市民・会員の皆さまからお寄せ頂いたご意見や、メッセージを掲載しております。
どうぞ気楽にご意見をお寄せ下さい。下記ご意見をクリックすると、各項目にジャンプします。
このページはみんなの広場ニューページです。 しばらくの間バックナンバー75ページと重複しております。

バック
ナンバー
最新
ページ
P75
P74
P73
P72
P71
P70
P69
P68
P67
P66
P65
P64
P63
P62
P61
P60
P59
P58
P57
P56
P55

17-17.10.16-4  読書について思うこと

20-160528
「継体大王と
筑紫君磐井」
展のこと



18-160521
多文化共生
のまちづくり



17-160521
「おかげさまで
生かされている
」心の種を!

16-17.10.16-3  モデル・コミュニティ施策が果たした役割は?
15-17.10.16-2  子どもの話を聞く
14-17.10.16-1  サロン団談:「第三次中期戦略」の策定スタート
13-17.10.11-4  言葉の力
12-17.10.11-3  「自治体シンクタンク」は活用する側の腕次第
11-17.10.11-2  自分の行動が社会を変えるか?
10-17.10.11-1  「コミュニティ ー生活の場における人間性の回復(1968)」を読み返す
09-17.10.08-2  夏の終わりに・足元の風景
08-17.10.08-1  お母さんの暖かい懐
07-17.09.08  ボランティアで支える民生委員制度
06-17.09.08  本とのホントの出会い
05-17.09.08  「街」と「まち」と「町」の視点
04-17.09.08  「第4回クラフトカフェ」に思う
03-17.09.08  アナログとデジタルの調和を!
02-17.09.08  社会福祉協議会のボランティア
01-17.09.08  人間・可能性
20-17.09.01  「SDGs/持続可能な開発目標」を意識してみる
19-17.08.28  死の受容を超えて―日野原さんの死から
18-17.08.28  ポスト・クラフトカフェのサロン団談









17-171016-4


 読書について思うこと

人間にとって読書とは一体どういった意味があるのかを考えてみたい。
これまで、いろんな人によって「読書論」として幾たびも表現されてきている。
それをここで繰り返そうとは思わないし、そのような資格があるとは思わない。
読書のスタイルは、いろいろあっていい。
気晴らし読書、暇つぶし読書、調査・研究のための読書、等が存在する。

 だが、ごく素朴な意味で、読書というのは、他人の経験を共有することだ、とあえて強調させていただきたい。


例えば、ここに一冊の小説がある。
その小説のおもしろさは、ひとえに、読者である我々がその小説に登場する人物、そしてその小説にある著者の心の世界に入り込んでいく事によって生まれてくる。
活字を通じて著者と読者とが触れあい、著者の経験が読者の中に伝わっていく、それが本を読むことであり、読者の楽しみというものであろう。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」や「龍馬が行く」を手にした若き日のことを思い浮かべれば、ひしひしとその経験は蘇ってくる。
誰でもが一度や二度はその経験を持っていることだろう。
昔風に言えば、「心の琴線」に触れるとき本は面白い。
面白いから本を読み始めると夢中になって、時間のたつのを忘れる。


 小説だけではない。
あらゆる読書は著者の経験を受け取る、と言うことである。
特に、仕事に関連した専門書を手にするとき、著者の仮説の構築、あるいは、実践の経験、そして論理の組み立てを活字という手段を通して、我々は自らの中に取り込んでいるのである。
読書家とは、経験の大盗賊と言ってもよい。
そして人間は、他人の経験を貧欲に盗むことによって成長するのである。

実際、人間の歴史を振り返って見るならば、ついこの間まで、知識というものは、限られた数の人々の間で共有されていたにすぎない。
普通の民衆が、他人の経験、とりわけ高度の知識を盗むことは、ほとんど不可能だった。


そして、そういう歴史的背景の上で考えてみるならば、本を読み、その蓄積がいかに大きな契機を生み出したかに気がつくのである。
それは、経験を盗む、と言う不思議な行動の「自由化」と言うことである。
独占されていたものの「解放」と言うことである。

言うまでも無いことだが、英語では著書を「出版」することをpublishといい、「出版物」のことをpublicationという。
文字を見れば、すぐにわかることだが、これらは、ともにpublicという形容詞と同一の根っこからきている。
パブリックとは、公共ということである。
みんなで分かち合う、と言うことである。
従って「出版」というのは、個々の私人がその経験を公にする、と言うことになろう。
個人的な経験はpublicationになることによって、万人共通のもの、あるいは、誰でもが自由に盗むことのできるものになったのだ。

 本屋の店頭に並んだおびただしい数の書物は、我々に向かって、どうぞ私たちの経験を盗んで下さい、と呼びかけているのである。
我々は、そのどれをどんな風に盗んでもかまわない。
様々な人の、様々な経験は現代の社会では、すべての人の前に公開されているのである。
(みみずくの戯言)
    























16-171016-3


 モデル・コミュニティ施策が果たした役割は?

1970年代、我が国の本格的なコミュニティ政策が達し得たものは何であったのか、課題整理が必要な時期であろう。
この政策は国からの自由度が高く、これを捉えた自治体の例としては、真剣にシビル・ミニマムとコミュニティづくりを掘り下げてきたところと、単なる趣味サロンの会合の機会を拡大する場づくりとしての展開で終わっているところ等のばらつき度は大きい。

 1969年の国民生活審議会のコミュニティ問題小委員会によると、コミュニティは「生活の場において、市民としての自主性と責任を自覚した個人及び家族を構成主体として、地域性と各種の共通目標を持った、開放的でしかも構成員相互に信頼感のある集団」と定義されている。

コミュニティは、社会的動物である人としての人間性や自己実現のために必要不可欠な存在である。

社会全体から見れば、人々の共同性(人々の結びつきや連帯感)が失われていくことで倫理観や公共心が低下し、犯罪が増え、社会病理がはびこり社会崩壊に至るのではないか、という現代人の抱える漠然とした不安感はある。

 そうした共同性復活・レジリエンスに対する処方なり方策を示すことに、コミュニティ研究の本質がある。
その流れとして45年間の研究を捉えた場合、以下の5点が課題契機として提起出来よう。

① 都会化の中で、地域の展望をどう描くかが模索され、目標となる地域社会像を抽象的
   がら「コミュニティ」として提示したこと

② 地域共同の問題の解決に取り組む地域での体制をつくることが自治体の政策課題で
   あることが提起された

③ 地域課題の発掘の運動を「コミュニティ」をテコに進めたこと

④ コミュニティセンターとして施設の整備を始めたこと

⑤ 地域住民の連帯が地域存立の必要条件であることを示したこと 

以上のようなコミュニティ政策は、地域住民の参加を促したが、地域に閉じこもりコミュニティ政策の根幹である「自助・共助」として自治会活動と連携したカタチには見えなく昨今、高齢者の地域問題のコミュニティ・ケア問題として顕在化してきている。

 それは

① コミュニティのカタチに集中し自治会制度についての議論が誘導されなかったこと

② コミュニティ組織づくりの対象となる組織が多様にある事に気づき、相互の連携の
  方向性を示せず、試行錯誤に終わったこと

③ 地域課題設定の仕組みが不明確だったこと

④ コミュ二ティの中で生まれた成果を、更に深める地域分権の方向に欠いたこと

コミュニティ政策は本来総合的で分権的な性格のものであるが、縦割り行政と集権的な行政システムものとでは、「住民主体」という方針を取ろうと努力したのはコミュニティ担当窓口止まりで、縦割り行政の限界は克服出来ていない。

 コミュニティが地域総意を代表する組織であるとすれば、その構成員は全住民でなければならないが、この基盤を持たない管理運営方式や、2005年の最高裁判決で明示された自治会の任意性の元での意志決定の公共性保証の問題が検討項目として挙げられる。
高槻ではまだコミニティの基本と方向性が整理されていない。
(MY)
   























15-171016-2


 子どもの話を聞く

情報機器の発達で、伝える技術は進んだが、直接顔を合わせてお互いがしっかり話し、聴き合うような場が、少なくなっているように思えます。
親子の間ではどうでしょうか。
親から一方的に話しているだけではないか、子どもが自ら沢山話をしてくれているかどうか、一度振り返って見たいものです。
特に気に掛けておきたいのは、子どもの会話の中に「友だちと喧嘩した」「テストの結果がよくなかった」「運動靴が隠された」「先生に叱られた」など、辛かった、悲しかった、がっかりした話が沢山出るかどうか。
そういった、子どもにしてみれば親に話しづらいような話が出てこないようなら、注意が必要かも知れません。
子どもは親の前ではいい子でいたい傾向がありますから、良い面だけを親に見せて、本当に困った事があっても相談せず、自分の中にため込んでいるかも知れないからです。

