市民・会員の皆さまからお寄せ頂いたご意見や、メッセージを掲載しております。
どうぞ気楽にご意見をお寄せ下さい。下記ご意見をクリックすると、各項目にジャンプします。
このページはみんなの広場 71ページです。  


バック
ナンバー
最新
ページ
P70
P69
P68
P67
P66
P65
P64
P63
P62
P61
P60
P59
P58
P57
P56
P55
P54
P53
P52
P51

20-16.12.05  理想を阻むもの

20-160528
「継体大王と
筑紫君磐井」
展のこと



18-160521
多文化共生
のまちづくり



17-160521
「おかげさまで
生かされている
」心の種を!
19-16.11.28  手紙:木股鎮夫君
18-16.11.28  地域の自治を考える:連続セミナー(最終回)に参加
17-16.11.22  人間の性(さが)・殺し合い
16-16.11.22  ぶつかり合う中から生まれる弁証法
15-16.11.22  追手門学院大学将軍山祭を訪ねる
14-16.11.15  自分を無くす愚 
13-16.11.15  政策実現としての条例
12-16.11.08  健康と言うこと
11-16.11.08  「高槻市立地適正化計画(素案)」説明会から
10-16.11.01  子育ては親の成長
09-16.11.01  オープン学習会・第3回サロン団談『市民活動をデザインする』
08-16.11.01  平成27年度における民間企業の給与の実態は?他 平田事務所便り 16/11月号
07-16.10.25  主体と客体の出合い
06-16.10.25  10月の2つの行事から
05-16.10.20  「家庭教育」の方向
04-16.10.20  自分を見つめて
03-16.10.11  「立憲思想」のルーツから
02-16.10.11  道徳心について
01-16.10.03  母と子の一体感
 
 
 










20-161205


理想を阻むもの

 「理想は我々自身の中にある。同時に理想の達成を阻む諸々の障害もまた、我々自身の中にある(カーライル)」

 筆者の学生時代は安保論争に明け暮れた。
一回限りだが教室に先輩格とおぼしき学生?が押し寄せ、一言アジ演説をすると、どう思うかを一人一人名指しで答えさせる場に出くわしたことがあった。
その言動からマルクス主義の功績の一つは、資本主義の数々の矛盾を指摘した点だとは思ったが、其れを帳消しにするくらいのマイナス点も残したようだ。

 それは、アジ学生が何事も「体制が悪いのだ」「社会が悪いのだ」「環境が悪いのだ」と、一切の悪いことを、自分以外に責任転嫁してしまう考えを身につけさせようとするものであったからだ。
弱いものにとってマルクス主義ほど都合の良いものはなかった。
まずは自分の弱さを認めない限り、この呪縛は解けない。
人生は強く生きてこそ生きがいに繋がるのだ。
障害を乗り越えてこそ生きがいが生まれる、と思う。
それを我々が強く生きられないのは、社会が悪い、と来る。

 生きがいとは極めて個人的なものなのだ。
個人の内部の問題なのである。
自己の修練なのだ。
自己の鍛錬なのだ。
皆が生きがいを持てるような社会にならねばなるまい。
そのためには資本主義体制では駄目だといっていたが、これは逆ではないか。
皆が生きがいを持てば、社会は変革されよう。
今のように矛盾がはらむ社会は、必ず改革される。
皆が生きがいをもって生きれば、この現代の矛盾した社会は改革されよう。

 生きがいとは自己の鍛錬だ、自己の向上だ、労働だ、活動だ。
生きがいをもって働いている人は、社会のために働いている人だ。
金を貯めることが最終の目的ではなく、今ある金を社会のために有意義に使い、活動している人は生きがいを持っている。
社会に害を及ぼす人は、金をただ自己のみに使う人だ。
金の力だけで何かをしようとする人だ。
ホリエモン、村上ファンドのような現象が発生したことから、学んだはずだ。

 何もかも社会のせいにしてしまうような人は、社会がどのように変わっても生きがいある人生など送れない。
もし、私に金があったら事業を興すのだが、もし、私がもっと体が丈夫なら、スポーツジムに通うのだが、もし、私にもっと能力があったら、自分の好きなことをするのだが、もし、私の親に理解があったら、私はアフリカでボランティアをするのだが。
このようなIF現象では絶対と言っても良いくらい解決に至らない。

