市民・会員の皆さまからお寄せ頂いたご意見や、メッセージを掲載しております。
どうぞ気楽にご意見をお寄せ下さい。下記ご意見をクリックすると、各項目にジャンプします。

このページはみんなの広場69ページです。 

バック
ナンバー
最新
ページ
P68
P67
P66
P65
P64
P63
P62
P61
P60
P59
P58
P57
P56
P55
P54
P53
P52
P51
P50

20-16.07.31  あなたがやるべき仕事は必ず見つかる

20-160528
「継体大王と
筑紫君磐井」
展のこと



18-160521
多文化共生
のまちづくり



17-160521
「おかげさまで
生かされている
」心の種を!
19-16.07.31  風景から空間・居場所のまちへ
18-16.07.27  説明責任(Accountability)
17-16.07.27  「青い鳥ガイドブック」と安達壽さん
16-16.07.22  「一粒の麦」になる
15-16.07.22  情報公開から情報共有へ
14-16.01.17  スピード・時間・エネルギー
13-16.07.17  略図的原型を見分ける
12-16.07.05  「みみずく」のこと
11-16.07.05  わがまちへの深い愛着
10-16.07.04  「改正確定拠出年金法」成立! 加入対象者が大幅に拡大他、平田事務所便り7月号
09-16.07.03  二つの音楽会をハシゴして・・・ 小濱達郎 南洋一
08-16.07.03  参加・参画と協働との違い
07-16.06.17  「2016年事業スタートに当たって」新年度の山下理事長挨拶です
06-16.06.17  コミュニティFM放送のこと
05-16.06.12  話し合ってみる「私にとってのマイナンバー」
04-16.06.12  友情について
03-16.06.03  森林に囲まれて・思うこと
02-16.06.03  「参加」と「連帯」につながる自立
01-16.06.02  有期労働契約について、厚生労働省の支援策で「無期転換ルール」対応は進むか?他 平田事務所便り16年6月号

























20-160802


 あなたがやるべき仕事は必ず見つかる

福沢諭吉は心訓の中で
「世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つこと。
一番寂しいことは、する仕事のないこと。
世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して、決して恩に着せないこと。」
と言っています。

 そこで、就活に汗をかき、頑張っているあなたに、送りたいことは
「やるべき仕事は必ず見つかるから、心配しないで欲しい」
と言うことです。

実は、みんなが一斉に有名企業を目指すので、どだい無理な押しくらまんじゅうをやっているのです。
大企業は日本にある企業の内、わずか数%しかなく、後の90%以上が中堅・中小企業です。
日本のあらゆる産業は、中小企業に支えられているのです。

30年近く、中小企業のトップとお付き合いをさせていただき、素晴らしい人物にお会い出来るのは、不思議と創業者の方です。
事業の節目の苦労がにじみ出ており、その人の人となりにまで高まっています。
これも感じることですが、特に外部の方に対しては謙虚です。
上場企業のトップは、常識的な方が多く、人間的におもしろく魅力的な方は滅多に遭遇出来ません。



 7月21日、就活の学生を支援する会社「キャリアアップ」の社長野口政隆(41歳)さんに理事の藤田さん共々お逢いしてきました。

就活を目指し共同生活をしながら頑張っている学生を支援されています。
その一つに中小企業のトップとの接点を「交流の場」としてデザインしています。

図らずも実現に向かって創業の旗を掲げた野口さんの語気には迫ってくるものを感じ取れました。この事業是非とも軌道に乗せて成功の一里塚に近づいていただくことを念じます。

就活では中小企業の側は、元気な個性ある学生を採用したいと考えています。
実際中小企業が募集する採用人数の総数は、学生の数を上回っているのです。

このように中小企業で正社員を採用する枠があるのに、学生がそっぽを向いているという雇用のミスマッチの現実が存在します。

 何故、学生たちは中小企業に応募しないのでしょうか。
企業側の事情を聞けば、採用数も少なく、採用活動にお金も掛けられない。
そもそも学生が中小企業の内実や採用募集がある事を知らないという事情があります。
また、学生の側も、中小企業には、製造労働などの「きつい・きたない・厳しい」仕事が待っていると思い込んでいます。

でも、優れた固有な仕事をして、若い人を育てているユニークな中小企業は沢山あります。
ノンフィクション作家の野村進さんは「千年、働いてきました」(角川Oneテーマ21)という本で、何百年も続いている老舗企業を紹介しています。
日本には、こんなに地元に根付き、素晴らしい仕事をしている中小企業が沢山あるのです。
しかも、驚くことに老舗企業は絶えずイノベーションしてきて、事業を刷新しています。

固有なユニークな企業は、その気になって探ってみれば見つかります。
村上龍さんの「13歳のハローワーク(幻冬舎)」で自分に合った仕事を探し、具体的な老舗店舗を覗いてみると接近出来ますし、キャリアセンターに求人案内が届いていることもあります。

世界に通用する製品を作る企業を取材した中沢孝夫さんの「すごい製造業―日本型競争力は不滅(朝日新書)」には、物作りに誇りを持つ中小企業の魅力が生き生きと描かれています。
中沢さんは、良い会社とは「たえず新しいことにチャレンジして、人を育てる仕組みをつくりだしていることだ」と指摘します。

仕事には「やらされる仕事とやっている仕事がある」訳ですが、自分の可能性を探せるのはやっている仕事です。
やっている仕事発見のチャンスは中小企業の中にこそ見つかるものです。
視点をそちらに転換すれば、やりたいを超えてやるべき仕事が必ず見つかるものです。
(MY)
   

































19-160802


 風景から空間・居場所のまちへ

大震災では、多くの人から家族や友人、家を失った深い喪失感に加えて、昔なじみの風景を失った喪失感も大きいのだという話を聞きました。

日常生活では気づかない愛着のある場所というものは、失って初めてその存在に気づくのかも知れません。

復興のまちづくりには、そういう人々が愛着を持っている地域らしい要素を新しいまちづくりにどう活かすかが大事です。
陸前高田市の残された一本松はその象徴でしょう。

場所というのは単に生活したり、行為する舞台だけではありません。
場所の中でも自分の居心地のいい場所、安心する場所、その場所が無くなったら、何となく自分の存在も不安になるような場所があります。
日々、帰る家もそういうものですが、家以外にもあります。
過去の思い出のふるさととなる地域にもそういう場所があるかも知れません。
つまり自分が生き生きとした実感を感じ取れる空間・居場所です。
家以外にも地域の中に、そういう場所がある事は、地域への愛着の形成につながります。

高槻や寝屋川を舞台に発生した中学生の悲惨な事件を振り返ってみても、防犯カメラの映像から、商店街を彷徨する子供は、やはり居場所を探していたのでしょう。
自我形成期の中学生がつながる場所がコンビニやラインネットであるのも、何か均一性があるように思えてなりません。


社会全体が均質化すると、人間も自分の個性を押し殺して、均質のいわば規格化された人間を指向しなければならなくなってきています。
しかし、人間は個性的な存在です。
そのため、標準規格に合わないと言うことで悩み、また自分の生き方も確固とした自信を持ち得ない若者も少なくないようです。
それは社会の活力にも影響します。
とりわけ日本文化は海外と比べて、個性があまり重視されない、同質性が高い文化だと言われています。
空間・居場所の均質化は更にその傾向を助長することになるでしょう。
工場生産のように生産性を上げるには標準化の方がいいでしょうが、非人間的な仕組みは決して人間を幸福にはしません。

国民生活白書で定期的に「物の豊かさと心の豊かさのどちらに重点を置きますか」と言う国民へのアンケートを報告しています。
高度経済成長時代は物の豊かさの方が多かったですが、1978年に心の豊かさが上回り、年々その差は開き、今では心の豊かさを求める人は6割強で、物の豊かさは3割程度となっています。

 さて、生活の空間・居場所探しは難しくなり、マスメディアにも揺さぶりを掛けられ、まじめな人はストレスを過剰に感じています。


固有な空間・居場所はまた、人間のアイデンティティ形成と関わり、空間・居場所の経験は主体的な自我の形成にも大きく関わります。
そういう意味で、子供たちが遊び、中学生がたまり場となるべき、地域の大人と関わるような場所がもっと青少年に用意される事が必要でしょう。
安満遺跡公園を創り上げていく過程に青少年が関わっていく事がもっと行われるべきでしょう。

 彼らが利用したい空間・居場所をつくりながら、いくいくは風景までも創り上げていく構想の下に、彼らの声を反映するようにし、「自分の居場所」として愛着のもてる空間づくりを進めることが、大きくまちづくりにつながる行為なのでしょう。
(MY)
   































18-160727


説明責任(Accountability) 

 まちづくりは、ひとり一人の住民のこんなふうに生きたい、こんな生活をしたい、こんなまちにしたいという「想い」から出発する。
そして当然、「想い」はひとり一人みんな異なる。
まちづくりには正解などない。
私たちの外にある正解を見つけるのではなく、私たちは説明される内容から対話・議論によって方向性の軌跡を内につくりだしていくことが大事になる。

 情報共有との連関で大事になるのは、説明責任と言う言葉である。


 説明責任とは何か事が発生したら質問追及するという意味で使われることが多いが、そうではなく、政策形成・政策実施・政策評価の段階での内容による、行政、議会、NPO等の市民団体そして商工会議所等の団体が当事者として、市民に向かって「知って置いて欲しい」事の、情報発信・提供に近い概念で使われるようでありたい。
「知らしめるべからず、よらしむべし」の閉鎖された規範には、知恵が集まらない。

