TCANに寄せて頂いた多数のご意見について、同種のご意見を、管理者にて分類を試み集めて見ました。
古くから伝わる日本の昔話、有名な桃太郎の話を、様々な視点から調査、考察を加え、興味深く解説して頂きました。
09.12.19  岡山・「桃太郎」のルーツを訪ねて
09.12.12  桃太郎の挑戦
09.12.05  桃太郎とイヌ、サル、キジ
09.11.21  桃太郎のアイデンティティ
09.11.14  桃太郎は「ぐうたら」だった
  
  
  
  
  
 
 
















091219


 岡山・「桃太郎」のルーツを訪ねて

11月20日、槻の歩クラブの仲間と、岡山に住む能勢初枝さんに「桃太郎」の話を聞きに出かけてみた。
能勢さんは高槻居住の方であった。
「右近-―再考」「ある遺書―北摂能勢に残るもう一つの平家物語」という著書を表している。
郷土史に関心の深い方であったが、今春からご夫妻共々、郷里の岡山に移住なされた。

 誰でもが知っている「桃太郎」の話は、不思議と全国各地に点在する。
この桃太郎が書物として登場するのは、一般的には江戸時代中期の絵入り読み物「赤本」が最古だと言われている。
しかし、各地とも物語自体はそれ以前から存在したとされる。


桃太郎の伝説を伝える神社

 岡山と言えば吉備団子、そして「桃太郎」だ。
待ち合わせも新幹線出口側の「桃太郎銅像前」と決めている。

 岡山市以外に、犬山市、高松市、奈良県田原本市、宮城県石巻市、山梨県大月市、岐阜県中津川市などが、何らかの根拠に基づいて桃太郎伝説の地を主張している。

 なぜ、岡山説が余りにも有名なのであろうか。
能勢さんの話によると、1930年頃岡山出身の鋳造家、難波金之助(1897〜1973)が、「桃太郎の史実」という著書で,吉備津彦や温羅(うら)の他、イヌ、サル、キジ、吉備団子に関して歴史的考証を行ったことが、桃太郎が岡山に定着する基になったと、いうのだ。

 岡山が有力なルーツとされるのが、岡山市の吉備津神社に伝わる “吉備津彦命の温羅退治伝説” だ。


吉備津彦命とは「記紀」にも記されるヤマトの王子。
四道将軍の一人として吉備を平定した。
この時、吉備側の実力者として退治されたのが温羅という鬼であったという。
この吉備津彦命も温羅も神話や伝説上の人物で、史実は不明である。

中央に対して抵抗勢力とされた吉備側の史料がほとんど無いことが、この謎に輪を掛ける。
だが、吉備に大和朝廷に対抗しうる勢力が有ったことは確かなようで、そのカギを握るのが巨大古墳や鬼ノ城遺跡や鉄なのだ。

 では、古代吉備に最先端の技術を持ち込んだのは誰なのか。
ここに温羅が浮上するのだ。
温羅は渡来人の王子であり、大規模な製鉄技術を伝えたと吉備地方に伝承されている。
吉備津宮縁起にも登場し、温羅は火を吹き、近隣を焼き尽くしたという。

その姿はまさに、たたらの技術者を彷彿させる。
中央朝廷側の視点で記述された吉備津宮縁起では温羅は乱暴者の鬼なのだ。
しかし、地元庶民の伝承は “優れた技術をもたらした偉人” にかわる。
つねに時代は勝てば官軍だ。
歴史は常に勝者の視点が正当化される。
中央側と抵抗勢力側の差異である。

 だが、吉備にはその表裏を読み解くヒントがある。
吉備津神社の鳴釜神事の由来には、吉備津彦命は死せる温羅のうなり声に苦悩したとある。
つまり、勝者側が苦しめられているのだ。
政治的敗北者への畏怖の現れなのであろうか。
こうした中央型の意図の基に語り継がれた桃太郎。
駐車場の横の銅像を指して「郷土が生んだ犬養毅元首相は吉備津彦命の従者・犬飼武命の子孫と言われます。
桃太郎が連れていたイヌがそれです」と能勢さんのご主人。
童話と伝統の接点の面白さは、現地の風景の中にあってこそだ。
巨大古墳造り山古墳や古代要塞と感じ取れた鬼ノ城などに童話の想い出を重ねてみると桃太郎が現代に語りかけてくる。
(愚太郎)
   