 「もし、私に・・・があったら・・・したのだが」と言っている人は、そう言って何もやらないことを、その何かがないことの責任にしているが故に、遂に何事も出来ないだろう。
つまり、遂に生きがいを得られないのだ。
もし、その何かが出来ないのは、自分が弱いからだ、と認めて、強くなろうと努力すれば、生きがいある道が開けるはずだ。

 理想の達成を阻む諸々の障害が我々自身の中にある、ことを認めない限り、理想は決して達成されることはない。(MY)





























19-161128


手紙:木股鎮夫君

拝啓。

 季節が大きく傾き冷え込んできました。
再度入院の報を、鈴鹿、藤本の両君経由で耳にいたしました。
段々良くなっていくのだろうと想像しておりましただけに驚いております。
まずは、お見舞いを申し上げます。

 食事を分けていただく習慣が身につくまでには、随分の訓練が必要だとその道の先達からの風聞を耳にします。
そのノウハウは病院の方が事例を蓄積されているわけですから、返って早く身体になじむのではと思ったりしております。

 藤本君は先達ですから、何かと電話されアドバイス・コメントを受けられること、是非にとお勧めいたします。
小生が絶えず読み返している、禅道を研究されている赤根祥道さんに「人生、今いるところが道場だ」の著があります。
会社同期入社以来43年、君とは色んな思い出を重ねて来ましたし、同じ大学出身と言うこともあり、甘えて息子の就職活動では,スポーツ業界の話などを聞く機会を作ってくれましたね。

 最初の阪大病院のお見舞いの折にも話したと思いますが今病床にいる君、天が与えてくれた「人間とは何か。生きるとは何か」を問うチャンスを与えてもらっている気概で,元来のファイトマンの君なればこその、病との対峙に前向きであって下さい。

 「人間は生きたようにしか死ねない」の言葉もあります。
「生きる力」は息を整える処が基本でしょう。
息という字も自らの心と書きますが、こんなところが人生の道場の原点だと言うことでしょうか。
「病の中にこそ真実の人生がある」と考えては如何でしょうか。

 「春の来ない冬はない」とも言います。
春の訪れもまもなくでしょう。
桜の咲く頃には、一献傾けながらの回復祝いをしたいものです。

 本来ながら,お顔を見たい思いですが、年末のこと故、業務が立て込み失念をいたしますことお許し下さい。
それではまた、お顔を見に参ります。
ご快復を心より念じております。

敬具
                              平成20年11月28日 
                                 山下征紀

 実は、鈴鹿・藤本両君からのTEL後、すぐに奥様と連絡を取りお見舞いできるかの話をしました。
無理だという奥様のことを聞き、それでは手紙を書きますからと言うのが、上記です。
12月4日の死亡。
8日の葬儀の折に、奥様が近寄られて、枕元で手紙を読んであげたら頷いていました、とのこと。

 文中の藤本君は、その後胃がんの手術の経過が思わしくなく木股君を追うように死亡。
木股、松原君と共に神戸医大の藤本君入院再手術の折は、再三、奥様の要望もあり三人で主治医との折衝した思い出があります。
木股君葬儀の日、棺の顔を見て菊の花を捧げながら「良い付き合いをさせていただきありがとう。
時々夢に現れて、一献やりましょう」とつぶやき手を合わせました。





























18-161128


地域の自治を考える:連続セミナー(最終回)に参加

 昨年の11月から始まった「地域の自治を考える・連続セミナー」は11月19日をもって終了した。
この13回にわたる企画は、そんじょそこらでできる事ではあるまい。
なら・未来の木原勝彬さんあってのものだと、つくづく感服し心から感謝の言葉を贈りたい。

 これを企画する切っ掛けは奈良市が行政主導で進めようとした地域自治協議会を制度化しようとする事からであろう。
そのために現状の「奈良市 市民参画及び共同によるまちづくり条例」の改正案を議会に提案する。
これを支援し、これを機に住民の自治意識を喚起する背景があったのだろう。

