TCANに寄せて頂いた多数のご意見について、同種のご意見を、管理者にて分類を試み集めて見ました。
    楽しく心温まるご意見が満載です。
古くから存在する家族という視点から様々なご意見をお寄せ頂きました。
32 P53-20-131123  母の手編みセータ  









31 P53-18-131118  子どもの可能性
30 P52-01-130727  二人の息子への手紙
29 P51-06-130617  父との思い出
28 P50 15-130518  子どもの目
27 P50 13-130511  母はいつまでも忘れない
26 P50 11-130504  ぴょんぴょんさん
25 P45 07-120812  子供であること
24 P43 11-120514  「わたしのおかあさん」より
23-12.01.21  小さな「親子の出会い」
22-11.11.09  子供が遊びで解放されるということ
21-11.10.29  親は同性の子どもに厳しい
20-11.10.22  高校生の見る「女らしさ」「男らしさ」
19-11.10.19  『子供のしつけ』
18-11.10.15  家族観と結婚観
17-11.01.15  「らしさ」から脱皮する母親
16-10.11.27  遊びで創る「親父の存在」
15-10.10.30  父親達の足下の結束は?
14-10.06.12  父親の逞しさ
13-10.06.06  父のはにかみ
12-10.05.09  家族中心としての父親
11-10.04.24  父親の威厳は何故必要か
10-10.04.16  垣間見た父親の威厳
09-10.03.28  アモルファス家族
08-10.03.14  友達のような父親
07-10.03.13  10.02.27のSTさんのご意見 『家族制度の融解』に寄せて
06-10.02.27  家族制度の融解
05-10.02.20  賢い母親になる決めてはあるのか?
04-10.02.13  子どもとの会話
03-10.01.23  子ども達の行動と父親・母親の意識
02-09.10.17  ロマンをつくる母親・父親
01-09.08.22  吉田松陰の子ども時代


























b53-20-131123


 母の手編みセータ

今では、随分時が流れたがその季節になるとそのセータを着るようにしている。
学生時代にクラスのワンダーフォーゲルの友人の影響もあってか、良く山に登った。
その折りは、このセータがいつも一緒だったことが思い出の中にある。


 当時は安保後の余韻の中、歌声喫茶が流行の時代でもあり、その中に「母さんの歌」があった。
“母さんが夜なべをして、手袋編んでくれた・・” の歌詞があるが、宮崎日向の母が、それこそ夜なべをして、ラジオを聞きながら、時々うつらうつらしながら、このセータを編んでくれたことが目に浮かぶ。

 そのセータはトックリで、首回りが温かい。
黒がベースで腕から2センチ位の赤の線が両肩から手首まで通っており、上からジャケットを羽織ると、その赤い線が見えない、黒一色のタートルネックのイメージである。
何かの弾みで、上着を脱ぐと、真っ赤な線が表れるという魂胆である。
極めて演出的でデートのおりに振る舞った子供じみた思い出にもつながっている。

 これまで、北アルプスの燕から槍岳、北穂高、奥穂高、そして西穂高と一緒に廻り、尾瀬や富士山、八が岳、奥秩父、奥多摩、卒業後は三重県の工場勤務の時、丁度鈴鹿セブンマウンテンブームで、鈴鹿連山に通い詰めた思い出と共にある。

 腕の肘のところが薄くなっても不思議ではないが、上から絶えず羽織っていただけに、そんな気配もない。


北アルプスの女王 燕岳

 着てみると本当に温かく、カタチもなかなかのできばえで、母が亡くなってからはシーズンになると、意識的に着るようにしている。
母を身近に感じ、青春時代の想い出が蘇る。
最近ではデザインも優れたものが沢山ある中で、お金を出せばほんの一瞬で自分のものになってしまうが、この母が編んでくれたセータは半世紀の長い時間の経過のなかで、今でも想像の翼を広げてくれる。

 このセータを着て、やや危険なこともあろう山登りに夢中になっていた息子を当時の母はどう思っていたのだろう。
セータは山旅の香りがしみ込んでいる。
最近は機械編みであったりするが母は手編みであった。
機械編みが新幹線なら、母の手編みは各駅停車の鈍行であった。
出来上がりを繰り返し繰り返し、ためつすがめつ、とんとんと肩を叩きながら、急がず、しかし、休まず毎日一定の時間、編み針と親しんでいたようである。
編み物が好きであった母は、どんな思いで編み目を数え、出来上がりを想像しながら、編み針を動かしたことだろうか。
編んでいく手元から想いも掛けぬ、息子との繋がりに心をときめかすこともあったのだろうか。

 唯、今になって後悔の念がよぎるのは、横浜の下宿に小包便で届いたときに、嬉しさを十分に表明、伝えなかったことである。
学生時代は、山での洗濯物を持って帰郷したが、息子の汗のにおいのしみ込んだ、このセータを再三洗ってくれた。
やっとのこと、その時の母の気持ちが想像出来る年になったようだ。
もうじき、秋も深まりセータに近づく季節である。
いつまでも母の思い出と共に後何シーズン着れるのかと思ったりしてこの頃である。
(みみずくの戯言)
  





































































b53-18-131118


子どもの可能性

日々子供に接している親や教師は、どうしても子どもの未成熟な部分に眼が行き、ああだこうだと指図しがちになる。
子どもの可能性を見いだすことは、案外とサッカーの指導者であったり、芸術家であったりするものです。

 学校でも、先生より職員や給食のおばさんの方に子どもが分かっている事があります。
灰谷健次郎さんの頂いた本に「子どもという巨人」があります。
その中に5才の子どもの詩が紹介されています。

     ゆき    5才 うえだしんご

     ふくのうえにとまって

     なかにかくれて

     ねてしもうた

随筆家の岡部伊キ子さんが、この詩に触れて、ある雑誌に次のようなことを書いていることを灰谷さんが紹介しています。

 「灰谷さんの言葉に泣きそうになったのは、昨年の春だった。
リード5月号の巻頭に “ゆき” と題した詩が載っていた。




 その何とも言えない可愛らしさに心打たれたが、その詩に対して短い感想を書かれた灰谷健次郎氏が、この詩を記録した人に感謝し、絶賛しておられるのを読んで、泣きたいような気分になった・・・」と。

 確かに普通の大人では気づかないすごい詩だと思う。
最近の人は余り厚手のウールのコートを着ることがないだろうが、コートの肩にひらひらと舞い降りた雪が、ストーブのある部屋に入ってくると、この現象が起こったことを、なつかしい光景として甦っている。

 灰谷さんの短い感想の内容は

「これは、すごい言い方ですね。
うなってしまいました。
うえだしんごくんもすごいけれど、この言葉を逃がさずキャッチして書き留めた保母さんはすごい。
ただただ感心して批評の言葉がありません」

というものだ。

 そして、灰谷さんはこうも付け加える

「今から考えると、過分にとも言える文章を寄せてくださったのは、子どもというのは本当に素晴らしいものを持って居るのに、それを素直に見ようとしない大人が多いと言うことを、言外に言いたかったのかも知れません。
女、子どもを馬鹿にしてはいけないという差別的な言語があります。
この言葉は、女、子どもを馬鹿にしているという前提があって初めて成り立つ言葉でしょうから、本当に女性や子どもを称えている言葉とは言い難い。
わたしが子どもが素晴らしいというのは、子どもの素晴らしさを見ることによって、大人も又伸びるという視点です」

子どもは純粋だから可能性があると言う人がいますが、これは決して正解ではありません。
勿論子どもは純粋なところもありますが、そうでないところも沢山あります。
いじめの問題なのも大人の姿、行動の反映であるところも散見できます。
子どもを特別視することはやはり問題です。
取りあえず子どもを信頼してみるという人もいますが、これも疑問だと思います。
子どもの行動をよく観察して、信頼関係を一緒につくり出していく行為が今求められていると思っています。
(みみずくの戯言)

 *灰谷健次郎 : 2006年11月23日死亡。
小説「兎の眼」「太陽の子」などで知られる作家。
教育問題に積極的な発言を続けた。
「人を愛することは、知らない人生を知ると言うことだ」
筆者の好きな灰谷さんの言葉である。
  






















































































b52-01-130727

二人の息子への手紙

今から8年くらい前のことだ。
JR高槻駅前の公文教育研究所が、市民のために会議室を開放してくれ使用させて頂いた事がある。
「学び舎研究会」と銘打った集いを約2年間続けた思い出がある。
その記録から拾ってみることにする。
参加者は若いお母さん方が多い。

 当日は、短時間ながら「わが子に読ませたい」という本を題材にした自己紹介。
そしてわが子への手紙をそれぞれが書き、それに込めた思いを発表しあった。

「子どもに親の気持ちを伝える」そのことの大切さは分かりながらも、何かと気ぜわしい日々の中でそんな時間を取れずにいる方が多いのではないだろうか。
これを機に若いお母さんの中に混じって、二人の息子への手紙を書いたのが以下である。
(みみずくの戯言)

「なつのあさ」のことを――善郎くんへ

「だっだしゅしゅ、だっだしゅしゅ12345」

善郎くんがまだ幼稚園に行く前に、お父さんの膝の上で読んだことのある絵本「なつのあさ」のことです。
良く君にせがまれて、読んだことを思い出しています。





実はこの絵本は、大分の田舎のおじいちゃんの故郷の景色と重なって、お父さんにはなつかしいものです。

お父さんが小学生の頃、おじいちゃんの家から背伸びをして眺めた風景と同じように重なって映ります。
君もいつか父親になったとき、もうSLはありませんが、おじいちゃんの家で眼を閉じて下の村々の底を走るSLの音を聞いて見てください。

「だっだしゅ」と聞こえてくるはずです。

25年前のことを思い出して 7/12・父より 
*「なつのあさ」谷内こうたさん


 パトカーに乗って返ってきた日――真一くんへ

 お父さんが転勤して1ヶ月が経った頃、お父さんが会社から帰るとお母さんが社宅の門の所でウロウロしているんだよ。「大変、大変。真ちゃんが何処へ行ったか分からない。
 もう2時間も探しているけど、見つからない」


「どんなとこを探したの」
「○○生協でしょう。○○公園でしょう」
「交番に行ったの」
「まだ!」

 お父さんとお母さんは近くの交番に行き、お巡りさんが住吉の警察署まで、電話で探してくれた。
「どんな服装、どんな靴を履いていますか。
いました、いました。
しょんぼりしていますが大丈夫です。
今声を聞かせます」
「パパ・パパ――」

 お父さんとお母さんは嬉しくて、ホットしたな。

 「こちらに引き取りに来られますか」
「転勤してきたばかりで、土地に不案内でして」
「では、車でお送りします」

 お父さんとお母さんは門の前で20分位立ったままで待っていました。

 パトカーに乗った真ちゃんはケロッとして帰ってきました。

 そんなことがあったこと、2歳の時のエピソードを君に伝えておくよ。  

父より







































































































b51-06-130617


 父との思い出

1987年9月に父が亡くなった。
その10日前に郷里にいる弟から、後1ヶ月との情報が届き、日向の自宅から駅の線路を越えて、
500メートルくらいの距離にある病院で別れをしてきた。
暑い夏の日であった。
別れがたく、振り返り振り返り顔を向ける息子に、父の最後の言葉は


 「大丈夫だよ、死にはしないから」と、
「お母さん。家にはビールはあるか。飲ませてやってくれ」
ベッドから乗り出して手を振ってくれた。

 その様子は、息子には父の精一杯の威厳のように映った。
病室の壁際には、愛用の焦げ茶色の背広が掛かっていた。
これを着て、「我が家に帰る」と自分を勇気づけているとは、姉の言葉であった。

私の父との記憶というのは、なぜか薄暮れの景色のようで、そこから木の香りのようなものが匂ってくる。
それは戦後宮崎、日向の地で木材業を営んでいた父のにおいのようでもあり、まだ中学生の私が、父に連れられて、山を見に行った時の山道や峠に漂うにおいのような気もする。
このような思い出は、まさぐっていくと父に結びつくことは確かで、たいした言葉も交わさないのに、その日、父をひとり独占することが無性に嬉しかった。

「この畦との所に、杭が打ってある。ここのところをよく見とけよ。山は、水が出るたんびに、えぐられて、水の流れが変わる」 山の所有権のことを案に教えようとしたのだろう。

 大学受験の時、父の気持ちを想像して「農学部を受けようか」と問うたが「自分の好きなことをやれよ。
林業は洋材が占めるようになるから難しいよ」という返事をもらった。
決して、考えを押しつけるような人ではなかった。

私たち3人いる息子の体型では、私が一番父に似ている。
それ故、父の死後は父のワイシャツや背広の数本が私に分け与えられた。
腕の所にY・Yとイニシヤルが入れてある父のワイシャツを死後しばらく愛用した。
私は、父の死後1年で24年間努めた企業を去り、それこそ脱サラをして企業コンサルの会社を立ち上げたが、その初期の頃、広告業を営んでいた弟と麹町の飲み屋でつい熱くなり上着を脱いだが「兄ちゃん、親父の着てるんだ」とぽろぽろ涙を流した弟のことを思い出す。
「これを来ているとね、親父が身近にいて、勇気をもらえる」そんな会話を交わしたが、その弟ももういない。