 また、説明責任の場合の責任が何かを考えると、共通した要素があげられる。
誰が誰に対する何についての説明かが、まさに責任を明確にする要素になる。
また、責任の負い方には様々なレベルがある事を知らねばなるまい。
最終的には、責任をとって身を引くこともあるが、最も先手の責任は、何故そのような判断をしたかを説明することである。
行政は組織内のローテーション以外は、身を引き退場することを許さないが、まちづくりではそれだけに初期レベル(政策では形成の段階)での説明こそ重要になる事を、トップマネジャーに成ればなるほど、その自覚が必要である。
 さて、説明責任と言う訳語で広く用いるようになった元々の言葉Accountabilityは会計学の用語である。

「他人の財産を受託している者が、それを如何に管理し、正しく処理したかを、いつも証拠を示して説明できるようにしておく義務」という意味である。

これが今では、行政その他の分野でも広く使われるようになり、先ずはアカウンタビリティとして日本に入ってきた。
当時は「透明性」「説明可能性」などと訳されたようだが、現在では「説明責任」という言葉に定着している。

 説明責任を果たすとは、その事柄について理解しようとする者に対して十分な情報を提供し、理解してもらうことである。
これは知識・情報の押しつけであってはならない。
望まない者に知識・情報を押しつけることは当事者の傲慢になる。
知識・情報のレベルには色々な段階がある。
どのレベルの知識・情報を望んでいるかによって、分かりやすい説明をすることも必要であるし、専門的な高度な説明をすることも場合によっては必要になる。

 公平・平等の意味で、誰に対しても同じような説明を繰り返すだけでは、説明責任を果たしているとは言えない。
まして意味不明な言葉を並び立てて「責任を果たしたぞ」等と強弁するのでは、説明責任は全く果たしていない。
「分かったと分かるまで、確かめる」(TWIの3段階)の精神で臨むことだ。
幸いなことに、インターネットのお陰で、類似のケースを他の行政、議会、企業が発信しているので、それを紹介し説明責任に付加するくらいのサービスがあっても良い時代でもある。
(MY)
   




























17-160727


「青い鳥ガイドブック」と安達壽さん


 平成19年に亡くなった安達壽さんは、筆者の会社時の大先輩である。
昭和40年に会社に入社した折の厚生課長である。
直接に部下であった事はないが、若き日の工場勤務の折には、工場を離れて全社の福利厚生を考えて議論するのに、いつも幼稚な拙論に気持ちを合わせていただいた思いがある。
特に、昭和61年に、会社と労働組合、厚生年金基金、健康保険組合の4者で、ライフプラン構想を考える際に、当時は中高年齢者雇用福祉協会、PREP相談室長の立場で、「青い鳥ガイドブック」の編纂にお力をお借りしたことは、忘れられないことである。

 その、表紙の次のページに「私たちにとって、青い鳥とは何でしょう」というメッセージをお書きになっている。

東京大学名誉教授の竹内均さん
 東京大学名誉教授の竹内均さんの文章からの引用だが、幸福たちには3つあるというのだ。

1.太りかえった幸福たち
 ・お金持ちである幸福 ・虚栄に満ち足りた幸福 ・渇かないのに飲む幸福
 ・お腹がすかないのに食べる幸福 ・眠り過ぎる幸福 ・何もしない幸福
 ・何も知らない幸福

2.家の中の幸福たち
 ・健康である幸福 ・露の中を素足で駆ける幸福 ・青空の幸福
 ・雨の日の幸福 ・両親を愛する幸福 ・無邪気な考えの幸福
 ・はしゃぎきった幸福 ・星の光り出すのを見る幸福

3.大きな幸福たち
 ・正義である幸福 ・善良である幸福 ・仕事を仕上げる幸福 ・ものを考える幸福
 ・もののわかる幸福 ・美しいものを見る幸福 ・ものを愛する幸福 
 ・まだ知らない幸福

 メーテルリンクの「青い鳥」は幸福の鳥を探しにチルチルとミチルが旅をする話だ。
探し探して行き着いた先は、幸福は自分の家庭の足元にあるという気づきの物語である。
 安達さんが言いたかったことは「青い鳥は自分の心持ちの中にあるよ」と言うことで、3のことを後輩の我々に特に伝えたかったのだろう。

 その後、奥様に先立たれ、高石市に一人で住まれていたが、平成17年末にお嬢様のいる茨城県利根町に身を寄せている折に体調を崩され、とうとう高石には帰還できなかった。
安達さんは俳句をなされていた。
奥様の発病から死去までを「白露記」、その後の一人旅を「残照録」そしてお亡くなりになるまでの日常生活の日記として「週間呆句」の3冊を残されている。

 その後、平成18年秋に我孫子市の特養ホーム「平和の里あびこ」に入居される。
筆者も様子を見たいと仙台での用事と重ねてお見舞いをし、施設にて一泊し夜遅くまで語り明かした事が最後になった。


 大阪にいるときには地域でのコーラスに参加され、その発表会を高石市の公会堂で聞かせていただいた。

 高石の工場勤務からの縁で図らずも安谷公平さんもステージに立っており、この姿を村尾護郎先生が見られたら、なんと言うだろうかとお酒を交えての語らいは忘れられない。
「週間呆句」に
「山下君より電話あり。年末より相宅・戸田両君の訃報なり。相次いで友の訃報や小正月」
とある。

 安達さんより2年前に亡くなった相宅午郎さんを交えてTWIについて議論する機会がたびたびあった。
共に「ぐうたら荘」に宿泊していただいたことも、遠い思い出の彼方になってしまった。
(みみずくの戯言)
     





























16-160722


 「一粒の麦」になる

イエスはヨハネの福音書の中で人間を「一粒の麦」に例えている。
そして、良い地に落ちた麦は良く育って多くの実を結ぶが、石の上や茨の中に落ちた種は実を結ばないだろうと警告する。
確かに人間は一粒の麦である。
ただし、麦としての人間は、一年で多くの実を結ぶ麦に比べるとはるかに効率が悪い。
しかし、人間は麦に比べると成長の効率こそ悪いが、文化・文明を築き、歴史を記録してきた存在である。


イエスが「一粒の麦」と言うとき、それぞれが大きな時の流れの中で、人は誰からか何かを受け継ぎながら、ただ単に滅びて行くのではないことを言おうとしている。
例え、見かけの上で、ひとたびは滅びるように見えても、決してそれまでではない。
人は誰でも出会いの系譜につながる。
ひとり一人はただ一人ではないことを考えさせる言葉である。

今生きている私という人間は、誰とも置き換えがきかない貴重な存在である。
しかし、いつもどこかで誰かの感化や恩恵を受けながら、自分が受け止めてきたものを、次の誰かに受け渡していくと言う意味では、見えない死と再生のドラマを連続して展開していることになる。
われわれ人類の先輩はみなそうやって生きかつ死んでいったのであり、これからもそうしていくのであろう。

人間の生命のサイクルは、せいぜい数十年であるから、個人や家族が一族のものから如何に多くを受け継いでいくか、また受け渡していくか、と言うことは実に色々な問題を含んでいる。
中でも女性は、自ら生命を孕み、産み、育てる事の出来る存在だ。
大変な生の経緯が、生きたドラマとして末永く繰り広げられることになる。
大きな時の流れの中で、われわれ人間の生の営みがなされてきたのだし、今も続いているのだ。

ひとり一人の人間は大きな時の流れの中で、いつかどこかで誰かに出会い、必ず何かを受け継いで生きている。


 それは親とか教師とか友人の側から寄せられた無数の見えない思いやりや心づかいを受け止めて生き続けると言うことである。
 
 その限りにおいて、私という人間がどれほどユニークでオリジナルな存在だとしても、どこかに誰かの恩恵や感化の痕跡を止めているのであろう。

考えて見ると、一粒の麦にはその前がありその後がある。
今自分がここに生きているのは、自分の前後時間の中で誰かとの見えない広い繋がりを予測させる。
麦は例え一粒でも、良き生命を全うするとき、何十、何百倍もの新しい生命を次の世代に託すことが出来る。
麦としての人間も似たような働きが出来る。
そんな事などない、と思っている人も、かならずあちこちで見えなくとも静かな感化を誰かに及ぼしている。

だが、今日、一人の人間が人間として生きる事は一粒の麦になる事である、という自覚を持つ人は少ない。
これまで自分が受け取った恩恵を誰かに伝え、誰かに受け渡していくことに対して熱心でない人が増えてきている。

 だが、生きて誰かに感化を与え、人間としての生き方について、いささかでも誰かを励ますことの出来る人は、例え物質的には何かを与える事が出来なくても、十分誰かに素晴らしい喜びを提出したことになるのだ。
これは歳を取っても、病んでいても、貧しくても、誰もが誰かに少しはなすことが出来る人間としての証であろう。
(みみづくの戯言)
   






























15-160722


 情報公開から情報共有へ

   

今日では、行政の保有している情報を市民に公開することは、当たり前のことになりました。
情報公開条例を持たない自治体はほとんどなく、情報公開制度は、自治体の標準整備になっています。

この情報公開制度は、伝統的な住民自治の概念に起源を発しています。
つまり、市政は市民の信託を受けて行われるものであり、行政は信託者である市民に対して、その活動に対して説明する責務を負っています。
逆に言えば、市民は市政に対して知る権利を持っています。
この説明責任を果たし、市民の知る権利を保障していくために、市が保有する情報を市民に積極的に公開していくのが情報公開制度です。


ただ、この情報公開は、行政から市民への一方向の情報提供にとどまるという限界を持っています。
行政が独占的に情報を持っていた時代ならば、行政からの情報公開・提供で十分でしたが、今日のように市民が保有する情報や知識が増え、市民がSNS等の情報ツールを自由に使えるようになると、市民が保有する情報等のほうが、社会的にも有用な場合が多くなってきました。
情報技術に関しても、市町村には専門家が少なく、市民の方が専門的知識を持つ方が数多くいます。

協働の観点からは、行政からの情報公開にとどまらず、情報共有が重要になっています。
 情報共有とは、行政、市民の双方向性による情報公開、提供を意味します。
そのためには、市民が持つ情報を行政や他の市民が活用する機会や方法の開発が急務です。