  






















































091212


 桃太郎の挑戦

桃太郎の勇敢な鬼退治の挑戦的行為は賞賛に値する。
しかし、逆から見ると、この無謀とも言える怖いもの知らずの行動の裏側を支えたのは、一体何だったのかという疑問も湧いてくる。
それは一言で言えば、おそらく徹底した楽観主義の桃太郎がそこにあったのではないかと想像するのである。

 楽観主義とは、簡単に言い換えると「物事が旨く運ぶと思う」事である。
けれども、心の底からそう思えるようになるのはなかなか難しい事である。
桃太郎の場合は「鬼退治をしたい」という思いが、「自分は鬼を退治することが出来る」と変化して、その思いが彼の心をすっかり支配したとき、始めて楽観主義が獲得出来たのだと思うのだ。
つまり「○○したい」から「○○できる」へのパラダイムの変化が起こった結果なのである。

 こうしたパラダイムの変化に必要なのは、強い自分、失敗しない自分を自覚し続ける事以外にはないようである。
けれども其れには、自分を心の底から信じ切れるだけの想い込みが必要に成ってくる。

「桃太郎さん、桃太郎さん お腰に付けた吉備団子 一つ私にくださいな」
「あげましょうあげましょう これから鬼の征伐に ついてくるならあげましょう」

 桃太郎の周りには、次々と三種類の動物が寄ってくる。
それは桃太郎のことが好きで近寄ってきた訳ではありません。
ましてや家来に成りたかった訳でもなかったのではないか。
ただ、桃太郎の腰の吉備団子が欲しかっただけではないのか。

 この食べもの目当ての動物たちに、桃太郎はお婆さんが作ってくれた大事な吉備団子を分け与える。
しかし、自分にとっても貴重な食べものである。
其れを分け与えるのだから、大切さを伝えなくてはならない・・・桃太郎は、ここで交換条件を出しました。
吉備団子をあげるかわりに、鬼退治についてこいと。

 さて、家来を従えた桃太郎はいよいよ鬼ヶ島に突入する。
ここで忘れてはならないのは「退治すべき鬼は鬼ヶ島にいた」と言うことである。
桃太郎達は、船に乗って鬼ヶ島に上陸して、戦いを挑まなければならなかったのである。
ひとたび上陸したら後退は出来ません。
後退は海へ落ちること、「死」を意味するからである。
まさに背水の陣を敷いたといえる。
前進あるのみ・・・勝つ以外に道はない、逃げる道は一つもない・・・そんな場に桃太郎は自分自身を追い込んでいったのである。

 この桃太郎のような行動、自分自身にプレッシャーをかける、ということは、ことを成し遂げるためには必要な事のひとつといえる。
なぜなら、人の心には快楽原則が付きまとうからである。
其れは、苦痛を避けるために、楽な方へ逃げ込もうとする、人間の行動の原理があるからである。
「楽になる」こと自体は決して悪いことではなく、生きていくにはむしろ大いに歓迎すべき事である。
しかし、其れが「逃げる」ことの結果であったなら、事情は変わってくる。
なぜならば、「逃げる」行為から、本人は罪悪感を免れる事が出来ないからである。
この罪悪感は、いくら自分自身で自分の行動を正当化してみても、禁じ得ないしこりを心の中に残すからであろう。
(愚太郎)
  


   






































091205


 桃太郎とイヌ、サル、キジ

 「吉備団子を下さい.お供をします」と家来になったイヌ、サル、キジ。
では、なぜ、桃太郎は一人で鬼退治に出かけないで、三匹を家来にして行ったのかと言うことだ。

 評論家の扇谷正造さんに「桃太郎の教訓」という現代の寓話がある。
その中で、「このイヌ、サル、キジは一体、何を意味しているか」と言うくだりがある。

 その話を聞いたとき、正直なところ面食らった。
そんな話は、これまで聞いたことはなかったし、幼稚園の先生に教わったという記憶もない。
それ故「イヌ、サル、キジを連れて行った」と言うよりも、「吉備団子をやったので、勝手についてきたのではないか」ぐらいしか思いつかなかった。