 大正2年、父は大分県の日田の大鶴町で9人兄弟姉妹の長男として生まれた。
高等小学校を出ると、福岡県北九州市若松の坑木商で働くことになるが、ご主人の理解もあってか、夜間中学で勉強することが出来た。


今で言う、中小企業の総務全般を担当するようになるが、戦後日向の支社で働き、私が小学校4年の頃、独立して事業を始めることになる。

 炭坑の坑木材、鉱山へ、そしてパルプ材へと、子供心に衰退する資材売り込みに父なりの苦労があったことは、高校生ともなると充分すぎる程、分かっていた。

 高千穂境と延岡の中間に、日之影と言う駅がある。
そこから、車で10分くらいの所に三菱鉱業、牧峰営業所があった。
父に言われるままに、営業所の資材に行き、売上金回収に心細い思いで行った。
この話を父の死後の法事で話したことがあったが、二つ年上の姉も、弟も同じ経験があるという。
父の気持ちを確かめたわけではないが、父の仕事の一端を教えようとしたのだろう。

 もう一つ、忘れられないことだが、日向市の本屋栄光堂の店主に申し出たら、どんな本でも自由に買えるという「ノート記帳方式」を提供してくれた。
これが切っ掛けで、本の好きな子どもに育ったことは間違いあるまい。
ノートを見ながら父は息子の心の中を覗いていたのかも知れない。

 だがそのことについての会話はほとんどなかった。
(みみずくの戯言・父の日に)
   





















































































b50-15-130518


子どもの目

赤ちゃんの目が いつも

つやつやと光っているのはなぜでしょう

それは たぶん

一輪のキクが真夏の花火のように素晴らしかったり

カキの実がお日さまよりもかがやいて

見えるからではないでしょうか

だから 赤ちゃんは

すぐに泣きやむことができるのです

たまには 赤ちゃんの目を

かりてみたくなりませんか    

            (赤ちゃんの目、高田敏子)


高田敏子



子どもの目

 孫の美由樹の目は、きらきらと輝いて美しい。
それは、私たちの見慣れた世界から、驚きの心で、美しいものを真剣に捉えようとするからではないだろうか。

 岡山に住む生後半年になる、やっと寝返りが打てるようになった孫のひな祭りをするというので、出かけ二度目の対面をする機会をもらった。

 手を洗ってからという女房の叱責もそこそこに、人差し指を差し出すと握ってくれる。
そしてじっときらきらした目で不思議そうな顔をして見つめてくる。
ホッペをつつくと笑ってくれる。
胸の内で “いい子だ、いい子だ” とあやすとむずがりもせず、温和しい。

 兄の健大郎が、自分のおもちゃを与えると、口元に持って行く。
汚いからと母の美保子が取り上げる。
じっと長く見ていても、飽きない光景である。

 赤ちゃんは、何でも手にするが、それをすぐ口元に持ってくる。
父の善郎もアイスクリームの蓋やそこいらにある空き箱等ともすぐ仲良しになったことを思い出した。
赤ちゃんは、その動作の中から、様々な刺激を自分の身体にすり込んでいるのだろう。
健大郎のように外に出るのが好きで、ぴょんぴょん跳ね回るが、これも刺激から全身での空間を楽しんでいるのだろう。
何にでも登りぶら下がったりするが、それは精一杯の空想の中で、遊びを創りだしているのだろう。

 何でもが当たり前になってしまった、大人達、それは大変淋しいことである。
興味や感受性が無くなってきたと言うことではあるまいか。

 子どもと遊ぶ時は、子どもになりきってみたいものだ。
一輪の花、一匹の虫でさえ、子どもの心で見るとき、何と新しい発見があることだろう。
赤ちゃんの目を借りることだ。

 小さい子どもを持つ若い両親の喜びは、自分の遠く過ぎ去った日々、あの子ども時代が子どもと共に、いつも身近に感じ取れることだ。
それは子どもと共に、もう一度人生を味わい直し、日々を新鮮に生きるチャンスを与えてくれているのではないか。
(みみずくの戯言)
     
































































b50-13-130511
 母はいつまでも忘れない
    

母はいつまでも忘れない

歳月が否応なしにその子を鍛え上げる――そのずっとまえの

幼い日の我が子の思い出を、母はいつまでももちつづける。

笑いかける眼差しをしたひとりの少年を、母は、死ぬまで

思い出している。いつの日か、母の心臓が止まり、母の一生が

終わるときに、その子はあの幼い日のよそおいで、母の所へ

やってくる――にこにこした、幼い、愛くるしく快活なその

子が・・・・

あの子はいつも一緒にいる、気立ても、考えも、私とひとつだ

――そう母は信じる。

あの子は、人生の不可思議な栄光を自分で見つけ出し、追い求

めた真理を探し当てたのだ――そう思うことに、母は母の慰めを

見いだす。それを知ることが母のよろこび・・・・

母は、過ぎし日の、あどけないわが子、勇気のある、優しい

わが子を、いつまでも覚えている。

                       (ベーシェンス・ストロング)


 
 母が亡くなって10年が過ぎた。
8月30日の日向は台風直下の状態にあり、弟・俊幸と車で行けるところまでいこうと、どうにか病院にこぎ着けた。
大きく息を吸った母の86才の人生は終わった。
母の4人の子どもに注ぐ愛は十分すぎるくらいであった。
  


  

  
 中学2年から、親の元を離れて山口県下関で過ごした筆者は4人の中では、母と暮らした日々は少ない。
母を追うように翌年無くなった俊幸がまだ元気な折、彼のオフイスの麹町で一杯飲んでの折

 “兄ちゃん(弟はそう呼んだ)、下関の駅のプラットフォームから、列車が動き出し、兄ちゃんが列車に沿って手を振り走り出した後、お母さんは、「何でこんな事をしたのだろう」ってしばらく泣いていたよ”

という。
20年以上も前の話だが、この話が弟から聞けたことは大事な宝物になっている。
今もこのことを思い出すと、「あの子は、人生の不可思議な栄光を自分で見つけ出し、追い求めた真理を探し当てたのだ」と重ねって迫る。
ベーシェンス・ストロングはイギリスの民衆に親しまれている詩人だが、何か音楽的な流れが根底にあって、心にしみ込んでくる。

母は、このように悲しくそして美しい、胸熱くなるものなのだ。
ということがあらためて胸の中に刻み込まれる。
同時にある年齢になり、「歳月が否応に鍛える」辛さを味わった人びとに、この詩は慰めを与えてくれる。
   
 どういう環境に置かれ、悩み傷ついていようとも、今の姿からは見落としがちな、あどけない子どもの日の幻を母はずっと持ち続けてくれている。
それは万人に生きる勇気を与え、立ち直らせてくれる不思議な力を持っているように思えてくる。母の日に亡き母をこんなカタチで偲んでいる。

(母の日に、みみずくの戯言)
   



















































































b50-11-130514


 ぴょんぴょんさん

クリストファー・ロビンちゃんは

ぴょんぴょんさん、ぴょんぴょんさん。

ぴょんぴょんさん、ぴょんぴょんさん、

ぴょんと、行くんだよ。

いくら、しずかに、やめて、といってあげても、

ぴょんぴょんさんがやめられそうもないの、

と、ロビンちゃんはいうのだ。

かわいそうに、ぴょんぴょんさんをやめれば、

チビのロビンちゃんはどこへも行けやしない、

どこへも行けやしない・・・・

だから、ロビンちゃんは、いつでも、

ぴょんぴょんさん、ぴょんぴょんさん、

ぴょんぴょんさん、ぴょんぴょんさん、

ぴょん、と、行くんだよ。       

(A・Aミルン)アラン・アレクサンダー・ミルン


 岡山の孫、健大郎(3才)がぴょぴょんさんなのだ。
お家の廻りを「ぴょんぴょん」といった具合に駆け回る。
きゃきゃといいながら、大人の目から見れば、駆け出すようにしか歩くことが出来ない。
それはそうだ。
1才から2才にかけて、子どもは自分の足で歩けるようになったものの、からだのバランスはそううまくとれないような気がする。
それに、この世に生まれてきて、自分の足で歩けるようになった、子犬のような生命力の喜びに「うっとりする」くらいな喜びが身体じゅうに感じられているのであろう。
「なんて落ち着きがない・・」とか「どうしてあなたはじっとしていないの!」と親どもは怪我をしないかと心配する。
その年齢の子どもは「そうはいかない」のだ。
駆け回るのは「やめてね」何て言っても「それをやめるわけにはいけない」そうしなければ――「ぼく、どこへも行けないんだもの」ということだろう。
その子どもの心は理解しがたい。
理解しがたいのは良くわかるのだが、それは親どもにとってプラスになるのだろうか。

 なんて可愛い生命だろうか。
この世に生まれてきて、2年、3年、4年・・・目に見えて自分の力の充実を感じている。
この足で歩くことの壮快さ。
「駆け廻って」世の中という現実を自分の目でいちいち確かめて歩く、冒険の何と素晴らしいことだろう。

 子どもは生まれて3、4年の間は、何もかもが幸福で小鳥が飛び回るようにしている。
その毎日毎日の冒険によって、その心を自分で鍛えている。
それは自然な自己訓練で、3、4才の子どもにとってふさわしい修業なのである。
それを大人は甘やかす必要は無いのです。
しかし、この自然な子どもの自己訓練に無知であってもいいことにはならないようだ。
(みみずくの戯言)
   





























































b45-07-120812


 子供であること

誰もが、自分の子供の頃をおもいだすと何となく時間がゆるやかに暖められる。
それは神秘的でもあり、夢のようにも感じられる。
はっきりとした記憶としては思い出すことは出来ないが、夜明けの薄日の中から次第に人や事象の繋がりがはっきりしてくるように、漠然とした印象が心に浮かび、少しずつ鮮明になってくる。

 子供達は前途に待ち受ける試練を知らずに、無邪気に成長していく。
眼で見、耳で聞きながら、物を触って、自分の周囲の事象を貧欲に吸収し、どんな存在物にも感動の表現を表す。

 やがて、彼らの関心事は、大人のくれたおもちゃから忘れかけたもの、自然や生物、特に昆虫や蝶などに注がれる。
また、家や家の周りにいる犬や猫などの小動物にも、愛情を持って語りかけ、知らず知らず自分の方から親しんでいく。
そして、時には無機質の物にさえ命があるように想い、自分から呼びかけようとする。
自分を探しているのである。

 このような子供の驚きと心に生ずる好奇心は、古代人の描く神話や夢物語と通じるものがある。

天地は創造されたのだと告白した古代人の素朴な宗教的な感覚、詩的イメージは子供の心にも生き生きと息づいているように思えてくる。

 大人になると失っていくこのような事は淋しきことである。

子供は育つ雰囲気に非常に敏感に反応する。
花で言えば蕾である。
蕾は寒暖計より敏感に、わずかな気温の低下もキャッチする。
蕾は温度に関して覆いを必要とする。
蕾は感じやすく傷つきやすく、ほんのちょっとした霜にもしぼんでしまう。

今から40年以上も前になるが、三重県で高校の教師をしていた折、学級文集に「蕾」という表題を付け、それに「蕾は想い/語る」と言う文章を書いたことを思い出している。

 子供は環境に非常に敏感に反応する。
蕾の内に自分を見つめてつぶやいてみる。
そして仲間と語り合うことがしっかりした蕾になり、美しい花を咲かす、という内容のものである。
高校生の子供にも当てはまることだが、それ以下の小さな幼児にとっては、充分な温度と覆いを、与えられるか否かは、何よりもまず、両親が互いに愛し合い、幸福かどうかにかかっていよう。
そのことは、子供が慈しみ守られた空間で愛され、尊敬されながら、はぐくまれてこそ、健やかに成長できることを意味している。
子供は自分をはぐくむ人々に、言葉で呼びかけられて、それににこやかに応答しながら成長していく。
愛と敬意を込めた呼びかけが無ければ、このいたいけな存在は開花することが出来ない。
彼らは呼びかけに応答しつつ、自分自身を意識し、周りの人と感覚を知るようになる。
愛を込めた呼びかけがあってこそ、彼らは人間として成長を遂げることが出来る。

 子供は大人から愛と親しみと敬意を払われることにより、自分という人格を意識し、自分の人間としての尊厳を自覚して、自分自身を尊重するようになる。
そして、このような自己への意識が、後に大人になってからの人格・道徳的態度、全体に大きく影響する。
子供は蕾のように、弱く危うい存在である。
けれども、彼らは花の咲く未来を内部に秘めているのである。
(みみずくの戯言)
      































































b43-11-120514


 「わたしのおかあさん」より


 ぎゅつうとだきしめてくれる      愛知県海部郡・小1・今井晶子

 わたしのおかあさんは、ポーラけしょうひんに、つとめています。
いつもきれいにおけしょうをしているので、おともだちのおかあさんより、ちょっときれいです。

 おけしょうひんのしごとと、おうちのしごととりょうほうなので、いつもいそがしそうですが、じぎょうさんかんの日はいつもきてくれる、いいおかあさんです。

 わたしは、学校からかえるとき、ポーラのじむしょに、おかあさんがいるかいないか、みてかえります。
いるときはまっていて、いっしょにかえります。

 うちにかえってもいないときや、いても、「いっけんだけいってくるからまっていてね」といって、でかけていくときもあります。

 はじめはおるすばんするのが、さみしかったけれど、だいぶなれました。

 おかあさんがかえってきて、「おそくなってごめんね」といって、ぎゅっとだきしめてくれるのが、だいすきです。

 わたしは、ポーラによったとき、ちゃんとグラフをみます。
おかあさんは、まだいちども一ばんになったことがありません。
もっとがんばって、一ばんになったらいいな、とおもいます。