 この全体のプログラム構成は、まずは「奈良市のコミュニティ政策」を過去・現在に渡って知ることからのキックオフだ。
次いで「基本編」として、学としての自治とは何か。
そして「実践編」として関西周辺からのユニークな地域活性からの展開事例。
そして、インターミディアリーな機能組織からのネットワークの拡がりのケース。
そして「今後の展望・まとめ」というコンテントであった。

 最終回の中身は素晴らしかった。二部構成からなるまとめのシンポジュームだ。

 Ⅰ部の基調講演は「これからの自治体運営と地域自治の可能性」金井利之教授(東京大学大学院法学政治学)で、その主旨は憲法92条の地方自治の本旨としての団体自治と住民自治を取り上げ、共に危機的状態である事の事例を挙げて指摘された。
地方分権とは逆の金による国の集権化バラマキ誘導は、特に第2次安倍内閣に頻繁に見られる。

 例えば地方創生に名を借りた、商品券の発行支援、貧困高齢者への2万円の支給、働き方改革、コンパクト・シティ構想等、次々とモデルに手を挙げさせる企画を打ち出し、中央で表彰のスタイルを繰り返している。
一番やってはならない、辺野古基地周辺の3区に、名護市を通さず、直に地域振興費を支給する分権の禁じ手にまで手を染め、自治体を天領化するごとき動きである。
国会議員の3分の2を掌握し、今のままでは自治体は国の言いなりだ。

 自治体はその力を住民自治に曲がった形で迫っている。
「住民は要求ばかりではいけない、責任ある提案型になるべきだ」「住民も行政と一緒に汗を流すべきだ」の我慢・責任・動員の動きは、租庸調の庸にあたる、身体での税負担だ。
個々の住民の自発性が発揮された震災ボランティアのようなものではなく、住民が事実上せざるを得ない状態に追い込まれ動員になっている。
この根っこは、平成の市町村の大合併の旗振りからだと含蓄のある刺激的な内容であった。

 Ⅱ部は4人のパネラーによるディスカッションで、乾亨教授(立命館大学産業社会学部)のコーディネータによるものだ。
パネラーはこの場にふさわしい方を吟味され選出に配慮があり嬉しかった。
それぞれが、手元の資料やプロジェクターを使っての経緯・説明、方向性・意見を話され、乾先生が少しフォローするカタチで進められた

 梅原聡介さん(奈良市自治連合会会長)からは、なぜ、奈良市では地域自治協議会が必要になってきたか?
そして行政による制度化への道のりを自治連合会、奈良市、審議会の連携フロー図で説明された。

 田中逸郎さん(豊中市副市長)からは、豊中市が協議会制度を発足させてから、その進め方について、豊中市まちづくり条例(1993年)、豊中市市民公益活動推進条例(2004年)、豊中市自治基本条例(2007年)、豊中市地域自治推進条例(2012年)と行政主導で着実に手を打ってきている。
焦らず急がず、これを豊中スタイルというのだろう。

 林田久充さん(甲賀市市議会議員)は、ユニークな経歴の持ち主だ。
前任が草津市の総合政策部理事、草津市未来研究所参与の経歴を持ち、それだけに、草津市と甲賀市の二つの自治体を見つめ、甲賀市自治振興規則(2011年)を皮切りに甲賀市議会基本条例(2013年)、甲賀市まちづくり基本条例(2016年)の流れを話された。

 木原勝彬さん(なら・未来、自治プロジェクトリーダー)は、3人のパネラーの意見を重ねながら、今回の奈良市議会で否決された現実に対する問題提起も含め、このセミナーから見えてきた地方自治の仕組みや課題の展望について語っていただいた。

 乾コーディネータは、まとめとして・何故今、地域自治なのか。・どのような形、仕組みがあり得るのか。・どう進んだらいいのか、の3点で学ぶ事が出来たと、総括された。

 13回のうち行事と重なり10回の参加になった。
高槻の現状と比較しつつ、これからの地方自治を考えるのに大いに刺激を受けた。
自治体の執行は二元代表制であり、首長や議員は選挙の推移によって浮き沈みする。
市民もボランティアで関わろうとすると揮発性である事が問題としてあげられよう。
やはり、いつも思うことだが住民が市民として成熟し、「地域が主体性のあるソリューション力を身につけること」はどうしたものだろうか。
またもや考え込んでしまった。悩みは深い。
(MY)