 もし、子どもがダメな自分を見せたら、それは子どもの思いをゆっくり聴くチャンスです。
話を聴きながら、子どもの立場に立って、その時の子どもの気持ちをじっくり考えてみましょう。
そんな親の姿勢を感じると、子どもは「親に話して良かった」と思います。
「話して良かった」経験がある子どもは親を信頼し、何でも話すようになるものです。
逆に子どもが頑張ってダメな自分を見せた時に、頭越しに「どうして、そんなにダメなの」と言ってしまうと「親に話してもムダだ。
話さない方が良かった」となりかねません。


子どもの「辛かったこと」や「悲しかったこと」に共感することは、親から「ひどい思いをしている○○ちゃん。そんな○○ちゃんをいとおしく思う」というメッセージになります。
ダメな所も愛してくれている親になら、子どもは色んな事を話せるし、相談出来ます。
そして、どんなときにも、子どもを認めて、受け止める。
それによって親子の信頼が深まるとともに、子どもの中に、「これでいいんだ」という自信が生まれていきます。

大人も子どもも、毎日の生活では、嬉しいこと楽しいことだけではなく、辛いこと、悲しいことや惨めに思ったりすることもあります。
辛い、悲しいといった否定的な事は人に話しにくいものです。
しかし、そうした否定的な事も含めて、自分の色々な思いをそのまま口にする事は大切な自己表現の一側面です。
話すことで、改めて自分がどう感じたのかはっきりしますし、どう話せば相手に分かってもらえるかを考える切っ掛けになります。
子どもが話をしようとしているのは、自分を表現しようとしている時です。
その時は、余りこちらから根掘り葉掘り質問したりせず、まずはじっくりと耳を傾けてみましょう。
途中であれこれと口を挟むと、子どもの話す意欲を損ないかねません。

自分の話をしっかり聞いてもらう経験があると、悩みや言いにくいことも、だんだんと上手に伝えることが出来る様になります。
それにつれて、自分の中で気持ちの整理も出来る様になります。
否定的な事を日々周りに話す経験をしていないと、耐えがたいほど辛い事があった時でも、「自分で何とかしなくちゃ」と一人で頑張ってしまいがちです。
しばらくは頑張られても、抱え込んだまま、本当にどうにも出来ない状況になるとパンクしてしまいかねません。
やはり日頃から、子どもが何でも話せる関係が大切だと思います。

子どもの話を聞いてあげようと頑張る前に、大人であるあなた自身は、誰かに自分の話を聞いてもらえているか、振り返って見ませんか。
辛いこと、悲しいことに共感してくれる人の存在は、大人の私たちにとっても大切です。
でも、子育てや仕事が忙しくて、ゆっくり話してもいられない、状況かも知れません。
そんなときこそ、自分の中の否定的な感情を、誰かに共感してもらえたら本当に嬉しいものですね。
(みみずくの戯言)
   























14-171016-1


 サロン団談:「第三次中期戦略」の策定スタート

9月23日(土)、58号の会報発行後、来年度からスタートする第三次戦略策定の模索が始まる初回のキックオフである。
年度末までにビジョンを描き総会で決定し、これを基底にした年度計画によって、事業担当内容を決めて進める。
これがTCANの運営スタイルである。


全員の役員、関心あるメンバーがそろい、策定のプロセスを共有してつくりあげることに5年前から切り替えてきた。
今回は今年最初のサロン団談と重ね、「社会貢献と中間組織の役割―フリーディスカッションからの気づき・発見」のタイトルで開催を呼びかけたが、参加者は少なく、5名でスタートすることになった。

30分ほど、社会貢献と中間組織について話題提供をして、触媒の役割で誘導を試みる。

 果たして、社会貢献の社会という言葉は、いつ頃から使われるようになったのか。
社会に本当に貢献出来、それは実際として存在するのか。
そういえば、ボランティアという言葉もどうなのだろうか。
の発言が口をなめらかにしてくれた。

確かに、学生時代は文学部に社会学科があったが、社会という名前を架した講座は少なかった。
農村社会学、産業社会学の講座を耳にしていたので、身近に言葉は存在していた。

 政治の分野では、社会党が二大政党の一角を占め、東京都、大阪市、京都市、横浜市での革新系の首長が擁立された。
貢献につながるボランティアという言葉も大阪万博前後から耳にした言葉だ。
国立大学には社会と名前を架した講座は少なく、どちらかと言えば、キリスト教関係の私学にこの領域の研究者を発見出来た。
共同体が変質し人口が都会に流入する中で、1968年に国民生活審議会・報告書「コミュニティ~生活の場における人間性の回復」から地域社会という概念で社会を取り込み包括された動きがあったことも指摘されていた。


10年以上中間支援組織という旗印を掲げ、NPO法の2条の別表17の「団体の運営又は活動に関する連絡、助言、又は援助」をやって来た。
誕生の経緯から一緒にスタートしたサポートセンターとの距離を置いた活動から、10年近く経過する中で、今後の展開は身の丈に応じたサポセンとの棲み分けを意識した活動をめざしていく事も必要だとの話も上がった。

 そういえば、大阪ガスグループ福祉財団からの助成事業でAROUND60「シニアのための生活設計」の営業活動で高槻市内の企業周りをしたことを思いだしている。
固有の資産は活用すれば存在するのだ。

後半は、5年前に予測した2018/3を着地点にビジョンフレームについて感じた事を言い合ってみた。
確かに、「みんなの家」という連携運営の中で、餅つき、大掃除、避難民シェルターの支援、三針演奏ライブをやってきた。
単独では出来ない事を種々試みてきたことも貴重な資源である。
また、インターンシップの学生や、ジャズストリート、食の文化祭の事務局で、参加団体の引き合いで、ネットの拡がりがグローバルになった事も事実である。

 導入の部分で、30代の女性や若い職業人の意識の話をさせていただいき、職業を通じて社会貢献を感じるその傾向と重ね、50人を切ったメンバー構成からバラエティに富む構成メンバーの再生の可能性にも話は及んだ。
2時間の予定が時間を大幅に超えた。
話はあちこちに脱線、飛んだが、狙いとしてのフリーディスカッションの目的は果たし得たと思っている。
缶ビールを飲みながらの話し合いは、不思議と例え話に自分のことが出る。
その人の人柄を理解するのにいい機会を提供してくれてくれる。

 10月、11月の理事会でも、この話を重ねてみたい。
そして事業の振り返りとSWOT分析による予測等、策定の中身に切迫してみたい。
関心を寄せ参加される仲間が増すことを期待させていただく。
(MY)

*その後、Wikipediaでみると、英語のSocietyを「社会」と訳したのは福地源一郎。
人間の共同生活の総称。人びとが生活している現実の世の中。とある。
会話の中での牧口さんの「世間」発言に近いと思った。
    























13-171011-4


 言葉の力

言葉というものは、これまでの経験では不完全なものであり、実に曖昧なものである。
そういう言葉を様々に組み立てて、かろうじて、自分が言いたいと思っていることを表現している。
それは不完全ではあるが、この不完全なことが考える力を進めていると言えよう。   


言葉と絡まる精神の問題は、言葉の力の交換のみでは、幾何学の公理のようには割り切れないものだ。
しかし、その言葉の正確さをめざすことは大切で、この無限の正確さへの意志が、言葉を開拓して行くとも言えよう。
言葉を使用するとは開拓していくことと同義である。
そこには精神としての「自己」が存在するわけで、言葉の不自由な性質そのものが言葉の生命になる。

これまで自分を動かした動機を探ってみると、他人との間で交換した言葉を自分の考えに変換して動いているわけである。
こう捉えてみると言葉は単に伝達の手段であるだけでなく様々な形で考えを作っていることになる。

その言葉の文脈の存在は、それだけで存在するものではありえない。
それは何かの事象を表現する符号となる。
しかし、その符号は捉える人によって異なる性質を持つ。
文脈と言ったが、実際にはつながっている文節の事象を分割して受け取っていることなのだ。

例えば、他人に対しての態度を取って見ても、言葉で表現するときは「好き」か「嫌い」か「どっちでも無い」とかに分割して表現する。
異性を「友だち」か「恋人」かに分割する。
「どちらでも無い」というと無責任だと非難されることもある。
小さい子どもたちも「どっちか、はっきり言いなさい」などと親に問い詰められる経験を重ねて、言葉の分割を身につけていく。
言葉にはこのような「イエスかノーか」に迫る人間関係の契約関係をつくる手段として役立っている。