 昭和47年頃に、川喜田二郎さんの所に出入りしていた折、知り合いになった、当時のポーラ化粧品本舗の営業課長にFさんがいた。
こんな本を出したので、と届けてくれたのが「わたしのおかあさん」という社内に限定したものだった。

 最近書架を整理しているが、本棚の反対側に隠れていて随分久しぶりの対面であった。
万博後の、高度経済真っ盛りの頃のもので、生きがいとか、モチベーションが人事の主軸のころのものだけに、女性の力を発揮してもらう企業のPR誌としては、優れものだの印象を持ったことを思いだした。

 男女雇用機会均等法が施行されたのが昭和61年だから、その当時の女性活用の視点やその後のワーク・ライフ・バランス論から振り返ると、その先見性に大いに感じ入っている。

 ところで、この作文は最初のページのものを紹介したのだが、全編に亘って「おかあさん」という言葉の響きで満ちあふれている。
「お母さん」という言葉は、どんな時代でも、どんな世代でも、一番素晴らしい、懐かしい言葉である。

 子供の眼に捉えられた「お母さん」の姿は、感動ものだ。
仕事の出来不出来を一緒に喜び、一緒に心配している。
何とも美しく伝わってくる。
ここでは、親子の断絶や家庭崩壊は陰さえ見えない。
しかも、「友達のお母さんより、ちょっときれい」と自慢している。

 働いているお母さんの「成績グラフが上がる」事を気に掛け、励ましている子供達がいる。
これは世間流行の「子供の成績」に目くじらを立てる「教育ママ」とは反対で、この方がずっと見る目も美しく、それでこそ、子供達が人間らしい豊かさを創っていく源泉になるのだとしみじみと感じた。
(母の日に、みみずくの戯言)
   









































































23-120121


 小さな「親子の出会い

昭和55年のことだが、大阪の難波別院での東井義雄さんの講話を思い出している。
こんな内容の話だ。
(以下、「いのちとのであい」から引用させていただいている)

 校長先生をしていた頃、春の遠足に5年生の子供について行った時の話です。
お昼になって、子供達が弁当を開いたのを見て廻って、悲しくなりました。
あちらにもこちらにも町のお寿司屋さんで買った巻き寿司を持たしてもらっている。
毎日学校の給食をいただいているんだから、遠足の弁当ぐらい、なぜお母さんが心を込めて作ってくれんのか、残念でなりませんでした。

 まもなく6年生の修学旅行が行われましたが、旅行の計画を立ててもらったものをみて、一食弁当持参という事になっていましたので、お母さん方にお集まりいただいてお願いいたしました。

 今度の修学旅行の弁当、もう巻き寿司をやめにしてください。
お母さんたちの忙しいのはよく知っているつもりです。
しかし、子供達には大事な修学旅行なんです。
いつもより早く起きてご飯を炊いて、しっかり性根を入れて、ぎゅっと握ったおむすびを持たせてください。
そして忙しいのは知っているつもりですが、その一つ一つにどんな願いを込めてくださったか、それを手紙に書いて付けてください、とおねがいしました。

 大阪空港の近くの会社で、昼にさせていただきました。
子供達が弁当開いてみますと、皆大きなおむすびです。
子供のおむすびにはお母さんの手紙が着いています。
普段はやんちゃをやってしょうがない6年生の男の子が、手紙読んで感激してそれを手に持って踊り廻って喜んでいるのですよ。
目に涙を浮かべてお母さんの手紙を読んでいます。
私の隣には、森木ゆうじ君というのがいました。
彼はいっぱい涙をためてお母さんの手紙読んでおります。
他の子供達が、おむすびにかぶりつくようになっても、まだ一生懸命読み続けております。

 彼が読み終わった頃には、もう皆食べておりました。
別に慌てるでもなく、丁寧に手紙をたたみますと、宝物みたいに大事そうにポケットにしまいました。

 「森木君、今ポケットに入れたのを見せてくれや」
「校長先生、あげるんと違うで、すぐかえしてよ」

と言って見せてくれました。

 後で、旅行記を見ると、その晩、奈良の旅館について、寝床の中に入ってからも、もういっぺんお母さんの手紙を出して読み返し、お母さん、無事に奈良に着いたで安心しとくれ、今旅館の寝床の中で、お母さんの手紙だして読み返しとるところや、明日も気つけて頑張るでな、安心しとくれ、おやすみと呟いて眠りについたと書いてありました。

この時代と違って、ますますお母さんは忙しい。
お母さんの口癖は「早く、急いで」のようです。
30年前と違って、どんどん便利なものも生まれ、私たちの行動範囲も広くなりました。
しかし、このお話のように、ともするとちょっとした親子の愛情の交換が失われて居ることに気づかされます。
子供がいのち輝くのは、生活の中にじっくりと安定感のある「親子の出会い」を再確認する事だと感じ入っています。
(みみずくの戯言)
   































































22-111109


 子供が遊びで解放されるということ

都市にいると、子供が野外で遊ばないのは遊ぶ場がないからだと、我々は考えがちになる。
確かに都市の道路は車が危険で子供が遊ぶのに適したところではない。
そうすると、子供が冷房の効いた部屋でテレビを見ているのは、場所がないからだと考えたくなる。

 そうした点があることは否定できないが、それでは遊び場が与えられれば、その冷房の部屋にいる子供は夏の炎天下に飛び出していくであろうか。


 もはや今の子供たちは30度を超す炎天下で、ぎらぎらとした太陽の光も忘れて遊ぶ意欲がなくなっているのではなかろうか。

 この時、再びそんな子供にしてしまったのは環境が悪いと、すべてを環境のせいにしてしまえばことは簡単であるが、必ずしも正しくはないだろう。
都市にいたって、やる気のある子はやはりやる気があるのだ。

 ところで、子供は遊ぶ意欲があるから遊ぶのだろうか。
確かにそうである。
しかし、また逆も正しい。
遊ぶからこそ遊ぶ意欲がわいてくるのである。
遊んでいるうちに遊びのおもしろさがわかってきて、暗くなるまで夢中に遊ぶようになるのであろう。

 遊ぶ意欲がないので遊ばないというのでは、いつになっても遊ぶ意欲は出てこないだろう。
そして、遊ぶ意欲が旺盛になってくれば、今度は暑いなどと云うことはその意欲の前に吹っ飛んでしまう。

 30度を超す暑い真夏の盛りに野外で飛び跳ねて泥んこになり、汗をダラダラとかき、夕方になり風呂にでも入れば、実に快適であろう。
汗を流したればこそ快適なのである。
汗をかかないではその快適さは味わえない。
冷房のある部屋にいては決して味わえない爽快な気分である。

 暑いからこそ外に出て遊んで楽しいのである。
照りつける太陽の下で汗を流してこそ爽快な気分になれるのである。

 旺盛な意欲は、大いなる爽快さに連なっていく。
それは厳寒な雪の中で遊ぶ時も同じである。
昔、伊吹山の麓、関ヶ原の工場に勤務したことがある。
珍しく雪の多い冬であった。
手がちぎれそうである。
それなのに3歳になる子供が、子供用のソリに乗って遊びだしたら、おもしろくて、どうしても家の中に入らない。

 元気な子供にとって寒さはない。
その寒い中で雪だるまを作る子供は、家に入ってポカポカしてやはり爽快な気分になるだろう。
それは夏の冷房の部屋にいて、何となく不快な暑さとは全く異なるさわやかなポカポカである。

 暑い夏は暑い夏だからこそさわやかになり、寒くなれば寒い冬だからこそ爽快になれるような生き方、それが子供の解放でもあろう。
夏暑いから冷房、冬寒いから暖房、これこそが子供の解放の場ではない。

 悪い環境からよい環境を与えて子供を遊びを通して解放すると云うが、それでは一体よい環境とはどういう環境か、ということについてはそう簡単な問題ではあるまい。
(みみずくの戯言)
   








































































21-111029


 親は同性の子どもに厳しい

 「人は女に生まれない、女になるのだ」という有名な言葉が有る。
仏の著名な作家シモール・ボーヴォワールの代表作「第二の性」冒頭の部分である。

 心理学者の波多野誼余夫さん等は「子どもに対する親の接し方が、子どもの性別に寄ってどのように変わっているか、親の性別に寄って子どもへの対応の仕方がどのようにかわっているか」等を調査している。

 6歳児の両親20組(男児と女児の両親10組)を対象にした調査で、家族揃ってゆっくりくつろいで居る休日の夕方に、子どもが隣室でパズル遊びをしているという状況を想像しながら、テープに録音された子どもの発言に親がどのように反応するか調べられた。
発言の内容は
「お父さん手伝って」
「このゲーム嫌いだな、このゲーム壊そうかな」
「このゲーム嫌いだな、このゲームつまんないんだもん、お父さんの馬鹿」
といった各種の場面で構成されている。
こうした子どもの発言に対する親の反応が分析された。

 結果を見ると、場面に寄って、男の子に対してよりも女の子に対して厳しく接する傾向が見られた。
特に、友人と言い争った場面では、女の子親の方が子どもに対して厳しく接して居た。弟妹と争った時に、女の子の方が厳しく叱られる傾向が見られ、他の人と対立することや喧嘩については、女の子の方が強い制限を受けるように思われると分析している。

 父親と母親の違いについても、子どもが慰めてもらいたがったり甘えたりした場合に、父親は子どもを突き放す態度を取るが、母親は甘えを受容し慰める態度を示しがちであった。
更に、子どもが癇癪を起こしたとき、男の子では母親よりも父親が、女の子の場合、父親より母親が、子どもに対して厳しい態度を取る傾向が見られたと報告している。
どうやら、同性の子どもに対して親は厳しい態度を取るようである。


 このように、親は子どもが幼い内から、その性別によって微妙に異なった態度をとっており、そのことが子どもの性別化を促しているものと考えられる。

 子どもが性役割をどのように身につけていくのかを発達的に研究している東京女子大の柏木恵子さんは、親の躾が子どもの性別によって次のように異なると指摘している。

<男の子に対して>

 少しぐらい危ないことをしても放っておく
 臆病な振る舞いをしたら叱る
● 家の中で遊ぶよりも、なるべく外で遊ぶように言う
 泣いて帰ってきたら叱る
● 交際、外出、旅行、進学などに制限なく自由度が大きい
● 
力仕事、機械の仕事を頼む
● 勉強を奨励する
細かいことにこだわったり、ぐずぐずすることは禁ずる

<女の子に対して>

  ● 親の言いつけは守るように言う    
   洋服や髪の型に気を配ってやる
  ● 机の上や引き出しをいつもきちんとするように言う
  ● 危険な事はさせない。またすぐに手をかしてやる
  ● 礼儀作法をやかましくいう
  ● 交際、外出、旅行、進学などに制限を付ける
  ● お稽古(料理、お茶、お花など)をさせる 
   理屈っぽい事や難しい事を言うのを禁じる

 男の子に対しては「活発で、勇敢に行動し、強く、たかい達成」を期待した躾がなされているようであり、女の子に対しては「従順で、温厚であり、美しさや身なりをきちんとする」様な躾が施されているといえよう。
当然のことながら、こうした親の対応の違いが子どもの態度や行動にも反映される。
(みみずくの戯言)
   










































































20-111022


 高校生の見る「女らしさ」「男らしさ」

男女高校生を対象にした「どんな人間になりたいか」「好ましいと思う異性とは」という調査項目がある。
これを組み合わせて「女らしさ」「男らしさに」の傾向に迫ってみたい。
それは、女子高校生が望む女性像と男子高校生から好ましいと思われている女性像と男子高校生が望む男性像と女子高校生から好ましい男性像を組み合わせたものである。

二つを較べてまず気付くことは、女性像に対して男女の反応が違っている項目の方が、男性像に関するそれよりも多い事である。
このことを念頭に置きながら、まずは女らしさとしての女性像について見てみよう。

 男女共に多かった反応項目は、「やさしさ」「すなおさ」「よく気がつく」である。
これらについては男女の違いはほとんどない。

次ぎに女子高校生がなりたい人間として上げている項目は、「意志が強い」「家庭的な」が比較的多く、その他は少ない。

一方、男子高校生が好ましい女性像と指摘するものは、「家庭的な」「かわいらしい」が多い。男子高校生が望んでいる女性像は「やさしくて、すなおで、家庭的で、よく気がつき、かわいらしい」女性となる。