これはSNSの普及で現実的なものになってきました。
尚、情報公開から情報共有に転換すると言うことは、市民の行動姿勢も情報公開を請求して行政の不備をただす活動から、市民自身が、対案を考え、提案する方向に大きく変わると言うことを意味します。

さて、情報公開ですが、市民に対して説明するという観点だけでなく、市民がその力を存分に発揮して活動するという点からこれを組み立て直すと、情報公開を待たずに、市民が自主的に活動できるように、情報を積極的に提供していくことが必要になります。

情報提供は、役所が保有する行政情報を公開請求によらず各課が自発的に公にすることを言います。
例えば、広報誌やホームページによる各種の広報活動、行政情報コーナー等での資料提供、報道機関への情報提供などがあります。

適切で、タイムリーな情報の提供により、市民の疑問や不安、不満が解消される場合が多々あります。
そのためには、職員は、常日頃から、市民が知りたいと思っている情報とは何か、それをどのタイミングで、どのような方法で、市民に知らせたら良いか、市民の視点で常に考えて行くことが求められています。

市民が行政をコントロールするのが住民自治であると考えると、情報は加工せず、ありのままに出すことが基本となります。
情報の加工は、市民に疑義を抱かせる事になるからです。
他方、市民自らで考え、行動するのが住民自治と考えると、市民が理解し、使いやすいように情報を加工することも必要になるでしよう。
そのために他の自治体の実態、または議会事務局の広聴活動を参考に能力、技術も学ぶ必要があるでしょう。
(MY)
   






























14-160717


 スピード・時間・エネルギー

現代人はエネルギーを大量に消費することによって時間を買い取っていることに肯定しますか。
例えば、九州宮崎に行くのに、歩いて行く、サイクリングで行く、青春切符で行く、新幹線で乗り継いで行く、飛行機で行く等が思い浮かぶ。
スピードを求めるならば、飛行機だろう。
飛行機は燃料・エネルギーを沢山使って短い時間で遠くまで移動が可能だ。
普段の生活時間と比べたらスピードを求める異常な速さなのである。
だから疲れるのだ。
国際線に乗ると時差で体調がおかしくなるが、これなども際たる体験だろう。
時間はエネルギーの一形態であると言えるのではないか。


 つまり、エネルギーを沢山使えば使うほど時間の流れが速くなる。
この時間競争が私たちの周辺で起こっている。

物理的に同じ1時間でも、工夫次第で2・3時間分にもなるのだ。
時は金なりと言って、先ずは時間のムダを無くしょうとする。
パソコンや機械を使って同じ発信を狙って、時間をセーブする。
これはエネルギーを使って同時化で時間を早めているのだ。
こんなことの繰り返しでライバルとの差を求めているのです。

モノづくりが主役だった20世紀なら、人間も何とか追いついたかも知れない。
物理的なモノを造るにはやたら滅多に速度を上げる訳にはいきませんしね。
でも21世紀は情報が主役です。
情報はバーチャルな存在ですから、限りなく速度を上げることができる。
1秒の何百分の1の世界で勝負する金融の世界がいい例です。

効率化を求める近代文明は、主役がモノから情報に移ったことでスピードに歯止めが掛からなくなってしまった。
だから「24時間戦えますか」のコマーシャルが受けたのでしょう。
こんなこと対応出来るのは人間が生み出した機械だけだ。
人間の身体だけでは無理である。
脳細胞だけならまだしも、人間の身体は悲鳴を上げる。
極限まで働かせるブラック企業で、耐えられなくなる若者の方が、正常なのである。

 ただ現実の世界で勝ち続けるには、私たちは猛烈な速さで進む時間を堪え忍ぶことに、押し寄せられる。

だから、せめて自分は異常に速い時間の中に生きているのだ、と言うことを絶えず意識した方がいい。

 そして、集中したスピード時間の枠から離れ、自分の時間を取り戻していただきたい。
さもなければスピードの中に身も心も破壊されてしまう。
やっとこのことにも気づいたのか、テレビでもこのところ、鈍行でののんびりした旅だとか.バスを乗り継いでの時間に追いかけられない旅が放映されるようになった。

 さて、何もない空間では時間は存在するのだろうか。
時間は止まっているのだろうか。
空間にもエネルギーが存在すると思うと、空間は時間を生み出していると考えられる。

でも熟々思うのだが、本当はもう勝たなくても、時間を追いかけなくてもいいんだと思うのですがね。
資源もない、つまりエネルギーもない小さな島国では人間が資源であったはずだ。
人間が破壊されては元も子もなくなりませんかね。

 エネルギー消費が落ちついた、ゆっくり、ホドホドの時間の中でゆったりした高齢社会である事を、ボツボツ自分の身体が感じ取ってきていると思いますよ。
(みみずくの戯言)
    































13-160717


 略図的原型を見分ける

企画を進める過程に、イメージとしてしばしば略図的な想像が頭をかすめる。
その略図が浮かぶかどうかが、企画がうまくできるかどうかを決定づける要素になる。
我々は,日常の表現で、「らしさ」の言葉を交換しつつ、わかり合っているつもりになる。
しばしば「らしいよね」というコミュニティー媒体が使われるのはそのためである。
「~ぽい」という言い方をする場合もある。
三國連太郎が離婚問題を起こすと「らしいよね」となるし、阿部と高橋のホームランで勝ったときは「巨人っぽい」と言うことになる。


「石原慎太郎らしい表現」「フォークぽい歌い方」「山頭火めいた俳句」というのもある。
逆に、そういう「らしさ」「めいた」「ぽい」がどこか損なわれてくると「銀行員らしくない」とか「公務員らしくない」と言われる。
ホンダやソニーの幹部の話だが、せっかく売れた商品に「あれはホンダっぽくない」「ソニーらしくない」と言われると、カッとなるそうだ。
よけいなお世話だと言うことになるのだが、その「らしさ」もホンダやソニーが創ったものである。

その他、世の中には色々な「らしさ」や「ぽい」がある。
アメリカらしさ、沖縄っぽさ、港町らしさ、横綱らしさ、男っぽさ、子どもっぽさ、このほかにも「怖そうな人」「わかりにくい奴」とか「寂しそう」とかの「そう」もある。
しかも、これらの「らしさ」は、たとえば「男っぽさ」「女らしさ」と言っても、これを要素で分解してもわからないことが多い。
にもかかわらず、その「らしさ」は生きているのである。


なぜ、我々は「らしさ」がわかるのだろうか。
あるいはわかるように思えるのだろうか。
おそらく「略図的原型」のようなものが働いているのであろう。

略図的原型とは、厳密に言うと三角形らしさや立体物らしさを支えている条件の統合性のようなもので、コンピュータが事物を認知するとき、その該当物を検査する場合にも使われる。
つまり、ある図形がどこまで三角形と見なせるか、ぶよぶよの図形も何とか三角形に見えるところと三角形とは見なせないところがあるはずなのだがそれの境界を支えているもの、それが略図的原型である。

 この略図的原型は3つのタイプに分けられる。

ステレオタイプ(典型性)・・・特定の何かや誰かに代表されるモードや「らしさ」

プロトタイプ(類型性)・・・・・一般化できる概念としてのモードや「らしさ」

アーキタイプ(原型性)・・・・・文化や文脈の奥にひそむモードや「らしさ」

ステレオタイプは「好きな歌手のタイプは誰か」と聞かれ「中島美幸」と言った典型類を出して答える時に、頭に浮かぶモードの記号性のことである。

プロトタイプというのは概念の類型のことで、その概念を知らないと何も頭に浮かばない。
例えば「ハインリッヒの法則」というのは、安全用語だが、その言葉で法則のイメージが浮かぶようになったとき、そこにプロトタイプが動いていることになる。
椅子をデザインしてもらうときに、椅子というプロトタイプが見えないと椅子がデザインできないのと同じ事である。

 アーキタイプは我々の意識のどこかにあるものだが、取り出して見ないとわからない。
けれども、多くの人はそのアーキタイプを感じることができる。
たとえば、子どもの絵というものは世界中似ているが、それは見せればわかる。
あるいは、アボリジニ・アートというものについて細かいことを知らずとも、見せられるとわかる。
それは意識や感情の奥のアーキタイプが反応している訳なのだ。

このように,我々は略図的原型のいくつかのタイプの組み合わせによって、「らしさ」「ぽい」を見分け、企画の段階で無意識に使いこなしているのである。
(MY)
   






























12-160605


 「みみずく」のこと

ふくろう科のみみずくには、重なる思い出が沢山ある。
幸福を呼ぶというフクロウとの差異は耳(羽角)があるかどうかで、ずくがつくもののようだ。
筆者の大好きな「シマフクロウ」には耳があるので、厳格な区分はないようだ。


ミミズの戯言(徳冨蘆花)の著書の表題に掛けて当方の「みみずくの戯言」のペンネームを名乗って7年以上が経過している。
確かに地中の中で、前身の触覚を働かせて、這いつくばっているミミズは派手さはない地味な動きだ。
みみずくにとってミミズは大好物である。

『月夜のみみずく』という物語が、小学校五年生の国語の教科書に載っている。
作者のジェイン・ヨーレンさんは、米マサチューセッツ州の農場住まいだそうだから、舞台もその当たりだろうか。
月の光がキラキラとこぼれる冬の夜更け、しゃりっと凍った雪の中を、小さな女の子が父さんと二人で、森のみみずくを探しに出かける。
父さんの影はほっそり長く、女の子の影はちんまり丸い。
父さんの後を追いかけて、女の子はときどきちょろちょろと走る。
ちんまり丸い影も、女の子の後ろではねる。
父さんは、みみずくの歌声で呼びかける。
「ほうーほう ほ・ほ・ほ ほーーーほ」。
二人で耳を澄ますが、返事はない。
また歩くがなかなか会えない。
でも、とうとう「ほうーほう ほ・ほ・ほ ほーーーう」とみみずくの声。