参考:第10回の報告は9/10のHPに掲載されております。





























17-161122


人間の性(さが)・殺し合い

 日曜日の7時半NHK、ダーウインが来た!を見ることがある。
その折、しばしば動物間の戦いを見る。
どんな凶暴な肉食動物でも、同じ種族の中の争いではお互いが傷つくことはあっても、決して相手を殺してしまうことはしない。
例えば猫同士が喧嘩をしても相手をかみ殺してしまうことはない。
猫が死んだのは犬にやられたか、自動車にひかれたか、病死かである。

 いうなれば、動物の争いはトーナメントのようなもので、順位づけで満足していて、最後の最後まで雌雄を決するような馬鹿なことはしないのである。
もしも、お互い殺し合いをするなら、とっくの昔にあらゆる動物は絶滅してこの地球上から姿を消してしまったに違いない。
それがちゃんと生存しているのは、違う種の間では殺しはあるが、同じ種の中では、どんな激しい争いでも決して殺しがないからである。

 ところが、万物の霊長と自負し、ホモサピエンスという名前まで頂戴している私たち人間は、世界中で殺しをやっている。
だれがなんと否定しょうとも地球上のどこかで、今のこの瞬間、何人かの尊い命がテロや戦争で失われている。
なるほど、そう言われてみると私たち人間はグウの音も出ない。

 こんなに素晴らしい文明を作り上げた人間が、なぜ動物のやらない殺しをやるのであろうか。
悲しい現実ではあるが、実は、私たちのあらゆる精神を生み出し、もろもろの行動をあやつっている私達の脳に人間としての性(さが)・殺し合う仕組みが備わっているからである。

 人間の脳の構造は原理的には極めて簡単である。
中心の軸となっている脳幹という部分と、これを取り巻く大脳皮質(旧皮質、新皮質)という薄い層からなっている。
脳幹は精神活動がない代わりに、ただ黙々と身体の健康を守ってくれており、いわば命の座である。
内側にある旧皮質は動物にもあるので、動物的行動をあやつる心の座である。
すなわち、たくましく生きていくために、自ずと備わっている本能と情動の心である。
食欲、性欲、集団欲等が旧皮質に宿る本能であるが、限られた食糧、限られ異性、限られた対象となると、どうしても奪い合いが起こり争いの原因になる。
しかし、殺し合いまではいかない。

 では、なぜ人間だけが、こんなにしてまで殺し合っているのだろうか。
それは皮肉にもこのような立派な文明を築き上げた高等な精神が、他方では相手を消してしまい殺し合うのであって、人間で素晴らしく発達した新皮質、特に人間だけにある前頭連合野のしからしめるところである。

 人間は一人一人顔かたちが違うように、それぞれ個性を持っている。
個性というのは、つぎ込まれた知識や性格の総和ではなく、自分から求めた知能や自分で作り上げた性格の集積されたものである。
従って個性は前頭連合野の働きによって作られ、それによって自分が主張されるのである。
ここに人間だけにみられる優越感、自負心、競争心が身につき、さらにそれが固まると征服欲になり、もっと高ずると、相手を消してしまうことになるのである。
前頭連合野の発達した人間の悲しい性(さが)である。
考えてみると本当に皮肉なことだ。
私達が人間になろうとすればするほど、殺し合う心をかき立てていることになるのであろうか。
(みみずくの戯言)






























16-161122


ぶつかり合う中から生まれる弁証法

 行動から意識が生まれ、その意識を行動によって正していく。
これが弁証法である。
行動するからぶつかり合いが起こり、その中から新しい自分が発見出来る。
 弁証法というのは、マルクスの先生のヘーゲルあたりからだが、それ以前のカントは考えの対象と考える主体があって、それが一致することを問題にしている。
その一致するかしないかをどうして決定するのか、と言う点に付いては不十分であった。