 男女高校生が望み期待する女性像に、微妙な違いがある事が示されている。
特に、「意志が強い」と「かわいらしい」に関してずれが大きい。

 「意志が強い」については、女子の33%が指摘しているのに、男子からはわずか5%しか指摘されていない。
逆に、「かわいらしい」では、女子の10%に対して男子からは28%も指摘されている。
「家庭的な」は男女から比較的多く指摘されているが、男子42%に対して女子29%と差は大きい。

 こうしたずれの大きな特徴は、社会通念として女性に期待されてきたものと関連していると考えることが出来よう。
すなわち、「やさしくて、すなおで、よく気がつく」に加えて、「余り自分の意志を主張せず、家庭的で、かわいらしい」女性がいわゆる女らしいと言うことに成るのかも知れない。

 こうした伝統的な社会通念に対して、女子高校生たちが何とかしてその枠を打ち破ろうしている様子が、男女のずれに反映しているようだ。

次ぎに男性像についてみてみよう。
ここでは男女の反応にそれほど違いが見られない。
「意志が強く、やさしく、仕事熱心な」男性像が男女から指摘されている。

男女の反応で顕著な違いが見られたのは、「包容力のある」についてで、女子の55%が指摘しているのに対して、男子は27%と少ない。
その他、「勇敢な」が女子から比較的多く指摘されており(25%)
「落ち着いた」が男子から多かった(24%)。

「意志が強く、やさしく、仕事熱心な」男性が男らしいと言うことだろう。

 ここで注目されるのは、「包容力のある」で男女の反応に差が大きかった事である。
「意志の強い」が女子からは多く指摘されたが、男子からの指摘が少なかったことを考え併せてみると、これからの女性の生き方に微妙な影響を投げかけていると思う。
(みみずくの戯言)
  



























































19-111019


 
『子供のしつけ』

 先日、息子と娘の会話を聞いていた。
二人とも海外での多少の生活経験を持つのだが、その経験談を話していた。
人混みの中で、騒ぎながら走り回っている子供たちを見ているときだった。

 「なあ、お兄ちゃん、欧米では、小さい子供が公衆の場ではしゃぎ回るような光景をほとんど見ないと思わへん?」、と娘が兄に語りかけた。
「うん、そうやな。僕もそんな光景は見た覚えがないわ。」、と息子が返す。

 娘は北米に、息子はヨーロッパに暫くいたのだが、同じ見解だった。
そういえば、私も海外出張で、そのような光景を見た記憶がない。
欧米では、しつけが行き届いているのか、子供が電車に駆け込んで席を競い合うような光景は見たことがない。
むしろ電車では子供を立たせるということを、まだ学童だった頃に先生から教わったような記憶がある。

 私事になるが、まだ(多分)小学低学年のころ、街を歩きながらキャラメルを食べるときに、包み紙を道に捨てたら、伯父から叱られたことを今でも鮮明に覚えている。
子供の頃に受けたしつけというものは、斯くも長く、はしかの免疫のように効果が続くものらしい。

 日本では、モンスター・ペアレントが蔓延っており、子供のしつけどころか、親のしつけも必要だ。
子供を自由奔放に育てているからといって、自由奔放で創造的な発想する大人が日本で多く育っているかと言えば、そんなことはない。
むしろ逆かもしれない。
ということは、子供に公衆道徳を厳しくしつけるということが、自由な発想力の涵養を阻害するということはどうもなさそうだ。

 欧米と日本に違いがあるとき、何でもかんでも無批判的に欧米が正しいというつもりはない。
しかし、子供のしつけに関しては、子供に甘えたい放題にさせて、子供をしつけないのはどう考えてもよろしくない。
何のしつけもされずに育つと、精神的に大人に成り切らないまま肉体だけが大人になり、モンスター・ペアレントと呼ばれる、私の目には出来損ないとしか見えないような親が出来上がるのだろう。

 人間は社会性を備えた動物だが、社会のために個の欲求を抑制することは社会性を構成する大きな要素である。
そうした、自己の欲求を抑制するしつけは、就学前から家庭内で行うべきだろう。
子供のときにしつけられないまま親になると、そのような親は、自分の子供をしつけられない。

 こうして、社会性の欠如は親から子へと伝搬していくのだろう。
「お里が知れる」という言葉は、相手の出自を本当に疑問視しているわけではなく、単に当人の態度を揶揄して言うものと思っていたが、字義通りで的を射ていることが結構多いのかもしれない。

 それにしても、なぜ、日本と欧米で子供のしつけにこれほどまでの差があるのだろう。
「幼少時から毎日曜日に礼拝に通うことで生まれた宗教心と関係があるのだろうか」
と私が言うと、
「今どきの若者は、日曜礼拝なんて行かないよ」
と息子が即刻否定。

 ならば、なぜ、しつけにこれほどの差があるのだろう。
しつけが、代々、親から子へと引き継がれるものであれば、欧米の今どきのほとんどの若者が、敬虔な宗教心を失っているとしても、敬虔な宗教心を抱いていた、祖父母の代から親の代を経て、公徳心が引き継がれているということはあり得るだろう。
というよりも、それ以外の理由が見当たらないのだ。

 聖書には、「汝の隣人を愛せよ」という一文がある。
実に社会性に富んだ教えではないか。
そう言えば、マックス・ウェーバーは、禁欲的プロテスタンティズムが資本主義を発展させた原動力になっていると分析していた。
宗教心から発する公徳心と言うものが、たとえ宗教心が薄れても、孫子の代まで引き継がれても不思議ではない。

 欧米との比較はさて置くとして、今の日本、子供のしつけの至らなさは、目に余るものがある。
駅のホームを駆けていた子供が、老人の杖を蹴飛ばして転倒させ、それを知りながらその子供は走り去ったというようなことを、新聞のコラムか何かで読んだ記憶もある。

 その場に私が居合わせたら、その子供を咎めたかもしれないが、老人を転倒させる前に走っている子供を諌めただろうかと思うと、多分、何も言わずやり過ごしたことだろう。

 どうも、日本人は、私も含め、子供を社会で育てるという意識が薄くなったようだ。
民主党は、子供を社会が育てるという理念を前面に押し出してきたが、それを実現できたかどうかは別にして、理念そのものは悪くない。
政権が実務能力に乏しく、理念だけが上滑りしているのが残念だ。
(ST)
   















































































18-111015


 家族観と結婚観

景気は落ち込み、8割近くの方が収入減や雇用の不安を抱える時代にあって、家族の結びつきは重要だとほとんどの人が感じている。
朝日新聞が「家族」をテーマに実施した定期国民意識調査で(2009/12/27)表れた意識だ。
家族のありようについては意見が多様化しているが、絆を求める強さは変わらない。
「結婚」に対しては、冷めた目を持つ若者の意識も垣間見られる。

「家族の結びつきを、大いに重要」と答えた人は67%にあがり、「ある程度」と合わせると実に97%が重要と考えている。
浮き世のせちがらい世の中だからこそなのか。
最後のよりどころとして期待するのは「やっぱり家族」と言うことのようだ。

大切と思う一方で、同時に壊れやすいものであるという認識もうかがえる。
家族の結びつきを守るために「ひとり一人の努力が必要だ」との答えは92%に達した。
すべての世代に共通する傾向だ。

「家族を結びつけているもの」(5択)
「精神的なもの」33%、
「一緒に暮らすこと」30%、
「血のつながり」29%
が上位に並ぶ。
「経済的なもの」等の回答を選ぶ人はほとんどいなかった。
「精神的なもの」と答えた人は、若い人ほど多く、20代で48%、逆に70歳以上では17%だった。

「家族は安らぎを与えてくれている」と考える人も若者に多く、20〜30代で8割(全体で67%)を超えた。

家族は「できるだけ一緒の時間を過ごした方がよい」と思う人は67%、
「それぞれが自由に過ごせばよい」
 26%を大きく上回る。

 しかし、仕事と家庭生活に
「バランスがとれた働き方が出来る社会だ」と考える人は14%しかおらず、こうした働き方ができるよう
「企業などに対する国の規制を強めた方がよい」が54%に上がった。

結婚とは、二人の男女が新しい「家族」を作ることを意味する。
そもそも
「結婚をするべきかどうか」を二択で聞いたところ、
「できるだけ結婚すべきだ」と答えた人は52%、
「必ずしも結婚しなくても良い」は44%と割れた。

 年代別に見ると、20〜30代で「しなくても良い」とする人が6割を占めた。
自身の結婚願望とは異なる質問であるものの、若年層に特に目立つこの傾向は、晩婚・非婚化の流れと無関係ではないかもしれない。

その背景となりそうな結果が出たのが
「結婚のメリットは大きいと思うか」
という質問だ。
 「男性は」「女性は」と別々の質問で聞いてみたが、20〜30代はどちらについても「そうは思わない」との答えが半数を超えた。
すべての年代の平均でも、「大きい」「そうは思わない」が半々程度。
結婚生活に対する魅力そのものが、若い世代を中心にやや失われているようにみえる。

「晩婚化や非婚化が進むことが日本にとってどの程度問題と思うか」を聞くと、
 31%人が「大いに問題だ」と答え、「ある程度問題だ」49%と合わせると、80%が問題視している。ただ、少子化と密接にかかわる問題である割には、「大いに問題」との答えが少子高齢化に対する66%よりはかなり少ない。

「晩婚化・非婚化が進む理由」を6つの選択肢2つまで挙げてもらったところ、
「結婚に対する価値観が変わった」39%
「経済的に自立している女性が増えた」同じく39%
「若い人の雇用や収入が安定しない」38%、
の三つが上位で並んだ。
20代では「雇用や収入が安定しない」が45%で他年代に比べ多かった。
(みみずくの戯言)
   





















































































17-140208

 「らしさ」から脱皮する母親

天声人語(朝日)の1月9日に、川崎市の川柳作家小俣麻子(こまたあさこ)さんの句が紹介されている。
 「機を織る、鶴にもなれず、飛べもせず」主婦の鏡にも、キャリアウーマンにも成りきれない揺れる真面目な気持ちを代弁している。

一方、学校図書発行の5年生の国語の教科書に掲載されていた「ギターナ・ロマンティカ」(武川みずえ 作)という作品がある。
人物の性格や心の変化を読み取る事を狙った教材だが、女の子が母親の中に女性としての新しい生き方を感じるようになる様子が描かれて好感を持つ。

物語は、父親が無断で高価なギターを買ってきたことからだ。
母親は、怒って「やけビール」などを飲んだりする。

(以下は、福富護・「らしさ」の心理学、講談社現代新書)

・・・・母さんがギターにおこった勢いで作ったのは、とんかつとサラダ、ビールも出てごちそうだ。
母さんは、おこると、ごちそうを作ってしまうくせがある。・・・

 「大むだづかいする人がいるんだから、けちってもしょうがないわね」母さんは、父さんにビールをついでもらうと、くくっと飲みほした。
すごい飲みっぷりだ。
「こういうの、やけ酒じゃなくて、やけビール、っていうんでしょう」・・・

最初の内、練習に熱心だった父さんも、素質がないのかいっこうに上達せずギターを手にすることが少なくなってくる。
母さんのほうは、最初おこってみたもののせっかく買ってきたのだからとギターをいじってみるようになる。
そのうちすっかり夢中になってしまう。
家事もそっちのけで昼間から練習に余念がない。

・・・この頃、母さんしょうがないんだ。
母さん業サボって、ギターにむちゅう。
本気でそう思ったわけではない。
テストだ宿題だとうるさい母さんより、ずっと良いと思う。

母さんの熱中ぶりは益々拍車がかかる。
そんな母親に対して、

・・・母さんの目、きれいだったんだなーと思った。
母さんは変わった。
今までのように、きっちりやさんではなくなったのだ。
だらしないくらいだ。
「いけませんね」と、お説教したくなる。・・・・

 ついに、年の暮れに開かれるおじいちゃんのクリスマス忘年会に出場することになった。
名前も「花田ハルコとギターナ・ロマンティカ」と付けられた。

・・・母さんは、花田ハルコ。
母さんは、母さんだけでなくて、花田ハルコという一人の女の人なのだ。
当たり前の事なのに始めて気が付いて、とまどっていた。
今までに、母さんに感じたことのない気持ちだ。
新しい友達を見つけたように、楽しい気持ちがふくらむ。

・・・「ハルコさん」とよんだら、母さんが振り向いた。
・・「母さん、すき。ハルコさんも、すき」・・・・

 この、作品の中には、一人の母親が夫が買ってきたギターを契機にして、自分の才能にめざめ、母親業から解放されて、生き生きとギターの練習に打ち込むようになっていく女性の姿が見事に描かれている。
そうした母親の姿に対する娘の気持ちの微妙な変化の描写もまたみごとだ。

 最後に娘が

 「母さん、すき。ハルコさんも、すき」

 といった言葉がとても印象的である。
母親を母親として捉えていたいという気持ちと、一人の女性として捉えて見たいという気持ちが、この一言の言葉に集約されている。
小俣さんの重ねた二つの「ず」は、こんな柔らかな所から脱皮したいと思うのだが。
(みみずくの戯言)
   




































