父さんとみみずくはおしゃべりしているみたいだ。
今夜は月がきれいですね、とか。
やがてみみずくは森の奥に帰り、二人は家へと帰る。

 それだけの事だが、読んで、何とも心が温まるのだ。
みみずくに会えるかも知れない。
が会えないかも知れない。
と想像するだけでどきどきする。
まるで忘れ掛かった人生の一コマのようだ。
父さんと女の子、大人と子どもが、同じ体験を同じ感覚で分かち合っているのもいい。
『子どもが何かいけないことをしたときも同じ。


 大人のこちらだって、小さいころ似たようないけないことをしてたわけですよね。
そのときの気持ちを振り返りながら語り合う。
そしていさめ合う、そんな家庭や学校が忘れ掛かっている』と思う。

 全国を旅する過程で、知らず知らずにみみずくコレクションの数が多くなった。
旅先の土産物屋の店頭で目にとまる。
手元に北海道摩周湖、白馬、上高地、高知横波、兵庫有馬、秋田そして京都大学実験室の樫のテーブルから創作されたもの、メキシコを訪れたときのものもある。

 ルーブル美術館の売店で、古代ギリシャ・エトルリアのみみずくのイミテーションを買い損ねたことが、残念にも思いだした。
その内でも、気に入っているのは霧ヶ峰のヒュッテ“コロボックル”の陶器のものである。
これは笛のカタチをしているが、唇に当て息を吹き込むと“ほーほー”と音を発する。
この音を聞くと、55年前のまだ車が入っていないグライダーの練習風景の高原とともに蘇ってくる。

『月夜のみみずく』は幼い少女「わたし」が視点である。
つまり、「わたし」がこの物語全体の語り手となっているのだ。
この物語全体が、幼い少女の目や気持ちになって描かれている。
ですから、もし朗読するなら、「わたし」の気持ちと一体となり、同じ気持ちになって、薄明かりの月光が注ぐ冷気の雪原や父と子とみみずくの心温まる交流を語ることだ。

凍り付く森の静寂と怖さ、会えるかな・会えないかなと言う期待と不安と緊張、会えた喜び、心のときめきと高鳴り、帰路での満足しきった余韻や余情など、心の変化・気持ちの揺れがひしひし鼓動として伝わってくる。
(みみずくの戯言)
    
































11-160605


 わがまちへの深い愛着

古い新聞の切り抜きの10年前(朝日2006/11/4)を見直している。
その内容を振り返って見ても、現在とほとんど変わっていないと思う。
市民活動をやって来た者にとっては、この10年間は、どんな価値があったのだろうかと振り返ると自己嫌悪に陥る。

この調査データによると、自分の住む地域への愛着度は、

「大いに感じている」・・・・・・25%、
「ある程度感じている」・・・・57% 

で、8割以上が愛着があると答えている。
住んでいる市町村の規模が違っても、大きな差はない。

「あまり感じていない」は・・・15%
「全く感じていない」は・・・・・・2%       である。

普段の近所づきあいについては、

「親しくつきあっている」が・・・・・・38%、
「あいさつする程度」が・・・・・・・・53%
「あまりつきあっていない」は・・・・9%。

愛着度と異なり、近所づきあいでは市町村の規模によって大きな違いが出た。

「親しく」
大都市部では・・・・・・・・・27%   に止まるが、
小規模市町村では・・・・・53%と半数を超えている。

住民同士の結びつきについても、全体では「強いほう」51%、そうは思わない36%だが、「強いほう」は大都市部で42%と少なく、小規模市町村では62%に上る。

 地方で濃密、大都市で希薄と言われる人間関係が、数字からくっきりと浮かび上がっている。

 「都会」と「田舎」のどちらに住みたいか聞いたところ、田舎が61%で、「都会」の33%を大きく上回った。
男性は「田舎」65%、「都会」30%、女性は57%対37%で、男性の田舎志向がやや強かった。


 どっちもたかつき”を標榜し、宣伝している高槻市である。

 田舎と都会が共存する特性を“とかいなかと”とも言う。
  参照 : 「高槻・とかいなか創生特区」

 高槻のような小規模による農業の兼業が多い所では、競争力を持ち得ないだろう。
そこで、消費者、地域住民等のまちなかの近くにある農に親しむ空間の存在を大切にしたい。そしてその接触の過程から生まれる親和性とそれに関わっていく環境づくりから「分かち合い・助け合い」の社会関係資本(ソーシャルキャピタル)を創発してみることだ。

年代別では

20代で唯一、「都会」が49%と「田舎」47%より多く、都会にあこがれる若者の姿がうかがえる。30代以上では、年代が上がるにつれ「田舎」が増える傾向にあり、50代と60代では68%にのぼる。
最も単純に田舎志向とはいえない側面も浮かび上がる。

生まれ育つのは「都会」と「田舎」ではどちらが得かとの問いには「田舎」が58%、「都会」が30%である。


 先ずは、まちなか周辺の遊休地や空き地をコミュニティ再生資源として掘り起こし、身近なものとして日常生活や暮らしの中に組み込んでみることだろう。

それから想定出来ることは、自治会有志農園、会社農園、家族農園、放課後子ども農園、地域有志農園、老人会農園、介護福祉農園等の多種多様なものが誕生させ得る。
またこれが形成されると、地産消費や直売・交換市場の話題も起こり、新しいタイプの市民農園が生まれ活性化する。
また、派生的にここから生まれる世代間交流からは、福祉介護や子ども教育、災害時の共助等も含めた生活全般に繋がる可能性があり、アグリ・コミュニティ・ビジネスの萌芽さえ感じとれる。

 地域のまちおこしに「参加したい」人は「大いに」10%、「ある程度」54%をあわせて64%に達している。「思わない」は「あまり」28%、「全く」6%の計34%。
「参加したい」は女性58%、男性69%が多く、年代別では50代が70%で最多。
大都市より小さな市町村に住む人ほど意欲が高かった。

 高い意欲の一方で、地域の力となると落差がある。
地域にまちおこしを企画・実行する底力があるかどうかを聞くと「ある」は32%に止まり、「そうは思わない」が58%にのぼる。

 ただ、市町村の行政に「満足」と答えた人や住民の声が反映されているという感じる人では「底力がある」は4割以上。信頼できる行政がある所ほど、地域の自信も醸成され、わがまちへの深い愛着に繋がる。
(MY)
    


































10-160704


 「改正確定拠出年金法」成立! 加入対象者が大幅に拡大

来年1月から施行へ

確定拠出年金法等の改正案が5月24日に成立しました。

これにより、来年1月から専業主婦を含めたすべての現役世代が実質的に加入できることとなり、新たに加入対象となる公務員や主婦らの取込みに向け、金融機関等の動きも活発化しています。



「個人型」の対象が大幅拡大

確定拠出年金には、会社単位で入る「企業型」と個人で入る「個人型」があります。

今回の改正により加入対象が広がるのは「個人型」です。
これまでは自営業者や企業年金がない会社の社員らが対象でしたが、主婦や公務員が加わるほか、すでに企業年金に入っている会社員も併用して使えるようになります。


 これにより、これまで約4,000万人に限られていた加入対象者は約6,700万人に拡大し、低所得で国民年金の保険料が免除される人たちを除いてすべての成人が加入できるようになります。

税制上のメリット

確定拠出年金では運用益が非課税となるほか、掛け金の全額が課税対象の所得から差し引かれるため、そのぶん所得税や住民税も安くなります。

今回の改正により、主婦と公務員だけでも最大400万人が個人型に入るとみられ、実際の加入者も現在の約500万人から約2倍に膨らむと言われています。

企業型の加入者に最大の恩恵

また、掛け金は多いほど有利になるので、今回の改正で最もメリットが大きいのは「すでに企業型を利用している人」と言われています。

所得税を納めていない主婦等の恩恵は運用益が非課税になるだけですが、企業型の加入者は個人型を上乗せして掛け金を増やせば、一段の節税効果も期待できるからです。

「自助努力」「リスク把握」も必要

一方、確定拠出年金は公的年金とは違い、加入の判断や運用する掛け金の額、運用商品を個人が判断し、運用次第で将来の年金額が変わります。
運用成績が悪ければ受け取れる年金が掛け金の総額を下回るリスクもあり、加入者自身が知識をもって自助努力を行う必要があります。

また、運用資金に余裕がある人と運用資金を準備できない低所得者との年金格差が広がる可能性も指摘されており、今後の課題と言えます。
   


 労働契約法20条違反!

 「定年後再雇用と処遇」をめぐる東京地裁判決の影響は?

会社に賃金差額の支払いを命じる判決

新聞報道等ですでにご存じの方も多いと思いますが、5月13日に東京地裁から「定年後再雇用と処遇(賃金)」についてこれまでの“常識”を覆す判決が出ました。

判決の趣旨は「定年後に嘱託社員として再雇用された3人の労働者(トラックドライバー)の職務内容が定年前と変わらないにもかかわらず、会社(運送会社)が賃金を約3割引き下げたことは違法(労働契約法20条違反)である」というもので、会社には賃金の差額の支払いなどが命じられました。

判決に対する評価

上記のような賃金格差について労働契約法20条(期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止)の違反を認めた判決は過去に例がなく、労働者側の弁護士は「通常の労働者と定年後再雇用された労働者との不合理な格差是正に大きな影響を与える画期的な判決である」と評価しています。

また、原告の1人は「同じような立場の人にこの判決が力となれば」と話しているそうです。

今後の企業実務への影響は?