 ヘーゲルの場合は、対象と主体とが完全に一致するという事は無い。
そんなことがあれば人間は壊われてしまう。
マルクスの考え方は、カントの考え方、ヘーゲルの考え方をさらに推し進めているものである。
つまり、カントの場合は、主体と客体が一致するのが理想だが、どうしたら一致するのかと言う点がはっきりしない。
ヘーゲルの場合は、一致するかしないかと言うことは、意識が行動に移って、また行動から意識に移ると言う方法ではっきりさせようとする。
マルクスに成ると、行動と意識の弁証法と言ったってそれは観念の上で行われるわけではない。
現実の上に立ってそういうことが行われるのであるから、現実が決定するのである。
つまり、意識が存在を決定するのでは無く、存在が意識を決定するのだという事になる。

 実はこれは人類の古代からの考え方を、ひっくり返した事になるのだ。
古代からの考え方というのは、聖書に出てくる「初めに言葉ありき」に代表される考え方であって、人間は言葉があって、その言葉で認識するのだと言うことである。

 たとえば、光と闇という言葉が無ければ、光も闇も分からない。
光という言葉があるから、光を見ると、嗚呼、これが光だと認識するのだ。
だから、希望という言葉があるから,我々は希望を持つのではないか。
そうした考え方に対して、始めに言葉があるのではなく、始めに現実があったのでは無いか。

 更に言えば、神が人間を造ったのではなく、人間が神を造ったのではないかというのがマルクスだ。
しかし、マルクス以前、弁証法以前にもそういう現実的な考えはあった。
それは、意識と言うものは、現実を映す鏡のようなものだ。
その現実と意識が一致すればそれはいい鏡だ。
ひずんでいればその鏡がおかしいとする考えだ。

 物理学的にも、動があれば反動がある。
作用があれば反作用がある。
それが総合されて結果が出てくる。
我々の行動とか考え方とかも、一定のものとそれに反対のものと、それがぶつかり合って、それでその結果が出てくると言うものになってこなければなるまい。

 我々は、時間と空間の中で生きている。
自分以外に色々な人がいる。
人間以外に動物、植物、自然というものがある。
しかも、その色々な存在の間に絶えず矛盾がある。
人間同士であっても同一では無い。
また、他の自然との間にも色々ぴったりしないものがある。

 それと、時間的にも我々は現代に住んでいるわけだが、この時代には過去がかなりかぶさり合っている。
それから未来というものもある。
年を取った人は、過去とつながった現在というものを主に考えているが、若い人は現在から未来の繋がりというものをもっと考えなくてはならない。
それに、人間が進歩するという立場であれば、絶えず現状では満足しない。
もう少し未来のことを考えようとする。
そうすると、過去との繋がりで現在を考えようとする保守的な立場と現在から未来を考えていこうとする進歩的な立場と、必ず衝突する。

 自分が空間的にも時間的にも自分と一致しないものとの関係で傷つけられる。
ここから自分がものを考えて成長する。
傷つくことが人生におけるさらなる出発点であろう。(MY)





























15-161122


追手門学院大学将軍山祭を訪ねる

 11月6日(日)の午前、茨木市の追手門学院大学にて行われた将軍山祭に出かけた。
今年の将軍山祭は11月5日(土)と11月6日(日)の2日間にわたって行われた。
今年は記念すべき50回目ということもあり、「50ing」をテーマで開催されていた。
大学自体も今年創立50周年を迎えたとのことだ。

 追手門学院大学には9月7日にお伺いし、地域創造学部の副学部長である山本博史教授と意見交換をさせていただいた(その時の様子はhttp://tcan.la.coocan.jp/01column070707/01-70bn70koramu161003.html#15-160925otemongakuindaigakuを参照)。
そのご縁もあり、山本教授のゼミがブースを出展されると聞き、そのブースを訪問することが主な目的であった。

 阪急茨木市駅よりスクールバスに乗り、大学に到着してバスを降りると、桜通りと名付けられた通り沿いに飲食のブースがずらりと並んでいた。
また第一グランドでは体育祭が行われていた。

 山本教授のゼミのブースを訪問してみると岩手県普代村の物産品を販売されていた。
学校法人追手門学院と普代村は「連携協力に関する協定」(平成27年4月1日より3年間)を締結している。