16-140208

 遊びで創る「親父の存在」

仕事でもそうだが、発想の転換とよく言われるが、それは遊び心がないと難しい。
それはワークとライフのバランスを取る場合にも当てはまることだ。
悪魔的な遊び心がメビウスの輪のように一回転してくると、必ず創造的な仕事や生活に現れてくると思う。
表裏を一体化したような遊び心を持つことは、これからの時代に非常に重要になる。

 日本のビジネスマンに言えることだが、良い家庭人であり、家庭の核になる存在にもう一度再生することだ。
これは家庭の体質を改善する一つの課題である。

 家庭は、職場のようにメンツとか体裁とか建前では動かない。
特に子どもとか女房を相手にすると、男は裸にされてしまう。
女房と付き合うのにフィジカルにもメタフィジカルにも裸にならない男はいないわけだが、自分というものに殻を被せている限り、家庭の中では、本物の幸せ関係は創れない。
男というのは、基本的に鎧を被っていないと生きられない人間で、そこに矛盾が有るのだけれど、家にいたら弱さも強さも全部出さないといけない。
そうしないと家庭の中で本当の幸せは創れないと思う。
筆者もいまだにつまらない戦いをやっていることの反省仕切だが。

 これからの親父の条件の一つは、家庭内のどこかで存在証明するかという事に掛かっている。
かってのように、農耕社会や狩猟社会であれば、沢山の獲物を持って帰ってくる。
鋤や鍬でおかあさんよりも良く働くと言うことが、男の肉体的存在証明であった。
しかし、いまや男の存在証明は遊びの中にこそ発揮されやすいのではないか。

 今の都市文明というのは、男の代わりをしてきたと言える。
特に家庭の中に入ってくる都市文明というのは、男が作ったものだけれども、男が居なくても良いように、色んなものが考えられてきた。
力仕事は全部機械がやってくれる、女の仕事も機械が代行すると言う時代になってきている。
そうすると、今までの男の存在証明としてきたものは、機械に寄って代行出来る、そんな結果を招いてしまった。

 現在、男自身が何で存在証明をするかというと、遊びが一番身近である。
ウイークエンドになっても、お父さんは遊びにも連れて行ってくれない。
「お父さん遊ぼう」と子どもが言っても、何も遊びを知らない。
「お父さん、サッカー教えて」「俺サッカーわからない」「お父さん、キャッチボールしようよ」「俺、球、投げられない。すぐ息が切れる」それでは、さっぱり家庭の核になれない。
それは出来ないけれど、お父さんはアイススケートだけできるとか、魚釣りはできるとか、それが取りあえず、キッカケになる。
仮に自転車に乗れない子に自転車を教えてやれただけでもいいのだ。

 だから、教えてやらねばならないと考えるか、教えてやることに自分の遊びを再発見して見るかで、全然、生き方が違ってくる。
遊びを通して自分自身も楽しむと言う事だ。

 面白いことを期待するのではなく、まずは自分が楽しむ事だ。
それが遊びなのだ。
遊びというものは、楽しむというものとつながっているもので、おもしろいことではない。
ここで言う遊びは主体的な事を指す。
心の中であっても具体的な行動であっても、あくまでも主体的な遊びであって、相手から遊んでもらうものではない。
(みみずくの戯言)
     

















































15-140208

 父親達の足下の結束は?

「男の座標軸」(1993)の中で著者の鹿嶋敬さんが、父親達の足下の結束について、面白い報告をされている。
以下、それからの引用をご紹介する。

神奈川県の川崎市には、働き盛りのサラリーマン達で組織した親父の会「いたか」がある。
会の名前は父親の存在感が家庭内で薄く、たまに息子と顔を合わせたりすると、「オッ、親父、いたか」などと言われることに由来したものだ。

発足は古く、1983年春のこと。
妻に尻をたたかれ、公民館主催の父親学級に嫌々ながら参加した男達が「会が終了したからといって、みんなバラバラになるのは惜しい」とこの会をつくった。
以来、毎月第2土曜日の夜に集合しては親交を図っている。

当初は男性だけだったが、やがて妻達も参加するようになり、現在は家族ぐるみの付き合いになっている。

 ここでは、「地域社会を考えよう」をテーマに講師を招いて話しを聞いたりしている。
世話人を務めるO氏は広報関係の団体に勤務しているが、ざっくばらんな人で、こうした会が長続きするには、やはりO氏のような核になる存在が必要なようだ。
この会は自分の生き方や家族との関係、特に父親としてのあり方などを見直す場にもなっており、最近は家でなるべく家族とのコミュニケーションを図ろうとする人も増えた。

 子供達からは「いたか」ではなく「また、いたか」と言われるようになったので、会の名称を変えるかなどという話しも持ち上がっているという。

横浜市に本部を置く生活クラブ生活協同組合神奈川の男性組合員が組織した「じゃおクラブ」も地域に寝に帰るだけの生活でいいのかという反省からスタートした会である。
ちなみに「じゃお」とは、おやじを逆さまにした言葉だ。
男性も積極的に地域で活動を展開する、趣味のサークルを組織する、などを活動の柱に、男性も生活者としての顔を取り戻そうと言う試みを模索している。
こうしたネットワークが各地に誕生すれば、サラリーマンの生き方も大きく変わるはずである。

会社の肩書きとは別の、もう一つの肩書きを刷り込んだ名刺を持つ人も増えている。
証券会社に勤務するK氏はユネスコ、PTA、ボランティア関連など30近い団体に関係し、常時5、6種の名刺を携帯している。
彼は証券会社に勤務しているときに、半年間ほど病気で会社を休んだ。
その間、知人に誘われて体にハンディを持つ子供達のキャンプに参加したことが契機となり、以来ボランティア活動に関わりを持つようになった。
PTA活動は4人の子どもが学校に学ぶようになると、「世話になっているから」と、これまた自然な形で引き受けた。
さらにそれが縁でユネスコ活動にも首を突っ込むように成るなど、社会との関わりがどんどん増えていった。

 多面的な顔を持っているだけに、休日も活動で潰れることがあるが、その分、会社だけの生活では知り合うことの出来なかった多くの知己を得た。
社会との関わりを持つ接点が一本ではなく複数に成った結果、K氏の眼前に広がる社会も広く深くなった。

 女性の場合は主婦業以外の様々な活動を通じ、すでにいくつもの顔を持っているが、男性の複顔化はまだ、緒に就いたばかりだ。
会社生活とは別の名刺を何枚持っているかで、人生にも深みが加わるに違いない。
それは仕事以外の活動に参加している事の、証明でもある。
複顔の男性が増えれば、家庭や地域もまた変貌を遂げるはずである。
(みみずくの戯言)
    



















































14-140208

 父親の逞しさ

ドイツのアレクサンダー・ミチャーリヒが「父親無き社会」という著の中で、これからの社会は父親的権威の型から同胞社会型―兄弟・姉妹の家庭的方向に進むだろうと述べている。
それは確かな傾向のように思える。
今日の社会で存在感の無くなった父親像を見れば、うなずきたくなる現象を見つけ出すことはたやすい。

しかし、社会構造が父親の存在で動かせなくなると言う事と、家庭という血縁集団が父権を無能化するとは別問題であろう。
家庭は未成熟な子供という保護を必要とする者達をかかえて、彼らに社会的人格を付与していく教育の場なのである。
変わった形の「父の逞しさ」が求められている。

子供、特に男の子は父にストロング・イメージを抱いている。
逞しい父親は男の子の理想になっているのだが・・・。

 そして、子供はこの強い父を乗り越えようと努力し成長していく。
これが父と子の闘いでもある。
もし、闘いに値しない父ではどうなるのか。
子は外に強者の対象を求める。
浅間山荘事件に見られた革命運動やテロリズムに身を投じていく青年の心情には、この「強い父の不在」という影が常に付きまとっている。
それだけではない、父親衰弱の「父無き社会」は母親の神経症を昂進させ、母性喪失となりこの頃頻繁に発生する、子供殺しや人格の成熟が遅れた子供の激増をもたらしているようだ。
たとえば、10代の子供の自殺は、人格成熟のともなわぬ肉体的早熟のアンバランスによる異常行動と言われているが、その決定的要因は父の精神的不在にあると言えよう。

 救いの道はただ一つ。
父が威厳ある父心を持って家族に臨むことだが、それも戦前のように自分以上の力、法律で保護された戸主の地位や権力といった虚構の借り物ではなく、己の個性によって精神的に強い父となることである。

 真に強い父は絶えず独善を戒め、妻子に行き届いた理解を持ち、しかも逞しさを内に秘めた人である。
何事もない平穏無事の時には、父の威厳は分からなくても良いのである。
いざという時や地震や災害の時、子供の大病の時、失敗して落ち込んだときに守護神のような働きをする。
そこに家族は頼もしさを感じ取るものである。

 人生には晴れの日もあり、雨の日もある。
父が生活の中で常に逞しさを振りまいていては、家族は疲れるし、本人も参ってしまう。
「いざという時には、父がついている」と言う気持ちを持って貰う逞しさが必要になるのである。
いつでも父が出番として用意され、万が一の時は父が強力に支えてくれる。
それこそ家族は安心できるのである。

 「動じない父」「強い父」そして、それをぐっと抱きしめてくれる母がいる。
この二つの姿勢から子供は成長の糧を読み取っていくのである。

 父はショックをはね除けて、背筋を伸ばして進む。
威風辺りを払って邁進する。
父性は逞しさを持って始めて花開き、次代を繋ぐ子供達に自立心の実を結ぶのではないか。
(みみずくの戯言)
   




















































13-140208

 父の「はにかみ」

母親を見ていて一番に感心するのは、子供との間に屈託で何の衒い(てらい)もないことだ。
平気で子供の食べ残しを口にするし、鼻が詰まると吸ってやる。
熱を出して苦しんでいるときなど、「病気が治ったら自転車買ってくれる?」「ああ買ってあげますよ」「デズニーランドに連れて行ってくれる」「ハイハイ、お父さんといっしょにね!」母親は何でもハイハイと聞いてやる。

側で、父親は懐勘定しながら、安請け合いしやがってとオロオロしている。
病気が治るとケロリとしている。
「自転車は?」「まだ、いまあるので充分でしょう」「デズニーランドに行こうよ」「お父さんに聞いてご覧」――平然と約束を反古にするのだ。

父親はアッケにとられる。
しかも子供はあまり母親を責め立てない。
母と子の間には、何か得体の知れない許し合いがあるようだ。
許し合いがあればこそ、母は大胆に、子供の世界に入っていける。
我が子を分身とする強みなのだ。

 父にはそれがないのだ。
幼い頃はまだしも、中学生になるともういけない。
ずばずばと口がきけなくなる。
母親が同席した時はそれほどでもないのだが、一対一になると二人の間にすっと薄い膜が張り、ぎこちない思いに駆られてくる。

 筆者には娘がいないが、娘の場合は特にそのようである。
母が席を立つと急に父と子は押し黙ってしまう。
会話がスムーズに流れない。
どうでもいいようなことを仕切りと話題にする。
娘も他人行儀な返事しかしない。
照れくさいのだ。
この心理は父親ならでは解せない固有のものだろう。

母と娘のちょっとしたおしゃべりを聞いているとうらやましくなる。
娘は何でも話している。
二人でケラケラ笑っている。
時には腕の引っ張り合いをして、じゃれ合っている。
父親には到底出来ない芸当だ。

父と息子なら其れが可能かといえば、そうでもない。
やはり二人っきりに成るとこわばった堅苦しさが訪れ、構えるわけではないが話題がクールになる。
当事者同士の話しから離れ、友達や学校のこと、あるいは政治やスポーツが話題になってしまう。
息子そのものをテーマにする対話ではなく、お説教くさい道理説法に変わり一般論に流れていく。

それでも息子が相手なら男同士語り合うことは沢山ある。
男の子は父の青少年時代に興味を持つから、父も大いに語ることに不自由はしない。
しかし、娘は父の青春時代なんか興味を抱かないし、禿頭の男から颯爽とした青春など想像もつかないのだろう。

何故だろうか、と考えてもなかなか答えは見つからない。
分かっているのは父のはにかみだろう位だ。
しかし、母と娘はこの「父のはにかみ」をあまり理解しようとはしない。
お父さんはぶっていると勘違いし、「お父さんは取り澄ましておかしい」と笑う。
笑われても、はにかみは消えない。
おぼこ娘でもあるまいし、四十、五十の大の男がというが、そうはいかない。
やっぱり父ははにかみ屋なのだ。
(みみずくの戯言)
   





















































12-140208

 家族中心としての父親

何事にも中心となるものがあるとまとまり易く成る。
中心があって初めて全体が組織化され、意味のある統一体となる。
家族においても同様であって、中心を基準にしてまた其れを規範にして家族のメンバーが結晶し絆を深めていく。

