるけ者だと言い張るんでしょうか?言い張れるんでしょうか?

 
 「自分が社会にでた途端に・・・頑張っても全く報われない時代・・・が到来したのだ。
{完全自殺マニュアル}前書きの、「どこかの会社に入社して」というところから躓く若者たちが量産された。
 二十歳にして、私は漠然と自分の将来はホームレスだはないかと恐怖していた。
なぜなら、900円程度の時給で週に5日、一日8時間働いても収入は15万円に満たないからだ。
そこから家賃、光熱費、生活費、食費、各種保険料を捻出することは至難の業で、いつも親に泣きついていた。
 いまは親が働いているからいいものの、10年後、20年後、親がいなくなったときにどうなるかを考えるとゾッとした。
 
 どんなに働いても楽にならない生活。
フリーターである限り、昇給もなければボーナスもない。
そして、そこからの脱出もほぼ不可能。
右肩上がりなのは若年失業率だけだ。」
 
 私だったら気が狂いそうな人生に、暗澹とするばかり。
皆さんはこれを読んで、どんな感想を抱くでしょうか?
この人生が自分の子に起こっているとしたら・・・そして、現実にはどうしてやることも出来ないとしたら・・・。
こどもの不甲斐なさを詰り、責め立てるでしょうか?
そして、若者がこんな状態でなぜオウムに入信していくのか、それがよく手に取るように分かってきました。
現世に極限的に絶望しているのですから、そしてオウムの中では若者は活き活きと暮らしているのですから、少なくとも目的を持って・・・。


 その後雨宮さんはリストカット・自殺・オウム・戦争映画への耽溺・右翼・左翼・北朝鮮・イラクなどに走ったり、溺れたり、強く心を惹かれたりする時期を経る・・・のでした。
然し、そのどれにも、どこにも彼女の居心地のよい場所を見出すことができなかったと、告白しています。
 こうした精神の模索をあてもなく続けている若者に多数出会ったと、雨宮さんは言っている。
 
 ペダンティックな言説を説き続ける左翼にも飽き足らなかったし、小林よしのりにも、新しい歴史教科書をつくる会にも、右翼の会にも・・・心は満たされなかった等等と・・・。

 「99年、もう一つのインパクトがあった。
それは、日経連の報告書・・・新時代の日本的経営」だ。
不況に直面し、財界は働く人を「長期蓄積能力活用型」「高度専門能力活用型」「雇用柔軟型」の三つに分けようと提言した。
幹部候補生になる正社員層と高度なスキルを持つスペシャリスト、そして使い捨ての激安労働力だ。
もちろん、フリーターを始めとする非正規雇用は「雇用柔軟型」に含まれる。
このことを知った時、激しい怒りがこみ上げてきた。
99年までにフリーターだった私は、いつの間にか勝手に「雇用柔軟型」に分類されていたのだ。
どう努力しようと、まったくもってやはり無駄だったのだ。」
 
この文に出会うと、言葉を失ってしまう自分を発見しました。


 「それから12年。
非正規雇用率は33・7%と、働く人の三人に一人。
見事に「新時代の日本的経営」が目指した通りになっている。
そして非正規雇用層からは。
働いても食べていけないほどのワーキングプアが続出し、とうとう私と同世代のフリーターからホームレス化が始まった。
ネットカフェ難民という形で。
私がフリーターだった10年前、恐れていた最悪の予想が的中してしまった。」

 
ーーー雨宮さんは2000年に一冊目の本を書いて脱フリーターした。
以来ずっと若者の生きづらさや自殺の問題に取り組んできているーーー

 
 「死にたい、生きていたくないと訴える若者達と接しながら、出口のなさを感じている。
02年から20代の死因の一位を独走する「自殺」。
減らない周りの自殺者。
私の視線はずっと彼らに向いている。
 しかし、その生活状況に視線を移すと、自分自身がフリーの時にそうだったように、不安定な生活が浮き彫りになってくる。
 このままではホームレスになるかもしれないという恐怖。
フリーターの自分を責める気持ち。
そして正社員層も過労から鬱病を発症させている。
05年度、精神障害で労災申請、認定数の六割を占めるのは20代、30代だ。」

 
このような生き地獄のような生活をデザインしたのは誰?
 
少なくとも直接的には、財界に巣食う頭の切れる大卒の皆さんたち、そしてそれを督励する財界のオヤジたち・・・じゃない?
 それとつるんでいる政治家達じゃない?
 彼らこそが社会悪の権化じゃない?
 その元を断たないで、真の意味の救済策なんてあるのだろうか?

 ところがこうした連中は社会の上層を形成していて、尊敬なんか集めてさえいるんですよね。
そして、教育だの愛国心だの若者の精神荒廃だのと嘯いているんじゃないの?
企業は株主の為にあるとか言っちゃって。
 
 そしてそしてその大元にいるのがアメリカの政財界の元締め連中・・・と、まぁ、こういう構図になるんじゃないかしら。
としたら、弱い若年労働者に何が出来るっていうんでしょう?
彼ら一人一人に、あんた、努力が足りないよって、言うの?
そりゃないだろうって!
 