 聞くところによると、普代村に古くから伝わる国の重要無形民俗文化財である鵜鳥(うのとり)神楽の演目の1つである「羅生門」には、酒呑童子の筆頭家来とされ、現在は茨木市のマスコットキャラクターにもなっている「茨木童子」が登場する。
こういったご縁もあり、追手門学院大学に設置されている地域文化創造機構では鵜鳥神楽を支援しており、2014年には鵜鳥神楽を茨木神社に招いている。
山本教授のゼミでは、東日本大震災の支援をきっかけに普代村の村おこしに取り組んでおられる。
今年も山本教授が学生を引率して普代村を訪問されている。

 学生は全員「普代村」と書かれたハッピを着て、不慣れな様子ながらも一生懸命販売していた。
普代村は昆布が特産品の1つとのことで、昆布をそのまま販売するだけでなく、昆布を使ったうどんやお菓子も商品化されている

 うどんは普代村役場の商工観光対策室が開発したものである。
筆者も食べてみたが、つるりとした喉ごしとコシの強さで大変おいしかった。
普代村には昆布を使ったお菓子を製造している業者が2つ(三船製菓店と下川原商店)もあり、昆布を使ったお菓子で普代村を活性化したいと頑張っておられるとのこと。
筆者も購入させていただいた。

 その後、学生会館の2階で行われていた児童研究会の展示会場を訪問した。
受付にいた学生に挨拶し、私たちがTCANに所属していることや、TCANについての簡単な紹介をさせていただいた。
 山下さんは学生の頃かなり児童文化研究に取り組んでおり、「子ども会の比較研究の話や、住居と家庭との関係分析をされるならhouseとhomeの違いを企業に質問してみると面白い」など学生とはかなり突っ込んだ話をしていた。
高槻の西武百貨店で月に1回、児童とのあそびの場づくりを企画しているとのこと。
是非とも一度現場を訪ねて見たいと思った。
また、すぐ隣にあったマーケティング研究会の展示会場も覗いてみると、オリジナルのCMを放映していた。
 今回は山本教授のゼミが普代村でどのような活動をされているのか、うかがい知ることはできなかったが、また次の機会に詳しくお聞きしたいと思う。(SF)





























14-161115


自分を無くす愚

 人間とは弱くて愚かなものだ。
人間とは愚かで弱く生まれついていると思う。
だが、愚かで弱いと気がついた以上、強くなろうと努力しなければなるまいと思うだろう。

 だが、そうでもあるまい。
力を入れて頑張らなくても良いと思う。
頑張ると目が集中して、周囲が見えなくなるものだ。
ホドホドに意識して、マアマアと軽く流し、思い込まない程度で、状況からほどよい距離を置いて独りでも歩いて行くことだ。

 ここで言いたいことは、周囲の仲間を意識しすぎて、毎日が辛い々と暗示を掛ける自分の存在である。
どうして毎日を被告人の立場に自分を追い込むのだろうか。
われわれが被告人の立場にいるとき、裁判官の椅子に座っている仲間が、立派な人間ならまだしも許しもしよう。
しかし、そこに座って居る仲間が、被告人としての私を裁く基準では、全く馬鹿げているのだ。
仲間になろうとすればするほど、自分を無くす愚につながる。

 昼休みのひととき、朝買い込んだスポーツ紙の交換からプロ野球の昨日の勝敗、週末に行くゴルフコンペのことで、これで毎日を過ごしている。
この話に乗れない者は、知らず知らず昼休みの輪から離れてしまっている。
この輪に入れずにいる者は変わり者だとの暗黙の規範がある。
やはり、仲間になっておかなければ、仕事がやりにくいと思っているのだろうか。
極端な場合、会議中にもこの話題が闊歩することさえある。

 相手のフアンである野球チームに花を持たせ、一緒に行ったゴルフコースから、色んなシチエーションを話題にする。
コミュニケーションの一体化が生まれていると思えばそれでも良かろう。
気を付けないと、このような空気が同質化を育て、脱皮の必要な折りのエネルギーを奪っている。
プロ野球やゴルフの話題をしなければ、仲間入りが出来ない様なグループなら、こちらからそんなグループは拒否すればいいのだ。

 筆者のサラリーマン時代の空気を伝えたが、何もプロ野球やゴルフの話題を止めろといっているのではない。
言いたいことは、そんな時間の職場の雰囲気に染まる価値があるのかどうかを、自分で判断してやれと言うことだ。