 家族には中心が必要であるが、其れでは誰がその中心になるべきであろうか。
その中心になるのは一般的には父親が最も相応しいと考える。

 子供を育てるためには、特に社会人としての充分な人格を持った人間に育てるためには、父親が家族の中核にいて存在感のあることが望ましい。
勿論中心であるためには、父親は充分に立派でなければならないし、皆から尊敬されつつまとめていく力量がなくてはなるまい。
中心というと、家父長的な観念の基に、権力の中心と誤解される恐れが在るが、この場合の中心は、決して力の中心ではなく家族の価値観の中心と言う事である。

 家族の目標は立派に子供を育てることである。
子供を立派に育てるためには、大黒柱としての中心が必要である。
特に、明確でしかも皆を納得させるに足るだけの価値観を持ち、それによって全員をリードしていく中心が必要である。

 価値としての中心が二つあっては子供は混乱してしまうし、少し知恵がつくと要領よく振る舞うことを覚えて統一的な人格を形成することが出来なくなってしまう。

 なぜ、母親ではなくて父が一家の中心でなければならないのか。
それは家族のそもそもの成り立ちを考えて見れば明らかであろう。
家族が生まれたのは母子の集団に父が加わって母子を守り、食糧その他の生活用品を確保するようになって、そこから父と母の分業と協力が生まれ、共同して子供を育てるように成ったときからである。
父は外的から家族を守り、食糧を確保するために、どこに居を構えどこへ移動して行けばよいのか、外部の父親たちといかなる協力関係を結べばよいのか、子供にどのような能力をつけさせ協力させるべきか等々、大局的な判断をし司令塔の役割を果たさなければ成らなかった。

 確かに、このような男女の役割分担は急速に崩れ始めている。
外で働く女性が多くなって、母は家にいて子供を育てるものという男女分業論は成り立たなくなっている。

 父が中心に相応しいのは、一つには生物学的に見て、男性が体力を持っているからである。
それに加えて男性が女性より精神的な力量を持っているかは、微妙な問題でありなかなか客観的に証明できないでいる。
しかし、偏見と独断を承知で言えば、女性よりも男性の方が平均的に抽象的能力は優れていると思う。
抽象的能力とは、個々の具体的観察を越えて、全体を眺め、大きく且つ長期的に判断する能力の事である。

 勿論、現実には、そうした中心としての役割を果たすために必要な条件を持っていない男性が多いことも事実である。
特に日本社会は男性の人格形成に対して甘いため、大人に成りきっていない男性が多く、父親としての重みも貫禄も実力もない男性が多い。
また、昨今、草食系なる言葉も流行し、男性のイメージが弱体化して捉えられている事も事実だ。
そのために、父親が中心だなんてとんでもないと女性や子供が言いたくなる気持ちは大いに理解できる。
しかし、其れは日本社会において男性がだらしなく自信を失っている結果にすぎない。
現実の父が駄目だからと言って、理想とする父が中心になるべきだということを否定する論拠には成らない。
(みみずくの戯言)
    






















































11-140208

 父親の威厳は何故必要か

威厳というものは、父親に必ず伴うものである。
威厳とは、その持ち主が能力や人格の上で他人より優れているが故に、他人を自発的に心服させ、また従わせる力のことである。
言うなれば、力量があって人格的に優れているために権威があり、おのずと影響力があると言う事である。

 威厳が成り立つためには、それなりの条件が必要になる。
威厳を生み出すものとしては、次のものが考えられる。

第一の条件は能力である。
その中の最も単純なものは力(権力)であるが、もう少し一般的に言うと、色々なことを見事に成し遂げる能力である。
父親は技術的な能力から始まって、構成力、戦い守る力、まとめ上げる力、判断力、組織力、政治力、指導力など、能力を持っていることによって、周囲を心服させ権威を持つに至る。

第二の条件は信頼である。
信頼は人格によるところが大きい。
正直、誠実、謙虚などの人柄によって周囲の人々の信頼を得た人は、周囲の人々から信用され、人々はその言葉に自然に従うようになる。
その信用が社会的なものとなると、それは名声とか威信と呼ばれるものにまで形成されることになる。

第三の条件は知恵である。
知識や知恵を持っていて人に助言をしたり、助けることの出来る人は、周囲から頼られ信用され、その人の言葉は権威を持つようになる。
学問や宗教の権威は主としてこの性質から来ている。

第四の条件は愛である。
人間に対する愛の心を持ち周囲の人を愛し、他人に奉仕する人は、その人柄によって周囲の人達の信頼と愛を獲得し、周囲の人達が進んで心服し、従うようになる。
これもまた威厳を生じさせる一つの源泉と言うことができる。
子供を愛し、可愛がる父親のいうことには、子供は素直に従うものである。

このように威厳とは、人々が自然に尊敬し自発的に従うようになる力のことであるから、父親が働くときに、その影響力を強める作用をするものと言う事が出来る。
威厳を持っていれば、父親の影響力は一層強まるが、見せかけや張ったり、こけおどし、虚勢を張ると言った態度では、やがて見破られて返って父親の影響力を損なうことになる。
この影響力という観点から見ると、威厳は子供を育てるときに、大変重要な役割を果たすはずである。

 そこで、子供の心理的発達にとって、威厳がどのように重要なのかについて触れておきたい。

子供が自我を形成していくときに、二つの重要な要素があると言われている。

 一つは秩序感覚を身につけること、
 第二は社会規範を学び、普遍的な価値観を持つ事である。

 時期的に見ると第一の課題は第一反抗期(3〜4才)と一致しており、第二の課題は第二反抗期(思春期)と一致している。
この二つを身につけることと、父親の威厳とは密接な関係がある。
つまり父親に健全な威厳がないと、どちらの場合も子供は正しく自我を形成することが出来なくなるのである。
(みみずくの戯言)
   















































10-140208

 垣間見た父親の威厳

先日、米原行きの新快速の中で気持ちの良い光景を見た。
祭日のこと故、電車の中は、子供連れの夫婦が眼にとまった。
子供を連れた家族というのは、家の中の空気をそのまま外に持ち出した様なところがあり、だらしなく、締まりがないのが一般的だ。

 筆者の隣にも男の子二人を連れた30代半ばの夫婦が座っていた。
が、彼らは他の親たちのように子供にべったりくっついていないで、夫は新聞を妻は文庫本を読んでいる。

 草津駅で急に大勢の乗客が乗り込んできた。
その時、新聞から顔を上げた夫の方が静かな声で「子供は立っていなさい」と自分の子供達に命じた。
すると、驚いたことに、座ってふざけていた二人の子供は、「ハイ」と返事をして直ぐ立ち上がり、リュックを背負って立ったまま何事もなかったように、いままでの兄弟のおしゃべりを続けているのである。
細君も文庫本から顔を上げ、子供達ににこっと笑顔を見せ、また視線を本に戻した。

 その感じが何とも言えず良かった。
特に子供達の「ハイ」という返事が、筆者にはほとんど感動と言って良い程の印象を与えた。
近頃こんな素直な返事を聞く事は滅多にない。

 背の高いその夫の言い方には、気負ったところが少しもなかった。
ごく当たり前の、普段言い慣れていることを言うだけのように、他の者には聞こえないくらいの低い声でそう言ったのである。
それに対して子供達は即座に「ハイ」と従ったのだ。

 車内の他の親たちは誰一人この小さなやりとりに気が付かなかったろう。
筆者はそれとなく夫婦を眺め、彼らの普段の家庭での生活ぶりをあれこれ想像したものである。

 家庭内での父親の威厳というものが失われて久しいが、この若い夫には珍しくそう言うものがあるようで、父親の威厳を垣間見た思いだ。
といってそれが時々見られる腕力ずくのスパルタ教育でないことは、兄弟のいきいきとした様子からもわかった。
子供らには父を信頼しきっている様子がうかがえた。

 多くの父親はいま、子供らの教育を母親任せにしているという。
そのためにママゴンという言葉も流行ったが、この家族ではそうではないに違いない。
と私は思った。
どういう形でか知らないが、30代半ば過ぎに見えるこの男は、普段から家族の中で、子供らの躾にきちんと目を配っているのであろう。
そしてこの夫婦は、自分たち夫婦の生活を大事にし、子供達をむやみと甘やかしたりしていないのであろう。

 そして、多分この男には、自分は人間としてこうして生きるという原則があるに違いない、と言う気がしていた。

 電車を降りるとき、私はもう一度夫婦を見、子供達を見た。
何だか気持ちの良いものがこの家族から漂ってくるようであった。
(みみずくの戯言)
  











































09-140208

 STさんからヒント・「アモルファス家族」

STさんの「家族制度の融解」は、「アモルファス家族」という言葉を思い立つキッカケになった。
内閣府「国民生活選好調査」に依れば、「あなたにとって一番大切なもの」は、「生命・健康・自分」を2倍以上越えて「家族」が断トツである。
しかし、その中で家族の繋がりの変化が家庭における教育力を低下させているという(H・19年厚生白書)。
STさん指摘の繋がりや絆が結晶化されないアモルファス現象が見られるということなのだ。

3月8日、毎日系TV番組で「ガラスの牙」が放映された。
保護司の大沼えり子さんをモデルにしたドラマ化だ。
高畑淳子さんの体当たり演技がリアル感をもって迫ってきた。
内容は二つのケース。
一つは経済的に恵まれた共稼ぎ家庭における、再婚した母の高校生(娘)が万引きやリストカットを繰り返す。
他は保護監察下にある青年が再度傷害事件を起こすものだ。

 二人とも多感な青春の真っ盛りを突っ走っても不思議ではない年齢だ。
どこにでもいそうな、青少年だが、それぞれの家庭の中で息を潜めた圧迫感を持った生活が続いていた。
一時流行った「ホテル家族」をさえ越え精神的な繋がりがない。

 家庭は大家族時代の生産機能を失い、都市化と共に核家族化し、バブル崩壊後は規制緩和の中で経済格差が生じ、共稼ぎ家族が生じてきた。
その結果、躾に代表される家庭の教育力が低下してきた。
高齢少子化の二極化現象は、地域行政を考える上に、いつもでて来るキーワードではあるが、家族現象の問題を指摘する論点は少ない。

 共稼ぎ家族は、時間に追われ空間的な共有化が持てなくなる。
それ故、家庭の中で起こっている小さな変化を、形状記憶的に繋がりとしての情緒共有で包むことが出来ない。

 このような家族からは、アルコール依存症、ギャンブル依存症、親の自殺、両親の離婚、親の再婚、親からの見捨てられた行為(ネグレクト)、精神・肉体的な虐待、性的な児童虐待、家庭不和、家庭内暴力、サラ金地獄、生活困窮、生活苦を伴う家族の病気、望まれない出産、不遇な里子体験を生み出してきている。

 このような、環境で育った子供は、一般的に以下のような傾向を持つという(スチーブン・ファーマー)。

★ 良き子供を演じる ★ 問題のある子を演じる ★ 家族管理的役割を持つ存在を演じる ★ 自分が存在しないように演じる ★ 現実逃避する

 しかし、ここで注意しなければ成らないのは、このような状態で生じた環境が子供達にとって、幼少期の重要な人格形成において愛情を得る機会が非常に乏しくなり、自己愛・自尊心、他者への共感、他者への苦しみに対する理解等に欠けた人間になりやすく、社会と健全な関係を築くことが出来ないまま成人していくことなのだ。

 最も被害者となるのは、自らに生活力がないため、その家庭から逃げることの出来ない子供だ。
生活能力に乏しい子供は、歪んだ生活文化を全身に受けながら成長する。
そして、その時期に社会ルールや愛情を学ぶことが出来ず、親や家庭に過大な気遣いをしながらの生活をよぎなくされている。
(みみずくの戯言)
   













































08-140208

 友達のような父親

父が父でなくなっている。
父が父の役割を果たしていない。
家族をまとめ、理念を掲げ、文化を伝え、社会のルールを教えるという父の役割が消えかけている。

 その結果、家族はバラバラになって、いわゆる「ホテル家族」となり、善悪の感覚のない人間が成長し、全体的視点のない利己的な人間や無気力な人間が増えてきている。

父でなくなった父の典型が「友達のような父親」である。
彼らは上下の関係を意識的に捨ててしまっている。
価値観を押しつけることは絶対にしない。
子供の自主性を重んじて決して強制はしない。
何をするにも自由放任である。
しかし、そう言う父親の子供は「自由な意志」を持つようには成るが、「良い意志」を持つようには成らない。
精神力が無く無気力になりがちなので簡単に不登校になったり、逆に我が儘になると「いじめ」に走ったりする。

 いじめっ子の出来方は、わがまま犬の出来方によく似ている。
飼い主の言う事を聞かない我が儘犬は、飼い主が自由放任でルールを教えなかったために生まれるのである。
犬の意志を尊重して、犬の要求を何でも聞いてやっていると、犬は自分が主人だと思って自由意志を持ち、勝手に要求をして、やたらと吠えるようになる。
飼い主が父として原則・理念と生活規則を教え、一定の我慢をすることを教えないと、子供でも犬でも同じように我が儘に育ってしまうのである。