 ところが、扇谷さんによれば、この三匹の動物は、企業活動に不可欠の三つの働きを意味しているのだそうだ。
あるいは、チームを組んで仕事をするときに大事な三つの役割を現していると考えて良いかも知れない。

 つまり、企業を経営して行くには、少なくとも

@キジは「情報」の担当 
Aサルは「企画」の担当 
Bイヌは「行動」の担当

 と言った役割分担が不可欠になる。
とすれば、チームリーダーである桃太郎の役割は「意思決定」と言うことになるのだろう。

 なるほど、そう言われてみると、この解釈はおもしろいし、合点がいく。
ためしに、この桃太郎の寓話を現代のチームワーク論に当てはめて見ると、こんな具合になりそうだ。

 まず、桃太郎は自分をリーダーとした鬼退治のプロジェクトを結成する。
このチームに参加したのは、イヌ、サル、キジと言った、それぞれの特技を持つプロフェッショナルである。
彼らが、鬼ヶ島に近づくと、島の状況や鬼達の様子を探るために、まずはキジが飛び立つ。
勿論、情報収集の能力は、キジだけではなく、イヌにもサルにも備わっている。
イヌは視力があまり良くはないが、キジやサルは身のこなしが敏感であるから、森や山の中を探索するのにはうってつけの役である。

 しかし、鬼達に悟られないで情報を集めるには、キジが適任である。
空を旋回しながら、全体の様子を偵察できる点では、イヌもサルも、全く歯が立たない。
だから、鬼ヶ島全体の状況を掴み、鳥瞰図を描くためには、キジが一番適役であると、桃太郎は判断したのであろう。

 次は、作戦参謀のサルの出番である。
キジが集めてきた情報を基にして、其れこそ「サル知恵」を絞って、鬼ヶ島攻略のプラン(企画)を練る。
そして、色々な角度からプランを検討した結果、桃太郎が「よし、これで行こう」と決断する。
攻撃の配置についてイヌ、サル、キジは、桃太郎のゴー・サインが出ると、行動隊長のイヌを先頭に鬼ヶ島になだれ込む。
奇襲作戦は見事に成功し、鬼達を退治することが出来た。
そして、宝物を荷車に積んで、凱旋するというのが鬼退治のあらすじである。

 このように、この桃太郎の寓話は、読み方によってはプロジェクト・チームのお手本と見ることが出来る。
特に課題により、専門家を集めた異質集団のリーダーのあり方を示唆しているとも思えるのだ。
(愚太郎)
  


 

















































091121


 桃太郎のアイデンティティ

ぐうたら桃太郎が少年となり、現実に目が開いたときに出くわしたのは、村人たちを苦しめる鬼ヶ島の鬼の乱行の数々であった。
鬼達は村へやって来ては、正直に生きている村人から、財産の全てを奪い去っていくのである。
逆らえば、何をしでかすか知れない鬼に対し、村人は手も足も出ない有様である。
この恐ろしい鬼に、村人達はいつも貧乏を味わわされて、怯えているのだ。


 さて、そこで桃太郎は「鬼退治に出かけよう」と一大決心をする。
大の大人が震え上がっている鬼を、桃太郎がたった一人で征伐に行こうと決心するのだ。
その時、桃太郎の思いはどんなだっただろうか。

桃太郎が鬼ヶ島への旅立ちを決意したのは、勿論村人を救い、幸福な村をつくるために、何としても鬼を退治する必要性を感じたからであろう。
しかし、桃太郎があえて危険を冒してまでしなくてはならないと思ったのは何故だろうか?

おそらく、純粋に村を救いたいと言う気持ちもあったであろう。
また、育ててくれたお爺さんやお婆さんのご恩に報いる気持ちも大きかっただろうとも察する。
しかし、更に重要な事は、桃太郎は鬼を退治し、村人に感謝されることによって、桃太郎が桃太郎であることを皆に認めて貰いたかったのではないかと思うのである。

桃太郎は生まれてからずっと、いつでも「桃から生まれた桃太郎」であった。
しかし、この鬼退治で、実は桃太郎はそのイメージから脱却を図ったのではないかと考えられるのだ。