西洋人が主として言語伝達によって結ばれているのは、彼らの関係が個人主義的関係にある事を意味している。
それに対して、日本人が非言語伝達に多く依存するのは、その人間関係が契約的というよりも自他一体的である事を意味する。
ここで問題になるのは、言葉の分割といっても、どのように分割して言葉を使うかは人によって必ずしも同じでは無いと言うことだ。

同じ言葉を使っても、その文脈・文節・分割によって、意味が違って捉えられ様々な点で個人差を生み出す。
言葉が心を創る大きな素材だとするなら、それらの差は心の違いを作る事にもなる。
極端な場合、ある人が持っている言葉の心とも言うべきイメージで、他の人が持っていない言葉も存在する。

西洋人には日本語の「甘え」という言葉が無いと言われるが、そのために西洋人には「甘えている」とか「甘えたい」というような心が無いと言う。
西洋人にも日本人の目から見ると「甘え」という関係が無いわけではないが、それを自覚する事が出来ないのである。

 言葉を使っているという点では全ての人は共通しているけど、これだけの個人差があればお互いの食い違いは多いはずである。
確かに同じ言葉でも違った意味で使うために、人間関係が断絶してしまう事さえもある。

「生命は力なり。
力は声なり。
声は言葉なり。
新しき言葉は即ち新しき生涯なり」


 これは若き島崎藤村が、初期の詩集に記した序文の言葉である。
自分の言葉を探すことは、自分を強靱にしてくれる始まりなのであろう。
(みみずくの戯言)
    

























12-171011-3


 「自治体シンクタンク」は活用する側の腕次第

本年度第3回の定例市議会(6月22日)で、蒼政会の竹中健議員がこれまでにないユニークな一般質問をした。

 その骨子は二つである。

 一つは「自治体シンクタンク」の設立如何を問うもの。
 二つ目はエビデンス(科学的根拠)に基づく政策立案の必要性である。

 その背景は、少ない人員で行政業務の執行のレベルを質的に高めてシフトしないと、降り注ぐ環境からの課題は戦力的に対応出来ないであろうというものだ。
政策は未来へのものだ。
企業で使ってきたファクトファインディングの分析力に調査力が付加されないと政策力は身につかない。
それ故、エビデンスによるデータ分析力により未来を推定出来る、データサイエンティストを養成する必要性を訴えるものだ。



質問に対して「企画・計画外部委託に本年度は予算として約1億円が計上されている」とのことだ。
確かに、これまでの濱田市政は、内部や市民から創り出す方策を採らず、外部企画会社に丸投げ提案・採用の傾向である。
これを気遣ってだろう。
筆者も大いに同調だ。

いい質問だが、「自治体シンクタンク」は活用する側の腕次第である。
まずは市長が自治体シンクタンクの意義を充分に理解していなくては設置しても活用出来まい。
自治体シンクタンクには「政策牽引型」「人材育成型」「市民参加型」があるが、狙いは何かを明確にすることだ。
また、自治体内設置には、市長の選挙による交代も影響する。
これまで充分に機能せず廃止・休止・解散の事例を多くみるが、会議式に変容して継続している研究所もある。


その中で、しっかり地域に定着して展開をしているのは、行政と連携し大学と組んだ事例(草津未来研究所2010)か、公益財団法人に変更した(堺都市政策研究所1992)にやや救いを感じている。
組織内に取り込んでいるのは「とよなか都市創造研究所2007」や「三鷹市まちづくり研究所2002」がある。
この春オープンした尼崎市の「学びと育ち研究所2017」ともあわせ、近郊だけにじっくりその動きを観察することをお勧めする。

筆者が、TCANで、意識してきたのは、コミュニティ・シンクタンクの役割が果たせるかの模索である。
「PPPつながりたい」事業で、行政・議会に対しての意見要望、事例研究を重ねて、6年が経過してきている。

コミュニティ・シンクタンクとは「生活者及びコミュニティ再生の視点から住民の叡智や地域内外の専門智を結集して地域の問題・課題の解決を目指すコミュニティの現場からボトムアップ型政策形成を支援する地域に根ざしたもの」である。

 具体的には以下3点の役割、機能を持ち地域力の向上を支える機関としたい。




コミュニティにおける課題解決型の市民や市民活動団体をサポートする。現状の追認ではなく、持続可能な市民社会の実現をめざす




市民、市民活動団体、地域団体、NPO、あるいは議員、自治体行政をクライアントに想定し、特に住民らが主体となった問題解決のための調査や政策提言、事業に対して専門的な立場から支援する機関である




コミュニティに足場を置き、地域資源(人、歴史、文化、産業、自然等)を、理解し地域の潜在力を発掘し、自覚を促し市民自らが活用することを支援、様々な地域主体をネットワークする

まちづくり政策を模索するコミュニティ・シンクタンクの構想は如何なものか。
そのためにも外部の資源を取り込むことが必要であろう。
外部とは、先行している行政、議会の政策展開、大学や問題意識のあるNPO等の民間研究所の活動である。
調査機能と合わせ、それを絞り込んで特化する戦略的視点がいると想い入れている。
(MY)
    


















11-171011-2


 自分の行動が社会を変えるか?

自分の行動が社会を変える力になるか。
そう思う人と思わない人とで、社会参加の仕方は、どこかが違ってくるのだろうか。
手元に、古い新聞の切り抜きがあるので参考までにお届けしたい。
(1999/12/1朝日)

力になると「思う」人は、全体で41%。
性別で分けてみると、男性で47%、女性の36%より多い。
力になる男性は30代後半の59%を初め、40代50%、50代53%と働き盛りの多くが力になると考えている。
職業別にみると事務・技術職層が53%で他の職業層に比べて高い。
女性の力になると思わない人の全体55%は男性の45%に比べて多い。

力になると思わない人を年齢別に見ると、60歳以上で57%と高く、特に女性の60歳以上に限ると6割を超える。
職業別では農林漁業者層で66%と高く、主婦層でも54%を占めた。

 自分の行動が社会を変える力になると思う人と、思わない人の他の質問の答えと比べてみると、社会へのそれぞれの関わり方が浮かび上がる。

例えば、力になると思うで、社会の役に立ちたいという人は92%に達する。
このうち社会の役に立ちたいという気持ちが「大いにある」人は35%で全体の24%よりかなり高い。

 また、ボランティア活動を「した、している」人は、全体では30%だが、社会を変える力になると思う人に限ると36%、思わない人では25%だった。


 調査結果の分析から、自分の行動が社会を変える力になると「思わない」人の特徴として、ボランティア活動などの社会参加に、やや消極的だと言う傾向がうかがえる。
自分の行動が力になると「思わない」人が社会を意識するのは「家族」を通してが一番多く27%である。
社会貢献して「身近な人を支える」が43%を占めており、身の回りの事により目が向いている。

 一方で、「社会の役に立ちたい」という気持ちをみると、全体に比べれば少ないものの、74%が持っている。
社会貢献意識は決して低くは無い。
これらの人たちの社会参加は、家族の面倒をみることであり、身近な人を支えることだから、そのことによって社会を変えるという意識は無い。
時間があることもあって、今の時代は社会参加が変革に直結するということは無い。
結果的に実際の社会を変えていくのは、むしろ変える力を意識していないこうした人がひょんな事でトリガーになるのかも知れない。

ボランティア活動を「した、している」人は、20代前半で33%、20代後半で24%で、20代前半のボランティア経験者が多い。
ここ、数年大災害の影響を受けて学生の中にボランティアの動きが広がってきた。ボランティア元年の言葉が流布し、この世代はそういうことに関心の出始めた初めての世代ではないか。
ボランティアという特別な事と身構えてしまう世代と違い、この世代は自然に受け入れる人が増えてきている。

では、20代は何を通して社会の一員であることを意識しているのだろう。

 最も多いのは「職場」で43%、特に20代後半では46%と半数近い。
社会の役に立てるとしたらどんなことかと聞くと、20代では「身近な人を支える」42%、「一生懸命働く」の29%が多かった。
「一生懸命働く」は全体(29%)より高い。
若い人が「働く」事を通じて社会貢献しようとしている様子がうかがい知れ、ほっとした気持ちになる。

 17年以上前のアンケートであるが、本質は変わっていないと思う。
産業構造の変化や働く非正社員のウエイトが増え、Web情報が飛び交う時代になり、混沌とした貧困創出は、みんなで助け合うという、当たり前の事として、自分との関係を探る自耕の時代の突入を暗示している。
(みみずくの戯言)
    



