判決後、会社側はすぐに控訴したため、裁判における最終的な結論がどのようになるかは現時点ではわかりませんが、仮にこの判決(=労働者側の勝訴)が高裁・最高裁で維持された場合、定年後再雇用者の賃金引下げは認められなくなるケースが出てくる可能性があり、企業実務への影響は非常に大きなものとなります。

今後の裁判で裁判官がどのような判断を下すのか(裁判がどのような結論となるのか)について、注視しておく必要があるでしょう。

【参考条文】労働契約法第20条

 有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。
   


 2016年は猛暑の見込み!「熱中症対策」は万全ですか?

熱中症による救急搬送者数が急増

2016年の夏は、猛暑となることが予想されています。

5月24日の消防庁の発表によると、5月16日から22日にかけての熱中症による救急搬送者数は全国で688人。
前年の同時期は420人で、200人以上も上回る結果となりました。

統計推移を見ても、熱中症による救急搬送者数は毎週増加しています。

ひどい場合には生命の危険もある熱中症。
夏本番を迎える前に、対策を講じておくことが大切です。



熱中症は屋内でも発生する!

熱中症は、夏の強い陽射しの下で作業をするときだけではなく、屋内にいるときでも起こることがあります。

過去の熱中症死亡例について職業別にみると、建設業がその40%を占めていますが、続いて、製造業が約20%を占めていました。
屋内の作業であっても、高温多湿の環境で長時間労働すれば熱中症の危険性が高まります。

熱中症は、誰でもかかる可能性がありますが、正しい予防方法を知り、注意しておくことで防ぐことができます。

こまめに水分をとること、大量の汗をかくときは塩分をほどよくとること、気温や湿度を気にかけること、暑さを過度にガマンせず室温を適度に下げることなど、職場で再確認しておくことで、熱中症の発生を予防することができます。

◆活用したいWBGT(暑さ指数)

熱中症の原因となる暑さの要素(気温・湿度・輻射熱・気流)を総合的に考慮した指数が、WBGT(湿球黒球温度)です。
これが高いときに熱中症が起こりやすいため、労働現場での熱中症対策の目安となります。

熱中症予防の第一歩として、まずは職場のWBGTについて確認してみましょう。


<あとがき>

熊本地震が発生して二ヶ月半が過ぎました。
発生直後より全国各地から被災地へのいろんな形のご支援を頂いたと報道等で聞いております。
熊本出身の一人として暖かいご支援に感謝しています。
熊本市のすぐ隣の合志市に姉夫婦が住んでおりますので、気になる反面、出かけていくことも思いましたが、何も役に立てず、かえって迷惑をかけると思い、メールと電話で安全確認をさせてもらっていました。

姉夫婦、実家のある八代市の兄弟・親戚等も怪我もなく家の被害も軽微のようでした。
先月中旬、ようやく熊本に帰りました。
新幹線に乗り熊本駅で降りると「がんばるばい熊本!」の横断幕が目につきました。
熊本駅前からいつも通り市電(路面電車)に乗り、待ち合わせ場所の終点の健軍に向かいました。

市電は熊本の中心街を通ります。
街は落ち着いていました。
2月、3月に来た時と同じ雰囲気でしたので安心しました。

熊本市の中心街で建物も大きく、市電の中から見ただけなので、詳しくは分かりませんでしたが、熊本城の天守閣は、テレビで見たとおりでした。
6月27日の日経朝刊によれば『熊本城ガイド活動再開 立ち入り禁止一部解除で「復旧過程見に来て」』との見出し記事がありました。
熊本城の復興も少しずつ進み出したようです。

 7月1日より「九州ふっこう割」の販売スタートです。
これは、国の九州観光支援交付金を活用し、九州への宿泊、旅行ツアーが通常よりも割安で利用できるものです。
熊本・大分は、最大70%割引、福岡・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島は、最大50%割引とのことです。
対象期間は、7月~9月の予定です。
詳しくは、「公式 九州ふっこう割お知らせサイト」をご覧ください。
この機会に九州の旅はいかがでしょうか? 
「あなたの旅が九州を元気にする。公式サイトより」
    












































































































































































09-160703


 二つの音楽会をハシゴして

6月18日は、仲間の二人から声が掛かり、二つの音楽会をハシゴすることになった。

 一つはイオンモール茨木・中央吹き抜けジョイプラザでの10の団体が参加し、バライティに富むものである。


『音楽の祭日』というネーミングで開催されて15回目だという。
これを最初の頃から、支えているのはこのHPの記事にしばしば登場してきた江口宏さん(ユーモア造形作家)である。

 主管が音楽の祭日日本事務局とあるので、江口さんの頭の中には全国的な同じ立ち上げの拡がりが構想されていることだろう。
1982年にフランスで誕生したこの流れは、全世界の都市に伝播しているとのこと。
プロ・アマを問わない音楽を愛する者によるライブ・コンサートで、ボランティアがそれを支えている。

中学生のクラシックギターに続き、おなじみの小濱達郎さん(シンガーソングライター)が二番目に登場した。
会場が通路に面し音響も悪く、決して環境の良い演奏会場ではなかった。
家族でステージに上がり『にこにこ笑顔で1.2.3』を歌うシーンは微笑ましく映ったが、こんなスタイルも許されるのかな?と不思議な感覚がよぎった。
新曲「Save life from nukes」を初めて聞いたが自己表現として充分受け止めることができた。この曲に接して嬉しかった。

タチヒアンダンスの華やかな会場を後にして、玉造の大阪クリスチャンセンターへ向かう。

 これも17回を数える友人南洋一の『心のふるさとコンサート』(歌と朗読)の開演は3時からだ。
今回のコンテンツには南洋一の苦労がにじみ出ていた。
親しみのある雨の歌3曲で誘導し、中心部は信時潔の小品からメインディッシュの「沙羅全曲」そして、磯部俶の「遙かなる友に」の選曲で余韻を残した。
この曲は『地熱3号の浅野治郎追悼号』発刊の折り「ぐうたら荘」で歌ったことが思い出された。

信時潔は、大阪で生まれ、現・日本基督教団、大阪北教会の牧師であった父親の元で過ごした。
この弟子の一人が南洋一共々、筆者も影響を受けた「ぐうたら荘」にも二度ほど足を運んでいただいた村尾護郎先生である。
信時先生から2台のピアノを頂いたエピソードを聞いたことがある。
不思議な縁だが、筆者が在籍した中学校歌と大学の塾歌は信時潔のものである。

それだけに南洋一の信時潔への思いは深い。
今回はそれに、嶋多佳子さんの朗読が入った。
彼女の朗読は昔から聞いているが、円熟味がまし奥域の幅が生まれて心地よく心に届いた。

二つの音楽会をハシゴして思ったことがある。
それは音の存在と組み合わせである。
キケロの『共和国』の中でスキピオが言うのだ。

「お前は、あの音楽が聞こえるのだろう。
あれは一様でない音程からなっているが、それらの音程は、完全な比例にしたがって計算されているのだ。
そして、天体の動きによって再現されているのだ。
太い音はかん高い音と混じり、絶えず変化する和音に統一されている。
それというのも、これらの巨大な動きが無言で行われるはずはないし、また自然はかん高い音が一方の端から反響し、太い音がもう一方の端から生じることを欲しているからだ。
・・・そこで天体は・・・七種の楽音を作り出す。
七と言う数は、存在する全てのものの核心だ。
そして、竪琴でこの天井の和音を真似る方法を知っている人々は、自らこの崇高な領域へさかのぼっているわけだ。
音楽は調和であり、調和は宇宙の神秘である。
宇宙を創り上げている比例は、音程の比例である。
(魔法―その歴史と正体 K.セリグマン、より)」そして不思議にも宮沢賢治の『星めぐりの歌』のことを思った。
(みみずくの戯言)
    

































08-160703


 参加・参画と協働との違い

参加と参画は厳密な意味では違いがある。
一般的には既に決まったことに加わっていくのは参加であり、はじめから一緒にやっていくのを参画と区分する場合があるが、あまりこの差を考える必要はあるまい。
ここで触れたいのは、協働との違いである。

 参加は国民国家ができて以来の理論である。
フランス革命以来、政府を自分たちの政府にするために、国民の参加権が保障された。
住民自治に於いても、市民が自治体政府をコントロールするのですが、参加・参画は政府を市民のものにするための基本的権利なのである。


これに対して、協働は1990年代に持ち込まれた概念で、公共の担い手は、政府だけではなく、市民も公共の担い手であると言う考えである。

また、参加・参画と協働は、実際の局面で、誰がイニシアティブを取るかで決まってきます。
参加・参画は行政がイニシャティブを取って、それに市民が加わっていくスタイルが一般的です。
それ故、暗黙の上下関係が生じます。

これに対して、協働は、行政もイニシャティブを取り、市民もイニシャティブを取るという構造である。
つまり、両者が公共の主体であると言うことです。
阪神淡路大震災では、行政も勿論頑張るが、市民も様々な活動で自分たちでまちを支えました。

ところで、参加・参画という言葉を使わず、協働という言葉を使うことで、協働の意味が変化してきています。
協働という言葉からは、協力して働く、つまり一緒に汗をかく事をイメージしています。
確かにそれも重要ですが、そもそも協働で言わんとしたことは、役所と共に市民も公共を担うと言うことです。
役所と市民が両輪となってまちを豊かにしていくことが協働の目的なのです。

 協働概念の骨格となるのは、「行政と共に市民も公共を担っている」と言うことです。
ここでの市民は、自治会・町内会、NPO等の市民セクターを含む広い意味です。


協働はその市民と行政とが、同じ公共主体として、いわば車の両輪のようになって、まちづくりを行うのです。
行政と市民とは、同じ公共の主体として、一緒に汗をかくこともありますが、一緒にやらない協働も存在します。

 これを意識してみることは極めて重要です。

協働の目的は、自治の実現にあります。
自治とは、市民が相互に連携・協力して、市民や地域が抱える課題を解決して、市民ひとり一人が幸せに暮らせるまちを実現することです。
協働は自治をつくるパラダイムとなるのです。