桃太郎の本音は、「桃の子」から「男一匹桃太郎」になりたい、と言うところにあったのでないかと思うのである。
つまり、桃太郎はアイデンティティ(自分が自分である)という明確な意識を確立したかったのではないだろうか。
そして、今まで漠然と生きてきて、カタチにならなかった自分自身を、一つの決定的な出来事により、明確なカタチにしていこうとしたのではないかと思うのである。

桃太郎の目標は、多くの村人たちに自分の勇気や強さを認めてもらう事。
そして其れによって、自分のアイデンティティを明確にカタチ作ること・・・一人前の男として、あるいは、誰でもない桃太郎自身として「自立」に向かったのだと推察出来るのである。

しかし、桃太郎が自立を志して旅立つには、相当な覚悟を要したであろう事は、簡単に察する事が出来る。
勿論、お爺さん、お婆さんには猛反対されたであろう。
それを振り切ることからすべては始まったのだ。
桃太郎は生まれたときからずっと自分を包み込んでくれた二人の愛からあえて孤立/独立することを選んだのである。
桃太郎の心の中では、愛する人から離れる孤独との戦いや、鬼に対する恐怖心で勇気がくじけそうな気持ちが行き来したことだろう。
そうした逃げてしまいたい心との戦い、等も併せて、様々な心の葛藤があったと推測される。
けれども桃太郎は、元気よく、そして堂々と吉備団子を腰に付けて、たった一人で旅に出たのである。
(愚太郎)
   


  


















































091114


 桃太郎は「ぐうたら」だった

桃太郎の誕生と鬼退治の様子はよく知られた昔話だが、彼の子供時代は案外知られていない。
四国や中国地方に伝わる話には、幼い頃の桃太郎の日々の生活や成長が描かれているものがあって、愉快になる。
それによると子供時代の桃太郎は、実はとんでもない「ぐうたら」であったという。

 むかしむかし、あるところに、お爺さんとお婆さんがいた。
ある日のこと、お爺さんは山へ柴刈りに、お婆さんは川へ洗濯に行った。
お婆さんが川で洗濯をしようとしたら、上流から大きな桃がドンブラコ、ドンブラコと流れてきた。

 「こりゃ、いいものが流れてきた」

 お婆さんはその桃を拾い上げて、持って帰った。
お爺さんが山から戻ってきたので、一緒に食べようと思って、桃を割ると、中からかわいい男の子が出てきた。
お爺さんもお婆さんも、大喜びして、桃太郎と名付けて大事に育てた。

(ここまでは、みんなの知っているお話し)

 桃太郎は一口食べては一寸伸び、二口食べては二寸伸びて、見る間に大きくなった。
ある日、近所の子供達が「桃太郎さん、桃太郎さん、山へ木を伐りに行きましょう」といって誘いに来たが、桃太郎はまったく行こうとしない。
やっと山に行ったかと思うと、昼寝ばかりしていて、仕事をしようとしない。
とうとう夕方になってしまったので、友達が、「桃太郎さん、日が暮れるからもう帰りましょう」という。すると、桃太郎は大あくびをして、大きな木のもとに行ってジャージャーと小便をかけたかとおもうと、その木を引っこ抜いて担いで戻った。・・・・

いずれにしても、私たちが知っている「桃太郎」は、桃太郎が桃から生まれて以降、鬼退治に出かけるまでの部分が抜けていて、どのような成長を遂げたのかを語るものは案外と少ない。
この話の桃太郎は、ぐうたらで協調性に欠けた困りものだが、周囲の人は彼を非難することも、無理に働かせようとすることもない。
そればかりか、誰でもが親しみを込めて接しているのである。
近所の子供達は、彼を「桃太郎さん」と親しみを込めて呼び、お婆さんに鬼退治に行くことを相談すれば、吉備団子作ってくれる。
鬼ヶ島に向かう途中で家来になった者たちも協力を惜しまない。

 もし仮に、「桃太郎」がぐうたらなキャラクターのまま近代に誕生したならば、話の展開はまた違ったものに成っていたかも知れない。

 しかしながら、この話の中のぐうたらな桃太郎は、多くの動物たちの力を借りながら富を獲得してしまう。
ひょっとすると近代的価値観からすれば「悪」である「ぐうたら」も、本来は必ずしも悪い行為ではないのではないか。
そればかりか、案外賞賛すべき行為であったのかも知れないと思わせてくれるから面白い。
(愚太郎)