10-171011-1


「コミュニティ ー生活の場における人間性の回復(1968)」を読み返す

TCANの今年の「PPPつながりたい」事業が、「コミュニティ・レジリエンス」をテーマにスタートしたことは、既にお知らせしている。

 そのためには、10年前くらいに目を通した、表題の国民生活審議会・報告書を読み返してみることが必要だと、昨日やっとの事で果たし得た次第。
コミュニティという言葉が人口に膾炙する切っ掛けになった報告書である。
東京オリンピックが終わり、大阪万博が2年後に迫り、経済は高度成長にエンジン全開という時期である。
読み返してみて、45年近く経ったのに不思議と今日にも通じるものを感じる事ができた。
その数点の所感をお届けしておきたいと思う。
  









 人々の間に新しいつながりが必要であるとしても、それは人々の自主性を侵害するものであってはならない。
またかっての地域共同体にみたような拘束性をそのまま持ち込むものであってもならない。
現代市民社会は拘束からの自由と同時に参加する自由も保障するものである。
人びとはある時には孤独を愛し、他の時には集団的帰属を求めるものであるから、このような要求に対する開放性が必要である。
(コミュニティの概念P3)
















 かっての地域共同体は「伝統型住民層」によって構成されていた。これが崩壊していく現代を第2段階とすれば、ここには圧倒的な「無関心型住民層」が生まれ出ることになったのである。
次に来たるべき第3段階においては、生活の充実を目標として目覚めた「市民型住民層」に支持を受けたコミュニティが成立しなければならない。
かくしてコミュニティは古い要求自治的な意識を払拭し、正しい地域の自主的責任体制に基づく主張の場となり、今日われわれの日常生活の拠り所となって、現代文明社会における人間性回復のとりでとしての機能を確立しなければならないのである。
(コミュニティの現代的意義 P4)

 その後、モデルコミュニティ地区(3年間で100カ所、1971年)、コミュニティ推進地区(1983年)、コミュニティ活動活性化地区(1990年)と具体的な計画を展開し、コミュニティの区域をおおむねからたとえば小学校の通学区域、との変更もあったが、シビルミニマムとしてのコミュニティ施設に及び、今日のコミュニティセンターの構想が、解釈議論不十分のままに進んできたというのが、一般的な地方の自治体の受け止めのようである。
高槻でもコミュニティセンターの拠点が19カ所出来ているが、どんなことをしているかご存じだろうか







 われわれは文明の発展過程が逆に、人間から幸福を奪い取るような可能性に対して、どのように対処すべきかを真剣に考慮し、生活の場を快適な生命力にあふれたものにするために、自らの手でこれを築き上げなければならない。
コミュニティの形成は、このための不可欠な一つの手段であるが、このコミュニティ形成の原動力は住民の市民意識である。
(むすびP32)
  

これからのコミュニティは自主性と責任を自覚した個人及び家庭の生活の場を介して人間としての相互信頼の気分の上に、各種の共通目標を実現するための形成をめざすべきだろう。
5月の総会セミナー岡本栄一先生の「なぎさの福祉コミュニティ」を思い出した。

やはり読み返してみて良かった。
コミュニティ問題を議論し深めていきまちづくりの大きなエネルギーに変換出来るかどうかの議論のベースにこの報告書がある事を肝に銘じて置かねばなるまいと強く感じた。
温故知新は生きている。
(MY)
   















09-171008-2


 夏の終わりに・足元の風景

お盆が明けて、岡山の次男が2人の孫を連れて里帰りしてきた。
小2の孫は公文の宿題をやると意気込んでいる。
苦手な算数に行き詰まって、ともすれば息子に教えてもらおうと甘える。
息子はジジに、教えてやってと振る。
幼稚園の孫の娘は、今ダンスを習っていると盛んにスマホの音楽に合わせて踊ってみせる。
30年以上前の風景が蘇る。


朝6時半に、1000匹の鯉のぼりが上がる芥川の桜公園でのラジオ体操に参加する。
二人の息子が小学生の頃に毎朝付きあった行事が今も続いている。
所がびっくりしたのは50名近くの参加者がほとんどお年寄りだと言うことであった。
子どもはほんの5名だけだ。
第1・第2のNHKラジオ体操を久しぶりにやってみると、関節の節々ががくがくする。
孫の手前、少し力んだ性なのかも知れない。
参加者は川西側と殿町側に別れて体操するが、終わると建屋のプレハブから掃除道具を出してゴミ拾いをして、手を振って解散する。

 これは昔にない風景である。

 孫のお陰で近隣の付き合いの一端を知ることが出来た。      
川辺におりて、石投げをして水面を飛ぶ数を自慢したかったが、余り上手くいかなかった。
息子はやはり上手だ。
二人の孫も精一杯、平たい石を探して挑戦するが、川に入って遊ぶことに夢中である。
すっかりぬれてしまった。

居住する265世帯のマンション管理組合の自治会に、10名くらいでボランティアグループを立ち上げて高齢化が進む居住での自主活動を今年から始めている。
手探りの状態だが、やっとの事で、防災の話を聞き参加者でフリーディスカッションを試みることになった。

 防災日の翌9/2に、チラシ案内をし、市の危機管理室の加藤・山上さんの「家族と地域を守る自主防災、減災講座」を学び、その後二つのグループに分かれて意見交換を行った。 
30名近くの参加であったが、こんな機会を意識的に創り、まずは顔と名前を覚えることからスタートする事になった。
これまでの夏祭りや餅つきの行事にはない学びを入れた企画である。
地震と風水害に特化してのお話しになった。マンションの横が芥川である。
水害には外水氾濫と内水氾濫があるが、外水氾濫の影響被害は少ないだろうとの事だ。
地震の脅威は海溝型の東南海トラフは30年以内に70%の確立と脅かされるが、高槻には津波の影響はほとんどないとのことで安堵する。
問題は地震だ。
名神高速に平行して、有馬高槻断層帯が走っていることは知っていたが、震度7.3での直下型の発生確率は30年以内0.02%以内だそうだ。



 今回の、学習で参考になったのは避難情報が4種類だったのが3種類になっていたことである。
3種類は「避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)」である。
不安な混乱する状況ではシンプルなもの程、徹底しやすい。
これを、管理組合内で徹底浸透する工夫と訓練がいることだろう。

講座の後は、参加者が2つのグループに分かれ、自己紹介の後、講座の感想と「我が家の対策」を語っていただいた。
今後、の方向を目指すヒントも収集出来た。
月1のボランティアの集いを地道に繰り返し、お互いを知り合い挨拶が頻繁になり、人が優しくなる環境が生まれる。
やってみたいことを提案し、実施出来るそんな期待を持てた。

足元の生活圏でのボランティアに切り替えていく時期が来たと感じ入った夏の終わりの風景である。
(みみずくの戯言)
   






















08-171008-1


 お母さんの暖かい懐

子育てに一生懸命なお母さんほど、我が子に大きな期待を寄せてしまうことは当然のことです。
「この子はもっと出来る」という想いは子どもの自己肯定感を高め、やる気を引き出す大切な要素です。

しかし、何か一つの事ができるようになっても、比べる対象を更に高い所にもっていき、「もっと、もっと」と上を望み続けていけばどうなるのでしょうか。
どんどん子どもを見る目が厳しくなって、期待しすぎる余り、子どもが本来もっている良さを見落としてしまい、伸びる芽を摘んでしまう恐れも出てきます。
時折、肩を抜いてみて、子どもの日々の言動を一つ一つ思い出してみてはどうでしょうか。


 大人の「当たり前」が、子どもの成長の証である事が多いのです。

例えば、子どもが毎朝、「おはよう」と言って起きてくる。
元気に登校する。
学校行事に楽しく参加する。
友だちと遊ぶ。
宿題をして明日の準備をする。

 当たり前の日常ですが、子どもは最初から出来ていたわけではないのです。
生まれたての子どもと対面したとき、壊れそうな小さい手を握り、生命の素晴らしさを噛みしめたのを思い出してください。

いま、その子は一人で走り回れるようになり、毎日笑い、元気に友だちと遊んでご飯をしっかり食べるようになっている。
お母さんはこのことにもっと感動し、子どもを褒めてあげて良いとと思います。

家事や子育て、あるいは仕事などで忙しい日々を送っていると「当たり前」が続いていくありがたさを時として忘れてしまいがちです。
子どもは精一杯努力し、色々なことが出来る様になっていきます。
親はそこでいったん子どもを認め、褒めてあげることを忘れてはいけません。
それをしないで、さらに親が上を望めば子どもは努力が報われない気持ちになって、次第に失望感を抱くようになるでしょう。

親に「認められている」という気持ちが、子どもの喜びから自信になり、更に挑戦へとつながって行くのです。
時には、子どもの態度や言動がいつもと違っているのを感じる事があると思います。
学校から帰っても会話が少ないとか、何をしてもうわの空だったり、ふさぎ込んだら親としても心配でたまりません。
どうしたのか、学校で何があったのか、ついつい質問攻めにしてしまうことはないでしょうか。