「友達のような父親」は実は父ではない。
父とは子供に文化を伝える者である。
伝えるとはある意味では価値観を押しつける事である。
自分が真に価値ありと思った文化を教え込むのが父の最も大切な役割である。
上下の関係があり、威厳を持って始めて其れが出来る。
しかし、対等の関係では、文化を伝えることも、生活規則、社会規範の原理を教えることもできない。
物わかりの良い父親は、父親の役割を果たすことの出来なくなった父と言うべきではないか。

原理の中で一番大切なものが、善悪の峻別だ。
母性による躾は個々の行為について良い、悪いを注意するが、そもそも世の中にはして良い事と、悪いことの違いがあるのだという原理を教えない。
つまり、「けじめ」をつけるという必要性を理解させていないのである。
また万一、良い悪いの区別を教えたとしても、その基準がただ、他人に迷惑を掛けない、他人を傷つけない、と言うだけでなので、礼儀やマナー、あるいは美しいとか他人に不快感を与えないという基準は考えられなくなってしまっている。
だから、遅刻もあくびも居眠りも悪くないと言うことに成ってしまうので、たまたま注意を向けると、返って心外だという顔をする。

 こういう子供はこれからはどんどん増えることが予測できる。
この現象はまさに父性の欠陥を示す兆候である。
いじめは善悪の区別の感覚を失っていることを示しているし、不登校、無気力、遅刻と言った現象も精神力の低下を示し、其れは父性の欠如と大いなる関係がある。

 特に無気力ははっきりと、父性の欠如から来ている場合が多い。
表面的にはずぼらとか怠慢として現れるが、根底には父性欠如からくる秩序感覚に欠陥がある事が多いのである。
(みみずくの戯言)
   













































07-140208

 STさんの「家族制度の融解」によせて

危険から我が子を守るどころか、自らが危害を加え子供を死に追い詰める、悲惨な出来事がこの所続いている。
奈良の智樹君は食べさせてもらえず、5才なのに体重は6キロしかなかった。
埼玉の力人君は「お水をください」と哀願する声を近所の人が聞いている。
肉体の苦痛はむろん肉親からの恐怖と絶望は小さな心にいかばかりかと涙をそそる。

 本来、子供にとって家庭ほど全幅の信頼と自分を表現出来る安全シェルターであるはずだ。
これが、STさんの言を借りると融解しているということだ。

 やはり、社会のストレス現象が家族の中に浸透し、弱い子供の所にしわ寄せとして、にじみ出ているのではと想像する。
それを制御する自制心は本能的に遺伝子に組み込まれているはずだ。
しかし、その制御を刺激するシステムも作動していないのだ。
行政の担当者が記者発表する姿に白々しさを感じるのは筆者ばかりであろうか。

家庭は、強さと弱さを見せて繋がりを持ってきた。
それを絆という。
家庭は共同体の中で一番小さなものだが、個人一人一人にとって一番大切なものだ。

人は生まれた時から死に至るまでこの絆に支えられ成長し育つ。
親子は血が繋がっているから、何でも話し合うことができる。
母親は子供を懐妊したときから腹をなでさすり、おなかの子供に語りかけ、その時から子育てを始めている。
父親は子供が危険な目にあったときは、命に代えてまもってやろうとするものだ。
そういう親子の愛情は、家庭の中で育つもので、地域や職場には薄いものである。
家庭の愛情の中で、子供はすくすくと育つ。
家庭の中では、子供は親の地位や名誉という外面とは関係なく親の本心を見抜いて育つ。

 しかし、STさんの指摘のごとく、冒頭の事件はアモーファス社会(アモルファス)になっている現象なのだ。
アモルファスは結晶が出来ず、不安定である。
時間的、空間的に規則的な原子配列がとれないという。
一体感という結晶ができず、繋がらず絆が出来ない。

 なぜ、そのようなことになってきたのか。
歴史的に其れをたどってみると、まずは戦後の大家族制の崩壊から都市化に集中した核家族、そしてこの20年ばかりの間に拡張した共稼ぎ家族への移行は無視できないだろう。
特に男女共同参画の流れは、女性の人権尊重の増大とともに、外で働く女性を増やし、共稼ぎ家庭を多く生み出した。
共稼ぎは、バブル崩壊後ますます増え、夫の稼ぎだけでは一家の経済的生計は成り立っていかず、それをカバーするために、女性が外で働き出した。
それを受けるサービス業が其れを促進した。
最も仕事の能力は、女性よりも男性の方が優れているとは言い難いと思う。
女性でも、様々な分野で、男性を上回る創造的な仕事をしている人間は沢山いる。

 しかし、確かなことは、共稼ぎが増え、離婚が増え、片親家庭が多くなったことだ。
そして、何よりもお金を優先する生活は、家族をアモルファス化させてきた。
共稼ぎだと、両親ともに、仕事のストレスからへとへとになって家庭にいる。
稼ぐという行為に疲れ果てて、一家の互いが暖かく支えることを忘れ、家族はバラバラになっている。
(みみずくの戯言)
     






















































06-140208

 家族制度の融解

 最近の日経ビジネスオンラインで、家族に関する興味深い2つの記事に接しました。
一つ目は『「孤独死」はそんなに大きな問題か』という記事で、著者の吉田鈴香氏は孤独死に見られるような無縁社会を問題視することに疑問を投げ掛けています。
もはや家族に縛られて個人の(特に女性の)自由選択を束縛する社会には戻れないという論旨です。

 二つ目は『実は、日本は少子化を目指していた』というインタビュー記事で、その中で鬼頭宏教授は、男性優位で権威主義的な家族制度を持つ国では少子化が進行していると言っています。
出生率の回復に成功している国では、子供手当のような給付だけでなく、婚外子を保護する手厚い制度が功を奏していると述べています。


 社会を生命体になぞらえれば家族はそれを構成する細胞ということになるでしょう。
社会を無機質なものに例えれば、家族は結晶で、そのような結晶家族が寄り集まった社会はさしずめポリクリスタル(多結晶)社会ということになるのでしょうか。

 そうすると核家族化が進んで家族の単位が小さくなった社会はファインクリスタル(微結晶)社会と言えるかもしれません。
結晶とは原子が規律に従って整列した状態ですが、個々の原子が自由に動き出すと規律は失われ溶融状態となります。
溶融状態の不規則な原子の並びのまま凝固した個体はアモーファス(非晶質=ガラス質)状態と呼びます。
上に紹介した二つの記事を読んで、若い世代は家族制度の束縛から解放されて、個人の自由な選択を尊重するようになっており、まさにファインクリスタル社会からアモーファス社会に移行しつつあるのではないかと、そんな想念が脳裏に浮かびました。
ガラスは割れやすいものです。
物質界のアナロジーが人間社会に通じるとは思いませんが、得体の知れない不安を覚えます。

 構造主義哲学を世に広めたクロード・レヴィ=ストロースは、文化人類学的見地から様々な社会を未開発社会も含めて調査した結果、興味深いいくつかの結論を得ました。
その一つは、いかなる社会も男女で役割分担が存在するということです。
役割の中身に普遍性はないが、役割分担があるという事実だけに普遍性があるとのことです。

 それは、それぞれの性別の適正に応じた普遍的役割が存在するということではなく、役割分担することで互いに異性を必要とするようにし、もって家族を強く結び付けて家族を安定させるという人類の知恵の所産であろうとのことです。

 もちろん男が子供を産むことは不可能ですが、あたかも男が子供を産んだかのように男が家で子育てに励み、女が外で働くような部族社会もあるそうです。

 こうして安定な家族の集合として社会を形成することで社会が安定化するということが、人類の英知が長い歴史の中で導いた帰結だったのでしょう。
あるいはそのような制度を有した社会だけが淘汰されて存続し続けることができたのかもしれません。
また、人類の英知は近親結婚も禁止してきました。
決して遺伝的問題を回避するためではなく、一族が強大になり過ぎると覇権を狙って社会を不安定にするということを嫌ったからだとされています。

 このように、人類の悠久の歴史の中で、社会を安定させる基盤として培ってきた家族制度が融解する時、その後にどのような歴史が待ち受けることになるのだろうか、それが得体のしれない不安の正体です。
出生率1.37が、社会崩壊の予兆でなければよいがと願うばかりです。
時計の針を逆に回して社会の流れを逆流させることはできません。

 昔の男優位の権威主義的な家族制度を懐かしむ積りも毛頭ありません。
歴史は未来に向かってしか流れません。
できることは、文化人類学の教えるところに学んで、男尊女卑的な性差別ではなく平等な性区別をする新しい役割分担の形を作り上げるか、アモーファス社会を永続させ得る新しい社会のあり方を模索するしかないでしょう。
いずれにせよ、百年の計、あるいは千年の計が求められるところです。
(ST)
  































































05-140208

 賢い母親になる決め手はあるのか?

賢い母親になる決め手の特性はあるのだろうか。
一般の育児書によると「放任型」もいけないし、「過保護型」もまずい。
かといって「過干渉型」も好ましくないという。

 筆者なりに考えてみると、賢い母親というのは子供の状況に応じて「ある程度放任し」「ある程度保護し」「ある程度干渉する」ほどほどの母親と言うことになる。
つまり、放任オンリー、保護オンリー、干渉オンリーのワンパターンになるのがいけないのだ。
問題児の母親は大体においてこのワンパターンである。
優しいだけのオンリーでは良くないわけで、時には心を鬼にするほどのきつさも必要である。
状況に応じて、様々の動きがなければ成らない。
機転が利くと言うことであり、俗に言えば頭がよい(賢い)と言うことだ。
学歴とは関係のない頭の良さである。

 母子の関係と夫婦の関係とは似た所がある。
夫婦は大人であるから、一方のワンパターンに閉口しても、其れを口に出さず適当に我慢し処理している。
ところが子供は其れが出来ないので、ストレートに不満を爆発させる。
それが非行で有り、いじめにも繋がる。
子供が問題児になるのは、賢い母親の決め手を欠いたことになる。

 ここで、「母親だけの責任にあらず、父親も問題だ」の声が聞こえてきそうだ。
筆者は一概にそうだとは言えないと思うのである。

 父が問題でも母が賢ければ、子供を父の毒気から守る事が出来る。
女性にはそれだけの柔軟性がある。
ところが逆の場合はそうはいかない。
男性は女性ほど環境順応性がない。
心の中で思っているようには上手に動けないのである。

 例えば母が子供にガミガミいう。
「お父さんがしっかりしないからですよ!」
最後は父親も叱られる。
父親は内心「女房のバカが!こんなことで子供がノーマルに育つとおもっているのか」と思いつつも、其れを言い出すと夫婦喧嘩になるので我慢する。
そして、義理で子供を叱る。
子供は父と母がグルになって自分を痛めつけている、と受け取る。

逆ならば、事情が違ってくる。
ワンパターン亭主が女房に「お前がしっかりしないだからだ!」と叱るとする。
ここで多くの女房は、仕掛け人形のように義理で子供を叱らない。
上手にその場をやり過ごす。
そして後で子供に「お父さんはああ言う人だから、あなたはこうした行動を取るのが良い」と教える。
多くの男性は、このような裁き方が下手なのである。

次の四つの組み合わせの中で、どれが子供にとって幸福だろうか。

@頭の悪い父と頭の悪い母との組み合わせ
  A頭の悪い父と頭の良い母との組み合わせ
  B頭の良い父と頭の悪い母との組み合わせ
  C頭の良い父と頭の良い母との組み合わせ

 子供にとって一番幸福なのは、勿論Cであり、その次がA、その後にB@がつづく。
いずれにしても「母の頭の良し悪し」が決め手に成る。

わがまま者の母親、これが頭の悪い母親である。
何事も自分本位に考えるから、相手の状況を考慮しない。
無理強いすることに成る。
自分の欲する通りに子供がしないと腹を立てるのである。
(みみづくの戯言)
  
































































04-140208

 子供との会話

子供との会話、コミュニケーションはどのようになっているのだろうか。
古い資料だが、手元にある、旭化成工業や東京ガスなどの企業で組織する『共働き家族研究会』がまとめた「家族コミュニケーションの状況とそのあり方に関する調査」(1991)があるのでそれを借用することにする。
その中では家族の中で父子間の会話が全体的に少ないとの指摘が見られる。
例えば、『夕食後のくつろぎの時』は、一日の内でも家族間の会話が最も活発な一時だ。
では一週間の内で、同時間帯に父子間で会話が行われるのは何日位かといえば、3.7日である。

 父親の帰宅時間に問題が有るにせよ、母子間の場合(6.0日)に比べれば大分少ない。
朝食時(父子間3.3日、母子間6.0日)、夕食時(同3.6日、6.3日)も同じ傾向だ。
しかも、子供との会話が不足している父親ほど、どうやら躾等に口やかましい傾向があるという。

 家族間の団欒が十分な家庭、および不十分な家庭との比較で会話の中身がどのように違うのかを見たものがある。
不十分な家庭では、躾の問題が十分な家庭を上回っており、日頃コミュニケーションが図られていないだけに、どうしても子供への文句、注文が多くなりがちな様子がうかがえる。
 