 違うだろうか?
お父さん、お母さん!
と、私は言いたいですね。
やんぬるかな・・・今の政党にこうした若者の立場に立って彼らを本当に代弁する気概の議員は居ない!
なぜなら彼らはその苦境を誰一人経験していないだろうから。
働きの世界の中でいじめに遭っていないだろうから。
 07/10/20〜24寄稿 (NT)
  







071102 雨宮処凛さんの話で思う事 (10)(11)  (完結)

雨宮さんの文

 「バブル崩壊以降、この国では「働くこと」が根本的に変わっていた。
 非正規雇用は人件費削減のためにあっさりと使い捨てられ、正社員層はというと成果主義に追われ、心身ともに極限まで追い詰められている。

 その背景には「競争に勝ち抜いて大金を得るのも自己責任。
競争に負けてホームレスになり、餓死する
のも自己責任」という身も蓋もない残酷な考え方がある。

 ただ「生きる」こと、ただ「働く」ことが、トンデモなく難しくなってしまった。
その背景にあるネオリベラリズム。
私達の生きづらさの原因の一つは、明確に存在した。」
 
 雨宮さんは、確実に最大の根本原因を言い当てているんですね。(TN)


 「{完全自殺マニュアル}前書きには・・・60歳で定年退職して、その後10年か20年趣味を生かした生活を送って死ぬ・・・とある。
しかし、フリーターには定年はない。
もちろん、昇給もない。
100万円台の年収(フリーターの平均年収は106万円)では結婚して家庭を持つことも難しい。
 定年退職したあとに趣味を生かした生活なんて夢のまた夢だ。
 年金未納率が抜群に高いフリーターはどんなに老いても死ぬその日、或いは倒れるその日まで低賃金の単純労働に従事しなければならない。」

 「どうすれば最低限、喰いっぱぐれることなく、過労死するなく、そしてホームレスにもならずに餓死もせずに「安心して」生きられるのか・・・未だにその方法は発見されていない。
 その上、教育課程では、「やりたいことを見つけろ」「好きなことを探せ」「そしてそれで自己実現しろ」なんて無理難題を嫌というほど刷り込まれている」


 「その結果どうなるか・・・「自分探し」をしたり「夢」を追ったり、諦めて「下流」として生きることを「選択」したり、「右傾化」するという「作法」を身にまとったり、スピリチュアル系にハマってみたりと模索を繰り返している。
 強要された「自分探し」。
いや「生き方探し」。」


 
 雨宮さんの告白をこれまで11回に亘って読んできました。
 
 フリーター、派遣、請負など不安な働き方をしている若者を・・・いやいまじゃ中高年まで含めて、さらに正社員の中にも不安を抱え、企業から不当な不安定な働き方を強いられる人が沢山出ている・・・こうした人たちを支援する・・・そんな立派な人たちが澎湃と輩出してきている。

 けれど、その力は弱い。
まことに弱い。
そうした支援活動は、まだまだその人たちの極々周辺でしか起こっていない。

 決して社会全体が声を上げて抗議をし、改変を迫っているわけじゃない。
孤立無援の状態といっていいだろう。


 私は一人でも多くの人が、一日も早く今ことに気付き、連帯して、奴隷労働社会を打ち破り、奴隷によって潤って胡坐を掻き、ふんぞり返っている亜犯罪者達を懲らしめて欲しいと願っているんです・・・よ。
 まずはこの問題に関心を抱き、無関心を捨てて欲しいと、願っています。

 そこからしか、すべてのことは始まらないから・・・。
07/10/25〜26寄稿 (NT)

      






071106 NTさんのメッセージ・「雨宮」さんのこと

 雨宮処凜(かりん)さんを、これまで遠くから見ていたと思っている。
彼女のことは、知らないと言った範囲ではない。
彼女の思想というよりも、行動漂流での体験が累積されて、一気に吹き出た。
それがワーキングプアーを生み出した時代背景の中で、突き上げた形でスポットが当たった認識なのである。
北海道の旅立ちから、瞬間瞬間のなかで、真剣にぶつかって生きてきた。
東京での初期の少し危険な時期もあったが。
それにしても生半可ではない。
言葉や行動の節々から感じ取れる、そのエネルギーを羨ましくもある。

 NTさんのこれまで数回にわたる熱心な論評を「なるほど」と頷きながら、読ませていただいたことに御礼を申し上げたい。
特に「社会から5センチほど浮き上がった浮遊感」(これが沈んだ、でないだけにホット)の一文はグサットきた。