そのようなときは、焦らずゆっくり子どもの気持ちを解きほぐすように関わってください。
まだ、感情を言葉にするのが難しい事もあるからです。
少し語りかけても子どもが話したくないようでしたら、黙って側で寄り添ってあげて下さい。

 子どもは成長と共に、少しずつ社会に羽ばたいていきます。

様々なことにチャレンジし失敗も経験もします。
お友だちに自分を理解してもらえず、大きな葛藤が心に生じる事もあります。
そのようなときは、悔しさや残念さ、辛さや悲しみを共有し、次はどうすれば上手くいくか、その方法を一緒に考えて下さい。
決して「だから、お母さんは駄目だっていったでしょう」「ほら、みなさい」などと子どもを否定する言葉は投げかけないで下さい。

子どもは、既に残念な気持ちや挫折感、悔しさを充分感じています。
そこで親が追い打ちを掛ければ、子どもは新しいことや更に高度な事にのぞもうとしなくなるばかりか「自分の居場所がない」と感じます。
例え些細なことでも、子どもが傷ついた時は、親は、「心と身体を休める暖い懐」になってあげて下さい。
(みみずくの戯言)
   






















07-170908


ボランティアで支える民生委員制度

 手元に、民生委員制度創設100周年記念全国モニター調査がある。
1917年に岡山県で「済世顧問制度」がルーツの全国民生委員児童委員連合会が100周年を記念しての珍しい調査報告である。

 調査は昨年7月~9月に掛けて全国の民生委員23万1551人を対象に実施し、20万750人(87%)の回答を得ている。
3年間の任期中に社会的孤立の世帯を担当した事がある民生委員は、5万3454人(27%)で、最も対応が困難だった対象者について分析しているユニークな内容の第一次報告である。

 民生委員の在任期間別で見ると、1期目21.5%、2期目26.9%,3期目27.2%、4期目30.8%、5期目以上32.3%で在任期間が長い委員ほど、支援経験のある委員の割合が高くなっている。
支援当事者には高齢者(75~84歳、28.1%)が多く、そのうち就労している者は、6.5%、年金受給者が48.2%である。
経済状態に関しては、生活保護を「受給している」15.5%、「受給していない」51.1%であった。
年齢階層別に見ると30~64歳の層で約25%が生活保護を受けている。

 社会的孤立状態にある世帯が抱えている課題、困りごとを選択肢として提示し、選択して(制限なし)で答えて頂いた。
その結果、「身体的な病気・けが」が34.1%と最も多く、次いで「認知症」「近隣住民とのトラブル」であった。
また、「引きこもり」やいわゆる「ゴミ屋敷」もそれぞれ9千世帯近くを数えている。
社会的孤立状態では、複数の課題が複合的に発生しやすいと考えられる。
どのような組み合わせでの発生頻度が高くなっているかを見ると

・働く意思・教育を受けようとする意思がない × 引きこもり
・依存症(アルコール・薬物) × 身体的な病気・けが
・自殺企図 × 精神的疾患・精神的な病気・けが
・高齢者虐待 × 認知症   ・刑余者(刑務所出所者等) × 身体的な病気・けが
・非行 × 知的・発達障がい、精神障外(疑い含む) 
*以上の組み合わせで高くなる。

 民生委員がその世帯の支援に関わる事となった契機としては、「近隣住民、自治会・町内会からの相談」が最多で、次いで「民生委員自身の訪問による発見」「本人・家族からの相談」であった。
一方、民生委員は住民の課題解決の「つなぎ役」といわれ、当事者支援のために「つなぎ先」があったか否かを尋ねているが、「つなぎ先があった」71.4%、「なかった」7.5%、無回答21.5%である。
つなぎ先があった場合に、つなぎ先の専門機関等が支援を実施したか否かを尋ねているが、「実施した」82.4%、「実施しなかった」7.5%であった。

 調査時点で、当事者およびその世帯が抱える課題がどうなっているかを尋ねている。
無回答を除き、課題や困りごとが解消した「解決」22.5%、課題・困りごとが軽減した「改善」が32.0%である。
民生委員児童委員は、民生委員法・児童福祉法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された地域福祉向上のためのボランティアである。
高槻市では定数541名で、その内500名は地区を担当する委員。
41名(小学校区に1名)は、児童を専門に担当する主任児童委員です。
民生委員児童委員協議会による、高槻版の調査が進み、他のボランティア機能と連携の取れた動きになればと期待は大きい。(MY)





























06-170908


本とのホントの出会い

 議会の傍聴で時々お見かけする中野靖子さん(高槻にみんなの図書館をつくる会)から115号の会報が届いた。
それによると高槻市の市民一人当たりの貸し出し数は年間8.9冊(平成28年図書館年報)で、近郊の茨木市12.8冊、箕面市12.3冊、吹田市9.6冊、からくも豊中市の8.6冊を超えた数字をカウントしている。
その利用者の内実が問題だ。
61歳以上が31%、小学生の保護者に相当する31~40歳は12%、そしてヤングの世代6~12歳12%、13~15歳3%、16~18歳1%、問題は中高校生にある。
他の市の中高生の傾向はどんなものか。

 国の法律に基づき、それぞれの府県は第3次子ども読書活動推進計画を策定している。
大阪府と熱心な滋賀県をひもといてみると、さすが大阪よりも滋賀のレベルが高い事は検索する前から予測出来ていた。
滋賀の場合、具体的な数値が上がり、押さえどころがシャープである。
基本方針の(2)に家庭・地域・学校を通じた社会全体での取り組みや公立図書館等の連携、小学校80.0%・中学校50.0%・高等学校75.5%に意欲を感じ取れる。
大阪の場合、平成27年のデータだが全国学力・学習調査では「読書がすき」と答えた小6は47.3%、中3では37.9%で、全国平均を下回る、図書館との連携は上がっていない。
問題解決の分析視点の差を感じ取れるが、これでは市町村に浸透して進めるインパクトにならない。

 そんな折、朝日新聞の8月24日の一面に、「街に書店ゼロ、全国420自治体」の報道が目にとまった。
書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えているというのだ。
出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区の2割強を占める。
全国の書店数は1万2526店で、2000年の2万1654店から4割も減った。
人口減や活字離れがある他、書店の売り上げの6~7割を占める、雑誌の市場規模は10年前の6割に縮小。
紙の本の市場の1割を握るアマゾンなど、ネット通販にも押され、経営者の高齢化やコンビニの雑誌販売等も影響している。

 日本出版インフラセンターの調査では、過去10年で299坪の以下の中小書店は減少したものの、300坪以上の大型店は868店から1166店に増加、大型化が進んでいる。
町の書店は子どもが絵本や児童文学を通じて活字文化の魅力に接する場であり、ネットが苦手な人の情報格差を埋める機能であろう。

 筆者の経験では、街の本屋はホントの本に偶然に出くわすチャンスを与えてくれた。
田舎の工場に赴任の折りは、まだインターネットのない時代でもあったが、必ず出入りの本屋を見つけて親しくしていただいた。
「こんな本が出ましたよ、MYさんならこれだと思いましたよ。」ついその勢いで購入したものもある。
又、待ち合わせ場所に使ったり、人に会う時間調節を書店で、売れ筋の話題を掴んだり、雑誌の特集を拾い読みさせていただいた。
こんな所からの偶然発見したホント の本が書架にいまでも並んでいる。

 書店は紙の本との心ときめく出会いの場なのである。
町の中から書店が消えることは、それだけ本に親しむ環境が消えていくことになり、町の知的・文化レベルは活字離れの市民を想起することに成るだろう。
本好きな者には極めて寂しい現象なのだ。
本の好きな人が増えることは、考えることの好きな人が増えることだと思っている。(MY)





























05-170908


「街」と「まち」と「町」の視点


 「まちづくり」という言葉がある。高槻市の戦略プラン10カ年計画でもこの言葉は溢れている。
住まいや住まい以外の建物群や、道路、緑地、公園、調整池などのオープンスペースといった人間の居住環境をソフト、ハード共に良くしていこうという取組に使われる。
所が、「まち」の表記の仕方には大きく「街」「まち」「町」の三種類があり、それぞれ異なるニュアンスで使われている。

 「街づくり」は主として建設系の行政用語と関連して用いられることが多い。
いわば「官」が責任を持って主導するタイプの地域形成だ。
特に土木事業系のまちづくりによく使われる。
きっちりと立派なインフラが行き届き、地域の骨格がしっかりしていて、ちょっとやそっと変な建物が建っても、地域全体の仕組みや景観には揺るぎがない、そんな地域の形成のされ方を志向しているような言葉として使われることが多い。