 そして、市民が公共の主体と言えるためには、市民が自立していることが前提です。
公共主体としての責任も求められます。
行政と市民は、共に公共主体として対等で、それ故両者の信頼関係が重要と言うことになります。

自治体の協働政策とは、公共の担い手としての市民を対象に、その自立性を高めるための施策の体系です。
それには、補助、委託、後援等の直接的な支援策の他、情報、場所、機会の提供などの条件整備、さらには行政側の困難だけど断固やり抜く姿勢、市民にやらせるだけやらせて逃げない姿勢、温かいまなざしなどといったソフトで間接的な支援策も含まれています。
(MY)
   
































07-160617


「2016年事業スタートに当たって」                       


2016年 6月 10日(金)  
理事長 山下征紀
                                  


 6月10日の本年度第2回目の理事会で、引き続き理事長を引き受けることになりましたので、ご挨拶を申し上げます。

 この2年間は、一緒にTCANを立ち上げご支援を頂いた仲間が去って行く環境の中で、中堅世代にバトンンタッチすべしと軸足を置いた組織改革を目指してきました。
 一応の目途が立ちつつあるので、今回の理事会で思い切って若返りを図ることを提起させていただきました。
 そのために本年度はやや時間が掛かり、ご挨拶がおくれたことをお詫びせねばなりません。

 それぞれの事業担当は大筋継続で変化はありませんが品質を高めます。
強いて変化があると言えば、これまでHPを支えていただいた松浦さんから、藤田(理事)さんへの業務変更が行われます。
宜しくご承知置き下さい。

組織運営の要諦は、「変化を意図して作り出し、それに向かって意識行動を変容する」ことです。
組織の行動変容が起こりやすい条件の一つは若さでしょう。
変革期の歴史はそれを如実に教えてくれています。

 TCANは、市民活動を核にしたまちづくりを目指す『中間支援組織』がミッションです。
昨年のサロン団談で「中間組織について」勉強するチャンスがありました。
その中で、中間支援組織の定義を「多元社会における共生と協働という目標に向かって、地域社会とNPOの変化やニーズを把握し、人材、資金、情報などの資源提供者とNPOの仲立ちをしたり、また、広義の意味では、各種サービスの需要と供給をコーディネートする組織」と学習しました。
また、主な役割、機能として「資源の仲介、NPO間のネットワーク促進、政策提言」を挙げ、その根っこは調査・研究力です。

2016年の事業のスタートに当たって、重点方針を以下の3点に焦点を絞り取り組んで参ります。

 (1)  女性の会員が気楽に参加出来る事業展開のあり方を工夫していく
 
    実験的に女性の中から生まれたクラフトカフェの拡大と内容を
    吟味しつつ、やわらかな会合を重ね、存在価値を参加者で
    作り出してまいります。

 (2)  TCANに蓄積しているリソース(資源)を活用し、変化する社会環境
    からチャンスを察知し、事業の展開の質を高める

   13年間の実績と体験そのものが資源です。NPOや団塊世代の
   意識調査、政策提言の内容、アラウンド60のテキスト、ジャズスト
   や食の文化祭でのネットワーク、CB研究会、これらが外部のXに
   繋がると質の違った化学反応が起ります

(3)  連携出来る活動資源を広く求め、相乗効果としてのWIN-WIN
    (お互いにとってのプラス)の関係を構想する

   会員相互のXから想像したWHATを新しい市場価値にまで高め、
   WIN-WINの領域を広げ存在価値を生み出します

TCANの旗印は『高槻はできる』です。
「きっと これは何かのチャンス」を合い言葉に何かのカタチで繋がるチャンスを創造して参りましょう。
宜しくご支援下さい。


   


































06-160617

 
 コミュニティFM放送のこと

東日本大震災の体験を受けて、平成25年6月に大規模災害復興法が施行されている。
5月10日に、今回の熊本震災が初めての適応事例となった。
これにより、国が県に代わって橋やトンネルなどの復旧工事を行えるようになる。
併せて国は7,780億円の補正予算を組んだ。


FMわぃわぃ 吉富志津代さん

これで、国としての当面の手を打ったと言うことだろう。

 既に熊本県では4つの臨時災害放送局(災害FM)が開設されている。
「臨時かつ一時の目的のための放送」と規定されているが、この契機は阪神・淡路大震災にそのルーツがある。
災害情報の専用の放送局の立ち上げだが、日常生活が安定するまでの期限である。
阪神・淡路大震災の折りに、口頭の申請で即座に免許の付与と周波数が割り当てられた。

 熊本にあるFMコミュニティ(熊本シティエフエム)は、災害後すぐに24時間の災害FMに切り替え14日の地震以来生放送が続いている。

 熊本シティエフエムは、阪神大震災の翌年1996年、熊本市などの第3セクターとして発足。
エリアを市町村内に限り、地域密着の放送をするコミュニティFMの全国的な草分けの一つだ。
総務省が18日、災害FMとして30日まで許可し、期間中は公費で経費補填される見通しだが、その前から災害対応に切り替えている。

地震後、急増しているのがリスナーからのメールである。
1日10~20通だったのが、今では約400通が寄せられている。
「お風呂に入りたい」「コインランドリーを探している」「炊き出しをしたいので精米所を探して」という切実な内容のものもある。
深夜に「眠れない」という電話が掛かってくることもしばしば。
リクエストで市内の小学校の校歌を流したら「(避難している)みんなで合唱しました」と言うメールが届いたという。

ここで、コミュニティFMのことについて、強調しておきたいのだ。
目下全国300近くが開設されているが、これはあまりにも災害にスポットが当たりすぎている。
これまでの設立は行政との協定があるもの91.2%(コミュニティ放送局調査)が示しているように、行政の支援がなければ現実は難しいのだ。

 実は災害以外にも日頃の地域コミュニティ開発としてのまちづくりの側面が潜んでいることを強調しておきたい。それは

 自治体広報や身近な生活情報、イベント情報などを放送することによって
   地域を活性化、さらに人間関係の結びつきが希薄になり崩壊が進んで
   いると言われる地域のコミュニティ再生に繋がらないか。

 特に、高齢者のための「生きがいの場・憩いの場」の創出となり、また
   公民館で実施されている文化活動発表の場として広げられないか。

 地域の子供たちに夢を与える朗読や子供劇場、合唱の発表等の活動を
   学校のシティズンシップとして広げられないか。

 総務省はコミュニティFMのある所は、災害FMはその機能を使って実施することも明示している。
ソーシャルキャピタル(社会的資本)形成としての切り口である事を、深く理解していきたいものだ。
緊急告知ラジオが倉敷市のケーブルテレビとラジオ局で2005年に開発されている。

 緊急告知ラジオは「緊急地震速報や自治体の避難勧告などと連動し、コミュニティFMの放送に割り込んで防災情報を伝える。
特別な電波信号を受信すると電源を切っていても自動的に起動し、大音量で情報を流す。
ライトも点滅するので聴覚障害者も気づくことができる」という。
他市の西宮市、福知山市、長岡市、宇和島市、津山市では緊急告知ラジオをどう配備するか、防災行政無線の受信機よりも安く、しかも確実に音が届く等の検討が進んでいる。
(みみずくの戯言)
   

































05-160612


 話し合ってみる「私にとってのマイナンバー」

6月4日、本年度第1回のサロン団談が開催された。
参加者は12名。
ゲストはTCANの会員である平田紀年さん(社会保険労務士)である。
平田さんからは月の初めにTCANのHPに「平田事務所通信」を定期的に届けていただいている。
特に昨年度の半年は毎月マイナンバー制度のことについてお知らせを頂いた。


 荷物を積まないマイナンバーの空車が今後どのような荷物を積むのかは、極めて不透明の中での施行だが、5月で1年が経過した。
 実際には本年度の動き始めの直後からシステムの不具合が続き、4月の末に運営に当たる「地方公共団体情報システム機構」が、やっとの事で“不具合の原因を特定して対応を終えた”と宣言した。

 不具合が発生したのは、自治体からの情報の暗号を解いたり保管するサーバーが問題だった。
それ故、市区町村の窓口にカードを受け取りに来た住民が暗証番号を設定出来ず、持ち帰れない例が続出。
カードは顔写真付きで身分証明になる。
政府は3月までに1千万枚を作成する計画で、それに迫る申請があったが、4月末で申請者に手渡せたのは331万枚の3分の1に止まった。

今回のサロン団談は、不透明感のあるマイナンバーについて、個人の立場で、感じることを思い切り話し合ってみることが主眼である。

そのために、平田さんは随分とその内容に工夫を凝らしていただき期待に充分応えていただいた。

先ずはスタート時の「マイナンバークイズ10題」の導入である。


これをやると参加の雰囲気が生まれ、口元が柔らかくなる。

筆者は「マイナンバーカードには、有効期限はありますか?」を「ない」と答えたが、これは×。

赤ちゃんのカード写真が、そのままでいいはずはない。
20歳未満は5年ごとに更新とのこと。
全員正解の方が2人もいた。

平田さんから「レベルと関心が高い」とお褒めの言葉を頂くと嬉しくなった。

お話の骨子は
「マイナンバーとは何か・マイナンバー導入までの推移・マイナンバーで何が変わるか・年金受給者の届け出等・危惧されること・注意して厳守すべきこと」
であったが、特に関心が集中し話し合いの交換がなされたのは「マイナンバーの効用と注意すべきこと」のように見受けた。

 効用とはこの制度から何を期待し、どう変えようとするかだ。

 公平・公正な社会の実現、国民の利便性、行政の効率化、が3本の柱だ。
極めて単純な質問だが、鳴り物入りでスタートした「住基ネット」は今回のマイナンバーとどう繋がるのか。
再度、住基ネットの轍を踏まぬか? 
国や行政からはコンビニで住民票が取れると強調の発信が聞こえてくるが、国民の利便性とカード固有の不安全性との狭間で、個人として注意していくことが浮かび上がる。
健康保険証等、統一的なものは法律でもって国が網を掛けるが、図書館貸し出しカードの組込み等、固有なものは地方自治体が条例でもって制度導入を図っていくことだろう。
これが進むと、マイナンバーの漏洩するチャンスが拡大すると言うことだ。