 何が自分にとって、本当に大切なことか、何が自分の人生にとって本質的なことか、そのことを考えて、自分のやることをやれというのだ。

 単にみんながやるからというだけで自分も嫌だけどやるというような、自分を粗末にする真似は止めろというのだ。
そして、それが出来るほど強くなるよう、日々努力しなければならないといっているのだ。
単に他人がやっていると言うだけで、嫌々やるのではなく、他人の目を離れて、自分の好きなことをやることが自分を大切にすることではないだろうか。

 自分の好きなことをやる、というと勝手気ままなエゴイストで安易なことと思う人がいるかも知れないが、自分の好きなことをやると言うことは、それこそ大変なことなのだ。
それがどんなに厳しいことか、やってみたことがない人には分からないかも知れない。

 自分がスポーツを好きだからといってやり、それを自分なりに完成の域にまで持っていこうとしたら、日々厳しいトレーニングに耐えなければなるまい。
仕事だって同じことだ。
自分を図る物差しは自分である。
このことをはっきり自覚すること。現代に置いてこれを実践していくには、自分が相当強靱でなくてはなるまい。(みみずくの戯言)




























13-161115


政策実現としての条例

 地方分権の理念は「地域住民の自己決定権の拡充」と「あらゆる階層の住民の共同参画による民主主義実現」にある。

 自治体の条例制定権は憲法94条の権利である。

 全ての住民の権利を実現するために相互に約束して社会的責任と権利・義務関係を分担し合う基本のルールを住民自らが定めたものが条例である。

 また、地方自治法第12条では、住民は条例に対しては、その制定や改廃を請求する権利を持つことが明記されている。
これは住民が地方行政の対象にとどまるのでは無く、地方政府としての自治体をつくる主体の位置を占めることを保障する制度である。
条例制定・改廃を請求する権利は選挙権・被選挙権と並んで住民が直接に政治に参加する参政権の一つであり、しかも、国の制度に無い地方自治特有の手続きの権利である。

 自治体が制定する条例には、次のようなものがある。

(1)義務を課し、権利を制限する条例・・侵害留保原則の具体化で、必ず条例で規定する。
(2)住民の財政負担の根拠を定める条例・・税条例、分担金、使用料、加入金、手数料の徴収に関する条例等があります。
(3)住民の福祉を積極的に増進する条例・・公の施設に関する条例、サービス等の提供に係わる条例等があります。
(4)自治体の組織や事務処理に関する条例・・行政機関の設置、地方事務所等の設置、職員の給与、特別会計の設置等に関する条例等があります。
(5)地方自治を推進する条例・・自治体が独自に制定するもので、自治基本条例、市民参加・協働条例等の政策的なものがあります。

 次に、その条例の存在はどのような意義をもたらすかを挙げておこう。

(1)条例は、予算、計画その他の政策形成の最上位に位置します。
条例が制定されると、予算、組織・人事体制の処置がなされ、実効性が担保されます。
(2)条例は市民の代表である議会の議決を得て制定される。こうした市民的バックボーンの存在が、条例に強い正当性を与えます。
つまり、自信を持って仕事ができる事になります。
(3)条例の制定には、議会・市民・企業など多くの利害関係者の議論にさらされるという事は、それだけ条例が慎重に作られ、内容の精度が高まる事でもあり、裏付けのある制度が出来る。
(4)条例には強い広報力があります。
条例は、その存在自体がマスコミに取り上げられる機会も多く、この点も実効性という点で優位です。
(5)条例は自治体の長が変わっても残り続けます。
長が変わると、往々にして前の長の政策を否定しますが、条例は議会が関わるため、簡単には否定出来ません。
その内、条例の意義が理解されるようになります。

 条例の価値は、中央政府の拘束から離れて自由に自治体関係者が地域の政策や基準を作成出来るところにある。
それだけ自治体の職員にも条例の発議から原案を作成する能力が求められるし、議員自らも条例を審議する能力と決定する判断力が必要になる。