 一方で、「まちづくり」は、「民」の立場、中でもただ漫然と消費者として日常生活を送っているのではなく、意識的に、能動的にまちの課題を発見し、解いていく立場の人々によって使われることが多い。
この言葉は1970年代に巻き起こった公害問題や日照権問題等々の日本の地域づくりの民主化運動が展開した際に一般化したのではないか。

 官製の「街づくり」でもなく、それまでの普通の「町づくり」でもなく、第三の道としての市民活動が「まちづくり」として意識化されたのであろう。
この言葉はやがて、行政用語としても採用され、現在では「まちづくり推進課」と言った看板を、役所の中に見かけるようになった。
勿論、「街づくり」と「まちづくり」の表記法を意図的に使い分ける場合もあれば、ただ単に漢字変換の際に出てきたままに使っている場合もあるだろう。

 所が、「町づくり」を意図的に使っている場合はあまりないのである。
この「町」は恐らく、公的建設行為を通して実現すべき「街」でもなく、民主的にボトムアップ的に創っていく「まち」でもなく、ただあるがままの自然的に誕生する「町」を意味すると、漠然と考えられているのではないか。
勿論、語源的には地域を1丁目ごとに100メートル四方に区切り、都市の中の一つの単位として町を創っていく建設行為的な意味がこの漢字には込められているのだが、現在ではどちらかと言うと「街」の方が、建設行為的な意味合いが強いのではないかと思う。

 一般に、町というのは、山奥の農村の一部に散在する居住環境とは対比的に、住宅の集まる密度がやや高めで、住宅以外の、例えば酒屋や雑貨屋、コメ屋等が入り交じった場所を指すのだろう。
いわゆる「町場」「町屋」を指す言葉だろう。
めざすべきある状態に向かって、官や民が意識的に歩を進める「街づくり」や「まちづくり」と言うよりも、いつの間にか町が自然にできあがっているような状態を言うのだろう。
余りにも都会化が進みストレスが過剰になりつつ、人口が減少に向かっている。
都会では空き家が目立つようになってきた。
コミュニティを求めて、人間がそのライフステージに合わせて住み替えをしていく。
そんな時代になれば、自己の生き方の表現を居場所の中でデザインしていく、「町」が誕生していくことも不思議ではない。
居場所として捉える「町」の概念が創生されつつあるのだと考えるが如何なものであろうか。
(みみずくの戯言)






























04-170908


「第4回クラフトカフェ」に思う

 TCANの昨年の理事を担当された高橋さんがフジワークの松本さんと企画して進めてくれたクラフトカフェが4回目を迎えた。
これまで毛糸の寄付があるからと言う単純な動機で始まったが、やってみて思うには、上手く企画しタイミングを考えると、特に幼児期の子どもを抱えている母親には、フイットする事を学習出来た。
これまで、50人以上の母親と子どもが参加しTCANの今後の事業企画のヒントを与えてくれた。

 今回は、NPO法人アジア子供支援フジワーク基金の松本さんに工夫・努力をいただいた「コケ玉づくり」である。
ポスト・クラフトカフェをめざし女性3名と「家庭教育」の切り口で事業を模索している。
思い切って唯一の男性としての参加であった。
昔、良く農家で盆栽趣味のお家を訪ねると軒先に、格好のいいコケの盆栽が風鈴と共に目に飛び込んできた想いが蘇ってきた。

 乾燥コケを単純に水で戻し、プルプルした多肉植物を軸にして、盛りつけ堅め、それを毛糸でぐるぐると巻き固定するという極めてシンプルな作業で、アクセントに小さな旗や人形をあしらえば完成である。
2つばかり創ってみたが結構楽しかった。
決して女性のみの参加ではなく、父親も加えた家庭ぐるみの企画としても実施出来よう。

 今回は奥田さんの3世代、高橋さんの二人のお子さんが参加されていた。
できあがったものはやはり生き物だけに、いのちを感じとれる。
一時流行った「たまごっち」の人工的なものよりはるかに自然を感じ取れるところがいいところだ。
3日に1回程度の餌に相当するお水をやっているが、何か気になる存在になり、毎朝必ずのぞき込んでその力強さに感嘆している。

 平成25年に高槻市民対象の社会調査を関西大学総合情報学部が行っている。
240頁にわたる、学生実習の報告書は、貴重な視点を届けてくれる。
その報告書に被せて、思うことを述べると、クラフトカフェに参加された方は30歳と40歳が中心である。
近所づきあい、地域で親しくしている人の割合が少なく、ボランティアの参加には気が向かない世代である。
しかし、子育てには没頭せざるを得なく時間に追われている。

 意外とこのような作業を通して、切っ掛けが出来、世間話に拡がることがこれまでの経験で解ってきた。
家族で参加されると、この話題が家族の共通の資産として蓄積されよう。
学生のまとめた「地域住民同士のコミュニケーションがボランティア活動の参加を促進する。そして、ボランティアを地域住民と楽しくコミュニケーション出来る場所として位置づける事が重要だ」のくだりに合点がいく。

 TCANの「PPPつながりたい」では本年度の目指す方向として「コミュニティ・レジリエンス(回復)」をテーマに議員さんを加えて6会合を計画している。

 ここで考えていることは、「都市化が進めば、一見自由な意志が拡大するように見えるが、逆説的に生活諸条件の共同利用や地域の資産の価値の維持に関して利害関係を感じるようになる。扉を閉ざせば外部から遮断された自由な世界が確保されているように見えて、実際には、その逆で騒音やペットの飼育、ゴミ出し等、高度な社会性が求められる住まい方を必要にしているのではないか。それがストレスになる」の諸点である。
それぞれの活動が連携したものに深まっていくこととしてクラフトカフェは何かを発信しているように思えてならない。
良い体験をさせていただいた。(みみずくの戯言)





























03-170908


アナログとデジタルの調和を!


 4年前、中高生のインターネット依存を調査した厚生労働省が、「依存傾向にある子どもが約52万人いる」と発表して、親たちを不安にさせた。
成人のインターネット依存傾向についても約320万人と発表したのだが、こちらはかすんでしまったようだ。

 当時は20代、30代の若者にスマホが急速に普及していた。
今は、デジタル端末がすべての世代に浸透しており、その効用とともに弊害も認識されはじめ、デジタル・デトックスの必要性が指摘されている。
デトックスとは解毒のことで、行き過ぎた「デジタル生活」を見直し、アナログとデジタルのベストミックスを探ろうというものである。

 ネット依存になりやすいのは一番にゲームだが、空気に敏感な日本人はSNSを始めると辞められなくなり、依存傾向になりやすい。
特にコミュニケーションにたけた女性に、その傾向が強いという。
ある新聞の人生相談欄に、「母親がスマホばかり触って家事をしないので、家族が困っている。どうしたらいいか」という。女子高校生の相談が載っていた。
夫がゲームにはまり、子育ては妻任せという相談もある。

 ネット依存にならないためにも、まず自分がデジタル端末とどう付き合っているか、自覚することが大切だ。
SNSやメールなど自分のアカウントを全て書き出し、日に何時間アクセスしているか、メモしてみるのだ。
そうすると待ち時間や移動時間のほか、手持ち無沙汰な時にも投稿やメールチェックをしているのに気づくだろう。
また検索のついでにネットサーフインすると、1~2時間は過ぎてしまう。
インターネットは時間泥棒である。

 そこで、生活のデジタルな部分を適宜、アナログに置き換えてみよう。
例えば起床は目覚まし時計にする。
メールの確認は日に2回とし、代わりに電話したり、実際に会いに行ったりする。
また、手の届くところに端末を置かない。
寝る2時間前にはスマホやパソコンの電源を落とす。
これだけで、だいぶ違うはずだ。

 そして、生活にアナログを、例えばジョキングや読書、趣味、人に会うこと等を組み込んでしまう。
電話を一本すれば済むところを、メール文を考えて時間を浪費したり、上手く伝わらず誤解を招いたりすることがある。
微妙なニュアンスは、肉声や表情の方が良く伝わる。
面倒がらずに電話したり、実際に会ったりすれば、玉突きのように人との出会いが広がるのも、アナログの魅力である。

 一日を終えて就寝前にスマホを触ると、疲れた身心を癒すどころか、かえってブルーライトの影響で寝付きが悪くなり、睡眠の質を低下させる。
子どもであれば、親が注意する所だが、大人には誰も注意してくれない。

 デジタル・デトックスツアーや瞑想が静かなブームになっている。
前者はガイドに端末を預かってもらい、自然の中で五感を研ぎ澄ます。
また地図を検索しないで、地元の人に尋ねながら目的地にたどり着く。
電車を使わず数時間、歩くのもいい。
人や自然と触れあうことで、思いっきりアナログな環境を楽しむのだ。