来年7月から発足する「マイナポータル」
(自分の特定情報をいつ、誰が、何故情報提供したかを確認する機能、等)
と市民が議会条例審議の経緯に関心を寄せなくてはなるまい。

個人情報の扱いを監視する第3者機関「個人情報保護委員会」が、3月末で地方自治体や民間企業で番号の漏洩や紛失が計83件起きていることを報じている。
その内訳は44の自治体で57件、19の企業で26件。このうち2件は、1回の漏洩が100人分を超える重大な事態という。

また、ネット上で番号を入力させる「マイナンバー占い」などについて、事業者に“マイナンバー法に抵触する可能性がある”と文書で注意している。

使われる領域としての「災害対策」について、被災者生活再建支援金の支給、被災者台帳の作成事務等は、今回の熊本地震でどう活用されようとしているのか、注視したい。

参加者希望で、終了後余韻を残して「麦の会」を行った。
平田さんと筆者の共通の友人の3人も参加してくれた。

その一人、竹尾徳治さん(ユネスコ協会連盟評議員・飛鳥、橿原ユネスコ相談役)からは、「こういう小グループの勉強は、住民が市民になるために大変有益です。
その場を作られている役員のご尽力には敬服いたします。
後の何でもいえる懇親(麦の会)も含め、楽しく大変問題意識の高い方が多く、頼もしく思いました。
どうかますます魅力あるTCANが続きますように祈念いたします」 

温かい御礼のメールが届けられた。
(MY)
   


































04-160612


 友情について

 「人生において万巻の書を読むより、優れた人物に一人でも多く会う方が、どれだけ勉強になることであろうか(小泉信三)」(元ダイエー副社長、戸田隆さんより教えていただいた)

これまで生を受けて以来、沢山の人と出会った。
いろんな人と出会い、色んな事を学ぶ機会が多くあり、有意義な価値ある人生であったと思っている。
その中でも友情だなと熟々、感じとれるシーンを切り取ることができる。



冬である。
猪名川町の「ぐうたら荘」に運良くみんなが集まった。
この季節は、厳格で真実な点で、他のいかなる季節よりも友情にふさわしいのだ。
三々五々と集まった彼らは、今しがた、おいしい食事を取ったところだ。
というのは、いかに至福でも、感覚の繊細さから始まってはならないというものはないからだが、それでなくても、まずい料理を食べに集まる友だちというものは考えられない。
彼らが深く結ばれるには、この小屋の建設の経緯を互いに理解し、経験から得たものを精神に委ねるという趣味を共通して持っている事だけで充分である。

このような談話に加わるものは、知性の楽しみと入り交じった夢心地の喜びを味あうものだ。
観察が観察を呼び、考察は別のより微妙な考察により修正され捕われる。
彼らはいくつかの相異なった真理を同時に認め、それらを隔てている空間を瞬時に横切り、悪戦苦闘して坂をよじ登る事もなく、絶頂に達するのだ。
全て忘れる陶酔の内にあって、人は愛し合うが、全てを知る喜びのうちにあって人は友だちになる。

友だちというものは、完全な平等の内に生きる。
こういう平等は第一に、会っているとき、彼らが互いの一切の世間的相違を忘れる事から生じる。
とはいえやはり、精神や才能の相違は残るが、その場合でも、それに妨げられる事は不可能だろう。


なぜなら、自分たちが何であるかという点ではなく、何を愛しているかという点で、彼らは平等と感じているからである。

友を見いだすために、人間の中を探索する魅力は、この場合危険を冒すのは我々だけであり、我々に関わりのある探求が問題なのだから、我々は絶対的に自由であるのだ。

本当の友情は、知的な交際の元で形作られることに着目するだけでは充分ではない。
それを超えて続くのでなければ、重要さを持ち得ないものだ。
それは同じ類縁に始まり、同じ渇望に終わる。
相互の感受性の共感なしに、現実的な友情は存在しないし、偉大さに対する共通の尊敬がなければ、完全な友情も存在しない。

友情をはっきり理解するには、あらゆる段階で考えてみなければならない。
厳しいそれもあるが、激しい友情もある。
前者は、この感情がのびのびと楽しんでいる姿を示しているものだが、そんなとき我々は、かかる友情を味わうには精神的卓越が必要だと感じる。

 後者は、それが活動している姿を表しており、これには魂の偉大さが必要だと感じるのである。
一緒になって相ともに、人生を論じている友だちは伊吹山の高原を散策した人たちのようなものだ。
だが、相手の顔を見ればいつも、この上なく誇り高いものを呼び覚まされるような友だち同士というものは、同じ頂きを目指して登る人たちと同じである。
一方はあるがままの姿を楽しむために集まり、他方はあり得べきものとなるために集まる。
この後の場合こそ、友情の最も素晴らしさが姿を表してくる。

友情は、自分が選び取った人間に伝える何らかの内面的な豊かさなしには考えられぬ。

 これも伝えておきたい。
「人々から離れたときこそ、友だちは見つかる(ボナール)」

(みみずくの戯言)
   




































03-160603


 森林に囲まれて・思うこと

何となく森林に囲まれて、森の中にいることは気持ちが落ちつく。
猪名川町の大野山の麓にある仲間たちで造った「ぐうたら荘」に滞在すると、元気になれることを経験上実感している。

 森の中にいて森林探索をするのも楽しい。
単純に何も考えずに歩き回ってみるのもいいものだ。
気の置けない仲間と時間を共有することも楽しいが、一人でいると違った自分を発見することもある。


森林浴という言葉を聞いたことがあるだろう。
この言葉が世の中に現れたのは1982年であったが、「ぐうたら荘」ができて5年目の頃のことである。
時の林野庁長官、秋山智英さんが森林散策による保護を提唱したことが始まりである。
森林にはフイティンチッドと呼ばれる成分が漂っていて、香りによる清涼効果や生理機能の促進など優れた効果がある。
それを浴び、森林浴を行うことで健康・保養に国内の森林を活用しようと唱えたのだ。

その線上で、より科学的に研究したのが、東京農業大学の上原巌教授である。
1990年に、当時勤めていた農業高校で、生徒たちと森林内の作業や活動を行う中で、彼らの変化に気づいたことを科学的に究明したのだ。

 血圧、脈拍、あるいは脳波などの測定から始まり、様々な生理的反応から、森林散策が人体に何らかの影響をもたらすことを証明した。
そして、森林散策は、カウンセリングや障害者の療法、あるいは幼児の保育・教育など広い分野に応用できる事を1999年の日本森林学会で「森林療法」と言う名で発表した。

鹿児島県霧島温泉郷にある霧島桜ヶ丘病院は、高齢の認知症患者の治療に「森林療法」を取り入れている。
患者と職員が天気のいい日の何時間かを病院の隣にある森の中で過ごす。

明るい杉林の中のあちこちで、丸太に腰掛けたお年寄りたちが、樹皮を向いたり細い枝を集めたりしている。
腕を支えられてゆっくり木々の間を歩く人がいれば、仰向けに寝転んで空を見ている人もいる。


変化は現れている。
屋内では240歩しか歩かない人が、森の中ではその10倍歩いた。
前の日に家族が来たことも忘れる患者が、森に入った翌日に「昨日はたのしかったね」と話しかけて職員を驚かした。


お年寄りには山で遊んだり働いたりした記憶があるから森を歩くのは「回想法」という治療にもなるようだ。

デンマークで開設された森の幼稚園は日本では70カ所くらいで行われているという。
そのタイプには、通常型・融合型・行事型の3つがあるという。
2009年に鳥取県智頭町の森の幼稚園まるたんぼうが最初である。
北摂の池田市では、さつきやま森のようちえんが2012年に開設している。

 園長の木村太郎さんは長野県上高地で山岳ガイドをされていた方だが、いざ自分の子どもを入れる幼稚園を探してみても、自分たちの教育方針に沿った園に出会えず、それでは「子どもの可能性を信頼し、自主性を育む環境をつくり、自然の中で過ごし生きる力を育む」ことを願って立ち上げた。

長野県は2015年度から自然保育に力を入れる「信州型自然保育認定制度」創設し専門指導者派遣事業を実施要綱で表示している。
昨年12月9日には、野外保育森のいえぽっちの1日体験会では、自然を感じるおさんぽ、森でみつけた宝ものを使ってのクラフトワークが行われている。

森の癒やしに触れるのに、何時間もかけて山奥に出かける必要は無いと、上原教授は言う。
日常と一線を画した空間なら、近所の公園の木々の間ででも良いのだ。
大阪府下で3本の指にいる緑化率のこのまちでの工夫をする余地は充分にあると思うことしきりである。
(みみずくの戯言)
   




























02-160603


 「参加」と「連帯」につながる自立

人間にとって自立とは?と尋ねられると、どうかなと一瞬構えてしまう。
ライフプランの学習では、経済的自立、精神的自立、生活身辺的自立をあげて、そのバランスを考えてもらっている。
特に精神的自立は、あらゆる自立の基本であり、市民活動には欠かせないことである。
自分の主人公は自分であり、その自らの主体的内発的意志によって選び取る行為が市民活動だと思う。
精神の自立のないところに市民活動は生まれない。
一見、ほとんどお金にならないボランティア的な活動をしていても、滅私奉公、させられているものでは、精神的に自立しているとは言えまい。


人間は、周りの人たちと、しっかり情緒の共有が出来ているのだという確信があると、独りでに自分の心と身体が動き出すものなのである。
知らず知らずのうちに自立心が心と身体に充ち満ちて、動き出さずにはいれないようになる。