 だが、告白になるが直ぐにはメッセージを交換する気にはならなかった。
なにかしら、心低でダルイ、重い気持ちをひきずっていた。
完結のメッセージが出たので、思い切っての発信になった。

 若者達の中でフリーターという言葉を聞いてから、早や10年が経過しつつある。
当時は10万人位の印象が残っている。
雨宮さんの20代前半の頃だ。
このころのフリターにはまだ、芸能、職人志向の夢追い型が2〜3割は内在していたのである。

 一方、労働者派遣法が施行されて21年目を向かえた。
当初は専門的な業務しかみとめられなかったが、フリーターが人口に膾炙されるようになった1999年に製造業を除いての広がり、その製造業も2004年に解禁になった。
雨宮さんが体験した時代はこの頃なのだ。

 公=法という公式を当てるならば、この規制の緩和はちょっと急ぎすぎの感だ。
連合の元笹森会長は「製造業の解禁は早まった」と何かのシンポジュームで語っていたが、小生もそう思う。日本は製造立国であったことを忘れてしまったのか。
NTさんの言葉を借りれば、財政界の癒着どころか、日経連が1995年に提言した「新時代の日本的経営」の3層構造化(長期蓄積・高度専門・雇用柔軟型)に、労働界も荷担したということなのだ。

 10年以上を経過し、その時期が失われた10年と重なったことが、ワーキングプアー層を拡大させた。
ここに至ってフリーターは220万人を超えたと云われている。
派遣労働者は255万人、派遣事業者は6万という。
フリターの数と派遣労働者の数がオーバーラップしていることをみると、派遣法のあり方がフリターの増加を促進したと云えなくもない。
そこで、労働者派遣法を緩和した90年代後半の政策が誤りであったことに気づかねばならない。
“企業栄えて、個人滅ぶ” の感を禁じ得ない。
福沢諭吉は “立国は公にあらず、私なり” (やせ我慢の記)といっている。

 偽装派遣の違法性は勿論、登録型派遣(8割がそうだが)の有り様を、私の観点から夢と希望の出るものに組みかえて行くのは、今から早急に手を打つべきだ。
現実のハローワークの求人件数の5割前後が派遣事業者からのものであることに注視していただきたい。
(MY)
  




080405

 雨宮処凛さんの話を聞きに行って来ました。

 NTさん。
 3月19日に京都テレサで、雨宮処凛さんとイダヒロユキさんの対話を聞いてきました。
イダさんのインタビュアーの力量が素晴らしく、雨宮さんの知らない部分を引き出してくれました。




イダヒロユキ
伊田広行


雨宮処凛
この人に聞きたい
 働く人の3人に一人の被正規雇用者(プリカリアート)がいるのに、フランスのように暴動にならない日本の実情は何なのか。
 まずは、パートの主婦層がいること。
 これはご主人に従属しているケースが多いこと。
 他は団塊の実相で触れたようにパラサイトできる境遇の若い者もいること。
 これからは、果たして生活が出来ない、結婚出来ない人が、どの位いるのか。

全国から集められた製造業の派遣が急速度に貧困を生んでいる印象はあるが・・。
雨宮さんが主張したいのはこの点のようだ。

 因みにOECD(経済協力開発機構)の調査によれば、日本の貧困比率は先進国で第2位。

 貧困率は15.3%だが、数にすると日本の貧困者は1800万人。
この調査の基準では、国民の可処分所得の中央値から半分以下が貧困という定義である。
これに基づくと世帯年収238万円以下は貧困。
一人暮らしのフリーターはほとんどが貧困になる。

この根源は、やはり「同一労働、同一賃金」の法体系が整備されていないことにある。
冷静に考えると、同じ仕事をしているのに正社員か非正規社員かで、倍近くも給料に差があるのは明らかにおかしいのだ。
企業内組合もこのことから目をそらし、労使共々、「自己責任論」に転嫁しているのが実情だろう。

 06年から東京の高円寺で、松本哉さんを中心に貧乏人大反乱集団や素人の乱等のこれまでの労働組合やNPOのような動きとは違った、形容しがたい異質な、「生きさせろ!革命パーフォマンス」が起こってきた。
 そんなムーブメントから徐々に、貧困問題に取り組む多様な市民団体、法律家、学者が集まり、人間らしい生活と労働の保障を実現し、貧困問題を社会的、政治的に解決することを目的とした「反貧困ネットワーク」が誕生している。

 雨宮さんの強調する「自己責任論」は「自分のストレスや社会の矛盾を自分自身に向けさせる。
もっともコストのかからない、もっとも安上がりに貧困を見え無くさせる手段である」は分かり易い。

確かに日本人の根底に「根性、努力」論はあるな。

このような、若者の窮状は、一見一握りのように見えるが、家族の周辺にもじわじわと生じているネオリベラリズムの浸透力の強さに気づかねばなるまい。
やはり「希望格差」なのだ。
(MY)