 瞑想は、グーグルやフェイスブックのようなIT大手が取り入れることで話題を呼んでいる。
瞑想では、自分の呼吸に意識を集中させる。
瞑想は記憶を司る海馬の領域を広げるので、認知症予防にもなる。
テレビが日常生活に浸透し始めたころ、高槻出身の太宅壮一が「一億総白痴化」だといったが、これに今ではデジタル端末が加わっている。(みみずくの戯言)





























02-170908


社会福祉協議会のボランティア


 社会福祉協議会がボランティアを実施されてから、随分と時間が経過している。
発足時前には確か善意銀行・奉仕活動センターの名称が課されたことが印象にある。

 平成4年頃に、大病を患い1ヶ月半ほど入院生活を余儀なくされた。
その後、何か自分を変えるチャンスにとグリンプラザの3号館を訪れ、ボランティア登録をした事が思い出された。
行政との関係が深く、大事な地味な役割を果たしている。
今後は超高齢社会に伴い、介護の周辺や見守り生活支援の役割が増えてくると予測している。

 この時期に、最近の動きを知りたく、二つの研修会に参加する良い機会を与えられた。
それは「ボランティア入門講座」「生活支援サポーター養成講座」である。
高槻の社会福祉協議会は別称、ボランティア・市民活動センターという。
ボランティアの実態は、個人登録ボランティア132名、登録グループ75団体、災害協力ボランティア16名、生活支援ボランティア130名とのことである。

 ソーシャルキャピタル研究では、このボランティアと出生率、犯罪件数、就職率等の相関関係分析をしているが、ボランティアにつながる人が増え、ボランティアマインドに溢れたまちは、やさしさが溢れるまちになることは間違いあるまい。
その内実はボランティアを要請する施設と、活動希望を上手くマッチングさせていく役割だが、年間300件位が実績である。
施設(高齢・障がい・保育等)での演芸、施設でのバザー・お祭り・お花見の手伝い、各種イベントでの子どもの見守り、施設での日常生活支援(話し相手・シーツ交換)、手話・朗読・傾聴で、災害協力ボランティアは、災害発生時に市との協定に基づき、災害ボランティアセンターを立ち上げる。
その運営及び被災者支援を行うために、事前訓練を行っているとのことだ。

 高槻市では「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」の実施が、4月から始まった。
これを総合事業と言うが、市が中心になって、地域の実情に応じ、従来のサービスに加え、多様な主体の参画による多様なサービスを提供出来る仕組みに、生活支援ボランティアは組み込まれることになる。

 どんどん進む高齢者対策の中で、介護保険は破綻寸前の所まできている。
併せて、地域コミュニティの中でも、この視点で自治会の変革が期待されねばなるまいが、自治会長の70%近くが1年限りの体質では難しかろう。抜本的な手を打つ必要がある。

 高槻のような田舎都会は、それぞれの地域コミュニティは多面的である。
一律に決めつけた規則の徹底は難しいし、意欲の自主性は発芽しにくい。
自分たちの地域を掘り起こし、みんなで耕すことの中でしか、ボランティアマインドの誕生は難しいものだ。

 行政マネジメントの遂行は、縦型で法体系もそれに準じる。
それ故、ボランティアの切り口で概見すると、行革の推進と伴って、福祉、教育、環境、防災、交通、青少年活動、等それぞれの末端に、多少の差があるがボランティアの存在が含まれる。
NPOとしての専門性の進歩も企業市民としてのボランティア活動の兆しも目覚めつつある。
市民参加という言葉は耳にするが、まだ行政参加という言葉は余り届いてこない。
ボランティアを本気になって取り組まねば、まちづくりに支障が発生する事は現実であろう。
さて多面的なボランティアを横断的にエネルギーにしていくトータルな政策を考える時期だと再確認させられた良い機会であった。

 講師陣に大阪ボランティア協会の椋木美緒さんも加わっていた。
言葉を交わす機会に恵まれ、嬉しかった。(MY)





























01-170908


人間・可能性

 頑固な人というのが居る。
自分の信念を曲げない、やたらに人に動かされない人をいう。
そして、そう言う頑固さはある意味では立派である。
他人から何かを言われると、そうかと思い、あちこちにふらふらし続ける生き方に比べれば頑固な生き方は、毅然としているように見える。

 しかし、頑固というのは、ともするとしばしば他人の言うことを絶対に受け付けない、ということでもある。
人の言うことを受け付けない、というのはどういうことか。
それは「こちら側の自分」を閉じられた動かないものにしてしまっている。
「もうひとりの自分」を作ること、あるいは「もうひとりの自分」の声に耳を傾けることをしない。
頑固な人にとっては「こちら側の自分」は絶対である。
「こちら側の自分」の中に用意されている回路のパターンにはまらないような記号を受け付けない。

 人の心というものは、「こちら側の自分」と「もうひとりの自分」の間を行き来する。
「もうひとりの自分」は、具体的な他人から受ける刺激によって形成されることもあろうし、また、人間の記憶の中に蓄えているものが、ふと顔を覗かせる場合もあろう。
しかし、いずれにせよ、自分中にある二つの部分ないし側面を往復するのが人間の心というものだろう。

 そういう、事情を念頭に置いて、頑固な人間あるいは「こちら側の自分」が変化しない人間というものを考えて見ると、それはピストンが錆び付いた状態に例えることが出来よう。
其所では往復運動は停止してしまっている。
停止していないにしても、ピストンの動きが不規則で一方的に固定してしまっている事が多いのである。

 これまでのことを親しんでいる人間関係という言葉に置き換えてみると、結局の所二人の問題という事よりも、むしろ、一人の人間の内部での「こちら側の自分」と「もうひとりの自分」との問題である。
この二つが、相互に刺激を与えながら、常に自分の枠を拡げていく過程、それが人間の可能性を広げる所以だろう。
ピストン運動の錆び付きは、そう考えてくると、人間関係を難しくする最大の障害であるといって差し支えない。

 錆び付きが発生すると言うことは、それぞれの人間にとって不幸なことだ。
どちらの極に片寄るにせよ、「ふたつの自分」のうちの一つに心が膠着してしまったが最後、その人間の心は進歩することがないのである。
ひとりの人間の心の進歩というものは、結局の所「ふたつの自分」の間の活発な会話から生まれる。
その会話によって、自我が変わるからこそ人間関係は人間にとって大事なのだ。

 人間の可能性は可塑的なものだ。
今日の自分はもはや昨日の自分ではない。
少しづつ人間は変わる。
厳密に言えば昨日の自分は他人である。
しかし、どうでもいい、とにかく変われと言うのではない。

 人間関係が大事なのは、単に相手と仲良くするためではない。
相手とうまくやっていくという意味での人間関係なら誰だって出来る。
ニコニコしていればよいのである。
人間関係の本当の問題は、それが自分の可能性をどこまで飛躍させてくれるかという問題である。
(みみずくの戯言)





























20-170901


「SDGs/持続可能な開発目標」を意識してみる

 SDGs(Sustainable Development Goals)/持続可能な開発目標という言葉をご存じだろうか。
アメリカのトランプ政権のパリ協定離脱等の不信感、北朝鮮の突出した威嚇行動、果たしてグローバルに世界は協調して事に当たれるのか。
文明の衝突はこれによって解消の方向に向かうのか。

 SDGsは2015年9月、国連持続可能な開発サミットにおいて、150を超える加盟国首脳の参加の下で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた17の大目標(Goals)と169の小目標(Targets)からなる「持続可能な開発目標」のことで、16年1月1日に正式に発効した。
実は、この発足の前には伏線がある。
2001年に実現した国連「ミレニア開発目標(MDGs)」だ。
それは2015年を目標に8分野の目標を掲げた。
貧困の撲滅と途上国の債務問題に取り組む事が主眼で、具体的な数値を導入した事で、わかりやすさにつながった。
例えば、1日1.25ドル未満で暮らす90年の約19億人から、15年には約8.4億人人となって成果を上げている。
ユネスコではESD(持続可能な開発のための教育)が行われ、日本でも推進拠点のユネスコスクールなどを中心に、地域ぐるみの学びに繋がった。

 注目すべきは、SDGsの全体目標が「Leave no one behind~誰一人取り残さない」であり、目標達成の主体は各国の「全ての人」で「その力を結集」して取り組むとうたわれている事だ。
つまり、私たち一人一人が目標達成の主体なのである。
だとすると、どうやって「自分ごと」にできるのか、私たちが問われることになる。