 子供との会話で躾の問題が話題になるようなら、父と子の間にコミュニケーション不足が起きつつある事を示す、注意信号だと気付かれたらよい。

 また、普段の生活の中で父親の影が薄いだけに、子供達は悩み事があっても父親に相談しようとはしない。
悩み事の相談相手に誰を選んでいるのかを聞いて居るが、母親の場合は仕事を持つ持たないにかかわらず、『友達』の次に相談相手として信頼を置いている。

 ちなみに、母親を相談相手とする傾向は小学生ほど強く、6割に達する。
中学・高校と成長するにつれ、友達に相談する傾向が強まるが、『父親』という答えは、小学・中学・高校と各ステージ別に見ても極めて少ないのが事実だ。
これは現代の家族関係が、母親中心という形で成り立っている事を示すものであろう。

 『コミュニケーション』を取ろうというと、何とか話をしようと夜遅く帰ってきた父親が寝ている子供を起こす人がいる。
これは明らかに間違いである。
絶対守らなくてはならないのは、子供の生活サイクルである。
父親の生活サイクルに合わせてはいけない。
父親が夜遅く帰ってくるなら、朝早く起きて子供と話をすればよいのだ。

 『仕事が忙しくて、子供と関わることが難しい』という人もいるだろう。
今、仕事と生活の調和を考える新しい考え方「ワーク・ライフ・バランス」を重視する方向に世の中が進みつつ有る。
共働きの人は特に『ワーク・ライフ・バランス』を意識して欲しいものだ。
とても無理だという既成の枠を破って、ちょっと工夫してみる。
夫婦でしっかり話し合ってみると、お互いの役割時間が意外とある事に気付くものだ。
子育て期は工夫によっては楽しい時期になる。
あっという間に通りすぎてしまうこの時期を大いに楽しまなくては損だと思うのだが。
どう家族との会話を持ったらいいのか、まずはそのあたりから、父親たちは “ホームマネジメント”の勉強を始める必要があると思う。
(みみずくの戯言)
    


















































03-140208

 子ども達の行動と父親及び母親の意識

2004年の春、公文教育研究所から報告されたものの中から興味の引く所をご紹介してみたい。
子どもは小学4年生から高校3年生まで765名。
親は1530名の抽出で、意識をクロスした報告がユニークだ。

学年が上がるほど、勉強時間は長くなるが、生活習慣は崩れる

 学校のある日、
朝は「6時30分〜7時15分」(56.0%)に起き、
夜は「11時〜12時30分まで」(48.4%)に寝る子どもが多い。
高校生では、74.0%とほぼ4人のうち3人は「12時以降」に寝ている。
テレビの視聴時間は「1時間〜2時間半」(59.3%)が多いが、学年が上がるほど短くなる傾向がある。
また家庭での学習時間は「30分〜1時間半」(51.0%)である。

 生活習慣について、「ちゃんとやる」

 内容は
「ただいまという」
「友達、先生にお早うという」
「食事の時、いただきます、ごちそうさまという」
「家族におはようという」
の4項目だが、学年が上がるほど、挨拶をする子どもは少なくなる。

●学年が上がるほど、ストレスを感じる子どもの増加

「朝、なかなか起きられない」
「疲れている」
「イライラするときがある」
「ムカつくことがある」
という子どもは、「ある」「どちらかといえばある」と合わせると約6割。
学年が上がるほど、そのような時が「ある」「どちらかと言えばある」という子どもが増加する。

「疲れている」という子どもは小学生では44.8%だが、高校生では76.7%と4人に3人が疲れを感じると答えている。
自分自身について、「親切な子」「正直な子」「スポーツのうまい子」と評価している子どもが多い。
学年が上がるほど、「勉強が出来る子」「人気のある子」「勇気のある子」と自己評価する子どもが少なくなる。
「スポーツのうまい子」と自己評価している子どもも、小学生が最も多い(42.8%)

 男女別に見ると、女子より男子の自己評価がたかい。
特に差異が大きいのは、「スポーツのうまい子」「人気のある子」「勉強の出来る子」といった項目である。

高学年ほど、「他の教科の勉強」「塾の勉強」「携帯電話」などの授業態度を許容する子どもが増加

 学校が「とても楽しい」と感じている子どもは全体では31.1%だが、学年が上がるほど減少する。
授業態度を尋ねた設問では、「宿題は必ずしている」「「先生の説明などをノートに丁寧に書いている」「先生の説明を熱心に聞いている」という項目で「いつもそうである」「ほとんどそうである」と答えた子どもが多い。
しかし、「宿題は必ずしている」という子どもは、学年が上がるほど減少する。

 授業態度についてでは、学年が上がるほど、「他の教科の勉強をしている」「居眠りをしたり、他の事などを考えたりしている」「携帯電話でメールしている」「漫画を読んだり、ゲームをしたりして遊んでいる」「塾の勉強をしている」クラスメートが「沢山」もしくは「少しはいる」と答えた子どもが多い。そうした態度について、「絶対に良くないと思う」「あまり良くないと思う」という子どもも、学年が上がるほど減少する傾向にある。

「正直な子」「親切な子」だと子どもを評価している親

 我が子に対して、「正直な子」「親切な子」と評価している親が多い。
この評価は子どもの自己評価と一致する。
ほとんど全ての項目で、子どもの自己評価よりも、親の評価の方が高くなっている。

 躾については、「呼ばれても返事をしない」「学校の友達や先生に、お早うと言わない」「後片付けをきちんとしない」などの子どもの行動については、多くの親が「子どもに注意する」と答えている。
しかし、「席を立っても、椅子をいれない」「外でゴミが落ちていても、拾ってゴミ箱に入れない」「靴を脱いだとき、きちんと並べておかない」という行動については,

「放っておく」という親が2割近くいる。

46.1%の親が「予習・復習をしない」事について、「別によい」と考えている

 授業態度については、
「授業が始まっても席に座らない」(98.1%)
「携帯電話でメールしている」(97.4%)
「先生の指示や質問を無視する」(96.2%)
「漫画を読んだり、ゲームをしたりして遊んでいる」(94.5%)
「授業が始まっても、教科書やノートを出さない」(94.4%)
「友達とおしゃべりをしている」(93.9%)
という態度については、9割以上の親が「絶対に良くない」と答えている。

逆に「指されるのが嫌で、目立たないようにしている」(65.8%)
「予習・復習をしない」(46.1%)事については、「別に良いと思う」という親も多い。
「宿題をしない」事についても、16.3%の親が「別に良いと思う」と答えている。
(みみずくの戯言)
   





















































































02-140208

 ロマンをつくる母親・父親

母親・父親にロマンを持ってもらいたい。
日本の「貧困率」というのが、10月8日の朝日に報道されている。
日本政府はこれまで公式に貧困率を発表したことがない。
OECD(経済協力開発機構)によれば、所得の高い順に並べた時に、真ん中の人の所得を基準にして、その半分に満たない人が占める割合を「相対的貧困率」としている。
国際的な平均が10.6%を占めるが、我が国はメキシコ、トルコ、米国についで、14.9%ワースト4位で、特に働いている一人親家庭の子供は58%が貧困に該当する世界一の国である。

この数字をどう見ていくのか。
確かに生活保護の対象者が115万人に近いという数字が報道されている。
完全なる生活格差が歴然としてきた。
こんな事を考えて居ると、150億円を掛けて頑張った人には悪いが、東京オリンピックの招聘に失敗したことは、良かったと考えたくなる。
足下でする「自殺防止」「貧困撲滅」や「CO2削減」を都道府県で競っていく新しいスタイルの国民参加活動に移行していくパラダイムが欲しい。

 やや脱線したので冒頭の「ロマンのある母親・父親」に戻ろう。
こんな環境下にあって、少し絞り込んでみると、お金を使わなくても即出来ることがあると思うのだ。
心の貧困だけは工夫によって克服できるし、是非ともそうして欲しい。

 ロマンのある母親・父親とは子供と一緒に工夫をして、四季折々の行事の楽しみを創り出す親である。

 私たち戦前生まれの人には想い出があると思うが、月見の団子を作り、すすきを縁側に飾り、子供もそれに参加していた。
豆まきも一緒にした。
大晦日の餅つきも父親が大いに張り切り一緒にした。
母や父は状況によりリーダーとなり、子供達は嬉嬉としてこのような行事を受け止めた。
今は、このような事が少なくなってきているようだ。
子供の枕元にこっそりとクリスマス・プレゼントを置く、一緒にひな人形の出し入れをする。
浴衣を着て花火を見に行く。
こういう「共同作業」を通して、親子の情も濃くなるのだと思う。

 こういう想い出は、キャンピングカーに乗って、バーベキューセットをスーパーで買い込み時間を節約しての家族レジャーとは、全く違う想い出である。
季節や家庭を身近に感じる想い出である。

 昔から続いたしきたりを、子供だましだと軽蔑してはならない。
こういう行事を通して親子の情が深まるのである。
核家族になるにつれ、祖父母の影響がなくなるから、伝統的な風習が失われていく。
つまり、親子の情が薄れていく。
下手をすると家庭が無料下宿屋になってしまう。
やはり、両親にはロマンがあって欲しい。

 人間にはアカデミック・インテリジェンス(勉強の能力)が低くても、ソーシャル・インテリジェンス(社会生活の能力)が高い人がいる。

 アカデミック・インテリジェンスの方は、抽象的思考が主になっているが、ソーシャル・インテリジェンスの方は感受性が主になっている。
感受性が主になっているとは、人間関係において気が利く、頭の回転が速い、察しが良いという意味である。

 ロマンのある両親はソーシャル・インテリジェンスの高い人だと思う。
(みみずくの戯言)
  






















































01-140208

 吉田松陰の子供時代

お盆に帰省していた二人の息子のうち、岡山に住む次男の善郎が、ひょんな話で「最近、方端から司馬遼太郎さんの物を読んでいる」と言う。
そういえば、筆者も彼の年齢の折には、同じような体験がある。
横でビールを飲んでいる兄の真一に「確か、学生の時に、京都発の夜行で、山陰経由で萩によっていくという君に、司馬さんの “世に棲む日日” を車中で読んでいけよ、と手渡したが覚えているか」と尋ねると、「あれは、いいタイミングで良かったよ」の返事だ。
覚えにあることも嬉しかったが、その後、吉田松陰の話が弾んだ。

 筆者は、中・高校時代を下関で過ごした。
萩と下関の間に、滝部という今では無人になっている田舎の駅舎があるが、そこが母の生れた故郷だ。

 そこで、松蔭の子供時代を “世に棲む日日” から以下引用、抜粋し、少しばかりの所感を加えてお届けする。

 「父の百合之助が暗いうちから出て百姓をする。
母親のお滝がそれを手伝う」「百合之助は、毎朝くらい内に起きて、四キロほど東の方にある山へ秣を刈りに行く。
松蔭は5、6才の頃から兄の民治とともに松明を持ち、父を先導していく。
一日の日課の始まりである。
家では松蔭の妹の千代が、四才ぐらいの頃から朝食の炊事の手伝いをしていた。」

 「秣刈りから帰ると、朝食である。
それがすむと、松蔭は二つ上の兄とともに畑に行き、あぜ道に座って素読をはじめる。
ほどなく父の百合之助が畑へ出、耕作を始める。
畑を打ってやがて子供達のいるあぜ道まで来ると、必要なくだりを教え、教えると離れて耕しをすすめてゆく。
終日、このようであり、毎日代わらなかった。
かれらの初等教育はすべて畑でおこなわれ、一度も机の上でおこなわれたことはなかった。」

 「どこで覚えたのか(母のお滝は)、太鼓をたたくことがうまかった。
松蔭らの幼児、おもちゃというものを買い与える余裕がなかったが、ときどき彼女が樽を太鼓にしてたたき、それにつれて民治や松蔭が手足舞わしてあそんだ。
狂歌がうまかったというのも、べつに歌学の素養があってのことではない。
太鼓も狂歌も見覚えであり、察するにこのお滝はうまれつきリズムというものに深い感覚があったのかもしれない。
このリズムの感覚は彼女の生活を明るくし、どうやら松蔭にも遺伝している」


 以上のような文節から、思うに子供の育つ環境、特に家族の影響は大きい。
松蔭の両親は生活の中で、無言の内に父や母がどのように生きているのかを体得させようとしており、別の面からすれば、両親自らが生きたおもちゃになろうとしているように思える。

 家族の仕事をこうやって親と子が一緒になって、それぞれの能力に応じて背負い合っていく中で、人間らしい思いやりや察しの心も育って、生きるという言うことの本当の喜びや悲しみを、子供達は育てられているのである。
 こうして育てられた子供が、両親を軽蔑したり、抵抗するはずはないのだ。
こんな忘れかけた些細なことの中で、子供は「生きる」と言うことを学んでいくのだ。
単に「親と子の対話」というような口先と口先の関係ではなく、もっともっと奥深い所で、子供は「家族の連帯」と言うことを学び、「独りよがり」を卒業するのだ。
そして、普通では気づくことの出来ないことに気づくようになり、見えないことが見えるようになり、聞こえない命の声をきくことが出来るようになり、間違いのない子供自身の人生を歩むことが出来るようになるのであろう。
(みみずくの戯言)