 自分の喜びが他人の喜びになり、自分の悲しみが他人の悲しみになる。
と言う経験が心を揺さぶると、今度は逆に、他人の喜びが自分の喜びになる。
他人の悲しみが自分の悲しみになる。
思いやりや励ましが、じんじんと感じとれるようになったら、じっとしてはおれなくなるものである。

自立しなさい、と言われて自立するものではない。
自立せずにおれない気持ちが、内からわき起こってくる、そのことが大事である。
内から起こってくるエネルギーを引き出し、仲間と考えを交換しながら、生き方を創り上げていく。
其れには自分が自分の考える力を補給し、既存の枠組みを壊し価値体系を作り、まずは動いてみるものだ。
内的エネルギーを持って自立すると言うことは、勇気が必要で孤立に耐える力をつけることでもある。


人間の尊厳の基本は、人間が自分の主人公であり、社会での主体者として自立している所から発すると思う。
自立とは人間の尊厳の由来である。
もし人間が様々な障害、疾病、老齢などのために自立できないとしたら、その自立を支える条件が福祉である。
だから福祉とは恩恵でも救貧対策でもなく、人間の尊厳回復の支柱だと思う。

ところで、我々は自立という言葉を使う割に、この言葉が本質的に嫌いであるようだ。
「親と子の自立」というと、一人っ子を持つ親は淋しそうな顔をする。
「夫婦が自立する」というと「そんなに自立したいなら結婚する必要がないではないか。
シングルで行けば」と語気を荒げる人に出合う。
それもこれも、字が一字、共通している性で、「自立」=「孤立」と錯覚するからだろう。

 我が国の人々は、一見物質的に豊かであり、行動の自由も表現の自由も保障されている。
しかし、その背後には多くの孤立した人たちがいる。
孤立というのは独りで生活すると言うことではない。
他の人々、更に社会に対して信頼感を失っている状態なのであるまいか。

 自立と孤立ほど似て非なるものはない。
自立の尊さは、それが参加と連帯につながることである。
逆に孤立を生むのは依存した態度と精神だ。
自立は参加を生み連帯につながる母である。
依存は孤立のもと、になる。
(MY)
    




























01-160602


 厚生労働省の支援策で「無期転換ルール」対応は進むか?

平成30年度から本格化
 

 有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときに、労働者の申込みによって企業などが無期労働契約に転換しなければならない「無期転換ルール」は、平成30年度から本格的にスタートします。

厚生労働省は、このルールに関して平成28年度に実施する以下の支援策を4月下旬に発表しました。

(1)無期転換制度の導入支援のための「モデル就業規則」の作成 
(2)無期転換制度や「多様な正社員制度」の導入を検討する企業へのコンサルティングを実施 

(3)無期転換ルールも含めた「労働契約等解説セミナー」を全国で208回開催 

(4)無期転換制度や「多様な正社員制度」についてのシンポジウムを開催 
(5)先進的な取組を行っている企業の事例を厚生労働省のホームページなどで紹介 

(6)無期転換制度の導入手順などを紹介するハンドブックを作成 

(7)キャリアアップ助成金を拡充 

(8)都道府県労働局(雇用環境・均等部(室))に専門の相談員を配置 


無期転換対応の動きが進むか?

独立行政法人労働政策研究・研修機構が昨年12月に実施した調査によると、労働契約法に基づく「無期転換ルール」について66.1%の企業が「何らかの形で無期契約にしていく」と回答したそうです。

厚生労働省の支援策発表を受けて、企業における無期転換ルール対応の動きが本格化していくことが見込まれます。


業種別のモデル就業規則

なお、上記支援策のうち(1)のモデル就業規則については、「小売業向け」および「飲食業向け」のものはすでに厚生労働省が作成しており、同省ホームページでダウンロードすることができます(「多様な正社員 厚生労働省」で検索)。

それぞれ42ページにわたるもので、「無期転換ルール」のみならず「多様な正社員制度」にも対応するものとして詳細な解説も付いており、小売業および飲食業における就業規則作成の際には大変参考になります。

今後は他の業種についても作成が行われる予定となっています。


    


 平成28年度「年度更新」手続のポイント


雇用保険料率は「引下げ」

労働保険の保険料は、年度当初に概算で申告・納付をし、翌年度の当初に確定申告のうえ精算します。
つまり、年度更新手続は、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を併せて申告・納付する手続きです。

この保険料とは「労災保険料」と「雇用保険料」ですが、保険料算出に使用する保険料率が、労災保険料率は前年度から変更ないものの、雇用保険料率は引き下げられ、一般の事業1000分の11(前年度1000分の13.5)、農林水産・清酒製造の事業1000分の13(前年度1000分の15.5)、建設の事業1000分の14(前年度1000分の16.5)となっています。

手続きに必要な様式等の入手方法

必要な様式やツール等は、厚生労働省のホームページに随時アップされます。

今年度は、申告書の送付は5月末からスタートし、提出は6月1日から7月11日までの間に行いますが、事前に準備できるものは早めに取り掛かっておきましょう。

「法人番号」の記載が必要に

申告書の様式が変更され、「法人番号欄」」が追加されています。

法人番号とは、国税庁から通知された13桁の番号で、この番号を記入します(1法人につき1つ割り当てられるので、支店や事業所においても同じ番号を記入します)。
個人事業主の行う事業については、法人番号欄の13桁すべてに「0」を記入します。

建設の事業は消費税の取扱いに注意

建設の事業で労務費率により保険料の算定基礎となる賃金総額を算出する場合、前年度中に終了した事業については、事業の開始時期により消費税率等に係る暫定措置の適用の有無が異なります。

詳細は厚生労働省ホームページ等で確認しておきましょう。

熊本・大分における地震の被害に伴い労働保険料等の納付猶予を受ける場合

今年4月に熊本県・大分県を中心に発生した地震により、事業の経営のために直接必要な財産(事業財産)に相当の損失(おおむね20%以上)を受けた事業主は、「納付猶予申請書」および「被災証明書」を提出することにより、一定期間その納付の猶予を受けることができます。

この申請は、年度更新申告書の提出とともに行うことも可能ですが、被害額が申告書の提出までに確定しない場合は、災害が止んだ日から2月以内に行います。
   


人材不足問題は依然深刻… 採用すべき人材を確保するために

2016年は「人材不足問題」が企業経営を圧迫する?

2016年の業績見通しについて、中小企業経営者はどのように考えているのかを尋ねた、学校法人産業能率大学の調査結果が公表されています。

これによると、多くの経営者が業績は2015年と同様か良くなるとの見方を示しましたが、一方で「人材の不足」が経営活動に影響を与えると想定しており、業績を上げる機会を人材不足によって逸することのない対策を講じることが急務となっています。

人材不足問題は依然深刻であり、人材の確保はまさに優先度の高い経営課題となっていると言えるでしょう。

厳しいのは新卒採用

中小企業にとっては、特に新卒採用活動が厳しい状況です。
同調査では、2016年入社の新卒採用について、およそ4割が当初の採用予定数を下回るという結果となりました。

代わって活発化しているのが中途採用です。
恒常的な人員不足の解消や欠員の補充、即戦力となる人員の確保をねらい、半数以上が中途採用の予定があると回答しました。

これからの採用活動に求められること

新卒採用にせよ中途採用にせよ、人材不足が深刻化している状況にあって、現在、採用選考を行うにあたり「いかに良質な母集団を形成するか」に関心が集まっています。

採用すべき人材と接点を持つためのアプローチ方法の確立が望まれます。
Facebook等のSNSを有効活用しようとする企業も多くなりましたが、一歩進んで、SNSなどのデータベースから人材を探し、直接連絡を取って採用するというダイレクトリクルーティングもよく見られるようになってきました。

「従来の踏襲では確実に競合に負ける」と言われています。
様々な手法を積極的に検討しながら、自社の風土等も踏まえた採用活動を行うことが求められています。

<あとがき>

 まだ若かりし頃に勤めていた会社のミニ同窓会を先週末に琵琶湖畔で行いました。
参加総勢9名(宮崎から二人、福岡から一人、岡山から一人、近畿近郊から五人)のミニ同窓会です。
航空機、フェリー、電車、車での集まりで女子7名、男子2名の夢(?)のような一泊二日の同窓会でした。
いつもは工場のあった奈良・大和高田での集まりでしたが今回は、場所を変えて行いました。
遠くに比叡山、比良山を望み、目の前に琵琶湖を眺め自然豊かな近江・守山に集まりました。

 守山には佐川美術館があるということで、そこを最初に見学させてもらいました。
日本画家の平山郁夫さん、彫刻家の佐藤忠良さん、陶芸家の楽吉左衛門さんの作品を中心に展示されていました。
シルクロードの絵三点を展示してあるところには椅子が置いてあり、静かにゆっくり座って眺めていると何か心がゆったりできました。

 楽吉左右衛門館は、水底に敷設された展示室でこれには驚きました。
前に訪ねたときは、時間が無くてこの館は見学できなかったので、芸術の判らない私ですが見学できて良かったです。

 
 美術館を後にして、ホテルでゆっくり温泉につかり、お待ちかねの懇親会です。
懇親会は、琵琶湖産の子鮎など地元の食材を使った10種類の料理に大満足でした。
男子2名は全部食べきれず残してしまいましたが、女性陣は気持ちいいぐらいの完食でした。
素晴らしいですね、この若さ。
ホテルのシェフも喜んでいたと思います。

今、会社で見直されているのが社員のコミュニケーション不足をどう改善したら良いかのようです。
「“同じ釜の飯を食べる”と社員の絆が深まる? 
古くて新しい福利厚生が若手社員にウケる理由」などと、この頃良く見たり聞いたりします。
会社も社員のコミュニケーション活性化を積極的に取り組んでおられるようです。
以前盛んにやっていた日本式コミュニケーション活動に期待したいものです。