 日本政府は2016年5月に、安倍首相を本部長とする推進本部を設置し「持続可能な開発目標(SDGs)実施方針を決定した。
SDGsは、国際的な目標だが、強制力のない国連の決議で、実行計画や予算も規制もない。
それ故法的拘束力はなく、各国の自主性に任されている。
SDGsをやれば得なのか、やらないとリスクになるのかも解らない。

 日本では、国際協力機構(JICA)の展示スペースの一階に、国別のパネルを差し込むと、スクリーンに目標達成に向けた進み具合を色で示す展示がある。
日本のスクリーンでは、達成にほど遠い事を示す赤色が、貧困やジェンダー、気候変動対策など7分野で示される。

 まだ始まって間がなく、NPOと直接連動することは予感の段階であろう。
それにしても行政からのプッシュは予想外に働くことだろう。
グローバルな展開を目指している国際企業には、この締め付けは厳しくなることは予想されよう。
アメリカのトランプ政権が出来ない例として足を引っ張ることも予測出来よう。

 この、秋口からTCANは第3次中期戦略策定をめざすが、TCANが地域の中間支援機能を特異とすることと重ねるなら、ネットワークとの性格からして、Partnershipは、益々意識した活動になる事だろう。
これまで6年間の「PPPつながりたい」の活動がその線上にある。
大目標の17「パートナーシップで目標を達成しよう」ではその小目標、17-4「持続可能な開発のための政策の一貫性を強化する。
17-17「様々なパートナーシップの経験や資源戦略を基にした効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する」を絞り込んで、研究する事も必要になろう。
バラバラな行政の動きを方向付ける政策提言、それぞれのNPO活動を結集する活動もめざさなければなるまい。
大目標の4「質の高い教育をみんなに」、11「住み続けられるまちづくりを」もTCANの事業展開によっては力点を置かねばならぬ領域なのかも知れない。(MY)

*参考ウオロ2017/6・7号はSDGsの特集である。
読んでみたい方みんなの家に。





























19-170828


死の受容を超えて―日野原さんの死から

 人には様々な生き方があるように、様々な死に方がある。
事故死や心臓麻痺などの急性死もあれば、がんや肝硬変による死のように、徐々に死を迎える場合もある。
急性死のように、本人の苦しみはほとんど無いが、心の準備のない家族にとって、死後別の悲しみは強く、死を受け入れるのに時間がかかる。

 7月18日、医師の日野原重明さんが亡くなった。
高齢者にいつも勇気を与え、そして子どもたちにも「いのちの授業」を通して、メッセージを送りつづけられた。
生きることの素晴らしさを体現して見せ与えつづけ、自分自身もまた何かを絶えず習得しよう志していた。
それ故に、いつも若く「今」を生きたのだろう。

 死の受容という言葉がある。
死を受け入れることは、勿論難しい。
しかし、絶対不可能とは思えない。
しっかりと死を見つめて、あきらめではなく、死んだ本人から死を受け入れて勇気をいただくことはしばしばある。
日野原さんの死からはそれを完璧な形で感じ取れる。

 死の受容の難しさは、かなり年齢に関係があるようだ。
大人が持っている死の概念を持つのは、9才頃と言われている。
それ以前の子どもの場合には、死は睡眠のように一時的なもので、死人は一定の時期が来れば、また生き返ると思っている。
小さな子どもの死のケアは、子ども自身よりも親に向けられる。
特にこの子をこんな病気にさせてしまったのは自分の性ではなかろうか、と思っている親の罪意識に対する配慮が大切になる。

 思春期の死は、大方の想像とは異なり、案外、死を受容しやすい。
17才で白血病のため亡くなった本人よりも、母親のケアの方が大変だったと聞く。
老人の場合は、死を受容しやすいことは想像が付く。
特に自分のするべき事と思う事をなし終え、子どもたちも独立しているような場合、死はそれほど受け入れがたいものではあるまい。

 死の受容が最も難しいのは、壮年時代である。
子どもはまだ小さいし、この世ではまだまだしたいこと、しなければならないことが沢山ある。
ある中年の方は、「こんな年でこんな病気になって・・・、これでは死んでも死にきれません」と言う。
「死んでも死にきれない」とは、考えてみると妙な表現だが、この世への執着の強さを表現したものだろう。

 年齢によって死の受容の難しさが異なる一つの理由として、人間関係の拡がりが考えられる。
壮年時代は、社会的にも最も責任を伴い、深い人間関係が広がる時期である。
それだけに壮年者が死を自覚したとき、別れを告げなければ成らない人は非常に多い。
その分だけ死の受容は難しくなる。

 一般的に筆者のような老人の場合、人間関係の範囲は狭くなる。
すでに社会の第一線から退いており、友人も少なく、人間関係の拡がりはせいぜい身内と親類に限られる。
つまり、別れなければ成らない人々が少ない。
自分のするべき事はしたという気持ちと共に、この人間関係の狭まりが死の受容を容易にしているのかも知れない。

 年齢の如何を問わず、人の死は周りのものに悲しみを与える。
しかし、その人の生を支える上で、その人の人間関係の拡がりを配慮に入れておくことは重要な事だろう。
人は人との関係の中に生き、人との関係の中で死んでいくからである。
それにしても105歳の葬儀に4000人の弔問者が集うことは想像を絶することで栄光ここにありと思わずにいられない。
ご冥福を祈りたい。(みみずくの戯言)

*日本基督教団元町県庁横の栄光教会・元牧師が日野原さんのお父さんでした。





























18-170828


ポスト・クラフトカフェのサロン団談

 集まってお喋りをする、肩肘の張らない会合をめざして12~3年になる。
ルーツはTCAN設立後の2年目からである。
まずは仲間のことを知ろうと「交流サロン」と名付けて西大冠小学校の公益サポートセンター(現・分室)で、始めたことを思い出す。
第1回目は「私の思い・宮津センター長」であった。

 その後、その名称は「ルネッサンス塾」「まちづくりルネッサンス塾」そして「サロン団談」と変遷したが、通算すると100回を優に超える集いをやって来た事になる。
それを率いてくれたのは、日比・鍵谷さん、山下で、本年度からは飯村さんも担当理事として加わった。
TCANは中間支援組織を特徴としているので、内を固める場としての情報収集、そしてそれによる外の情報を吸収。
また他の団体が実施するテーマ会合を観察しつつ、話題を絞って行政への働きかけを意識的に担おうと位置づけてきた。
単なる表層的な話題提供にだけはしたくない想いは今でも強い。

 さて本年度から、ネパールやシリアのイベントでも活躍いただいたた高橋さんが外れ、クラフトカフェのその後をどうするのか、一緒に尽力いただいた松本・岩倉・奥田さんを加え山下・藤田が加わって、共通認識に立つことからの再スタートを試みる。

・夏休みとか、午前中の子どもを預けている時間帯での限定した企画であった
・たまたま、フジワーク子ども基金に毛糸のストックがあった
・高橋さんが手芸に興味がありスキルがあった
・フジワークの企業の支援もあり実現できた

 今後の方向を考えると、女性のみのクラフトから家族のクラフトへの変身が考えられぬか。本年度も、TCANも協賛して第4回目のクラフトカフェ「毛糸でコケ玉つくり」を行うが毛糸から他の素材にシフトするクラフトは考えられぬか。

 松本さんはフジワーク子ども基金、岩倉さんは国際女性平和連合、奥田さんは金の鈴、とそれぞれ女性メンバーが多い団体と繋がったしっかりしたリーダーである。

 後半はそれぞれ所属している団体でも使えるものとして、併せて個人の成長と生活の充実をめざす「家庭教育の12章」のコンセプト目次?を提示して、TCANの商品としての開発につなげないかを討議した。

・若いお母さん方の意識とのギャップを感じる
・子育てか、介護か、児童貧困かにまちの話題は極端に現れる
・大多数のノーマルな家庭を忘れられており、最近の「家庭破壊」の惨事が散発している
・PPPつながりたい、の本年度の学習テーマは「コミュニティ・レジリエンス(回復)」であり、コミュニティの根っこは「地域・家庭・学校」である。
・図書館、自治会、PTAや学校との連携活動はめざせないか

 その結果、具体的な方向展開を図るために「家庭教育の12章」の1章「家庭づくりの生起」から、勉強会を8月8日からスタートし、3回位してみて討議吟味する、ことになった。(MY)

*参考までに「家庭教育の12章」の内容は、1章:家庭づくりの生起 2章:家庭への接近 3章:親としての価値をめざす 4章:子どもの可能性 5章:母親としての姿 6章:父親としての姿① 7章:父親としての姿② 8章:夫婦の現実 9章:家族としてのジジ・ババの繋がり 10章:情報社会の中での生活の選択 11章:家族と地域の繋がり 12章:家族の風景 である。
興味ある方は事務局まで要連絡。