 とともに、市民も個別要求を自治体に対して投げかけるだけでは無く、市民の意思にしたがって地域をよりよく運営していくシステム作りに参加する方向への転換が必要になる。
条例に組み込む内容は関係している市民の方が良く知っている場合が多い。
TCAN素案の「市民参加条例」は、市民が活躍しやすくするための視点でつくりあげている。
更に条例が目的に沿って実施されているか、効果を上げているか、問題は無いかなど、地域の場で市民が日常的に監視して初めて有効な点検が出来る。(MY)






























12-161108


健康と言うこと

WHOでは、健康の定義を3点挙げる。
肉体的・精神的・そして社会的にである。

 赤ちゃんや子どもは、大人のように仕事をするわけではない。
取りあえずは、彼らには肉体的・精神的に成長して欲しい事が全てで、社会的にはその後のことにしてさしつかえあるまい。
赤ちゃんや子どもは仕事をしなくても、退屈もしないし良心も痛まない。
ただすくすくと育って欲しいと念じたい。

 だから子供たちは健康に育っていれば元気なのだろう。
大きくなるにしたがっていろいろな感情が入り交じってくるが、赤ちゃんや子どもにはそういう所がないから、身体が健康で具合良く育っていくときはいつもご機嫌なのだろう。

 「悲しみよりも喜びが深い」とニーチェは言うが、喜びは生命の泉からあふれるもので、悲しみや苦しみはそれを拒否するものから生まれる。

 太陽が喜びとすれば、雲が出てその光を遮ると悲しみや苦しみが生まれるように思う。
少なくとも赤ちゃんは健康な状態にある時は実に元気で喜んでいる。
それが泣いたり、弱ったりしているときは必ず原因があり、その原因はどこかで健康を損ねているか、健康に害のある状態に置かれているかだ。

 そして、その原因がなくなり、健康の状態に置かれると赤ちゃんはまた嬉々とする。
大きくなれば、子供たちの社会でもいじめのようなものが生まれ、いくら健康でも泣くこともあり、悲しむ事も生じてくる。
しかし、まずは肉体的・精神的に健康なれば元気になれる。
元気なれば、活気が生まれつまらぬ事に拘泥せず、信頼出来る人に相談出来る力が付く。

 大人になると、社会環境から煩わされる事が増える。
しかし、健康は取り返せるだけ取り返す事が大事である。
しかし、人間は万能ではない。
いくら健康に戻りたくても無理な人がいるものだ。
その人は健康になったらやろうと思っても不可能だろう。
そのような人は,健康のことは横に置いて、今の状態でなすべき事をやってみる方が、上手くいく場合が多いようだ。

 人間の生きていく目的は健康にあるのではなく、この地上でなすべき事をなすことにあるから、病気を治してからにしようとすると永遠に手の届かぬ事に成りやすい。

 死ぬまで義務を果たした人間、死ぬまで自分に忠実だった人間、死ぬまで他人を愛することを忘れなかった人間、それは賞賛されるべきだろう。
しかし、病気が直る望みがあれば,まずは直すべきであろう。

 それから障がいの人も,その障がいを直せないときは,そのまま悲観していても人間らしくない。
与えられないものは諦めて、与えられたものを精一杯活かせばいいのだ。
くよくよする気持ちは人情としては同情出来るがこだわることは、賢いこととは言えまい。

 私たちは、不治の病の人や障がいを持っている人には同情すべきだが、しかしその不幸をいつまでも嘆く人間よりも、勇気を持って許される範囲で、自分の可能性を広げる人を更にさらに感心する。
その人の精神は普通の人より何倍も鍛えられていることは間違いあるまい。
パラリンピックの放映を見ながら、このことをつくづく考えさせられた。

 最後に触れたいことは、健康ではあるが、自分の生かし方を間違っては困ると思う。
健康だったら怠けていいとはいくまい。
また、健康であれば、怠けていれば退屈するのが当たり前で、何か活動するする必要があるだろう。

 河井寛次郎の「この世は何しにきたところ、自分を探しに来たところ」の言葉が脳裏をよぎった。(みみずくの戯言)





























11-161108


「高槻市立地適正化計画(素案)」説明会から

 10月8日(土)のNPO協働フェスタを途中抜け出し、「高槻市 立地適正化計画(素案)」(都市づくり推進課)の説明会がある6階の会場に、TCANの藤田さんと向かった。
課長挨拶、プロジェクターでの説明、質疑であった。
参加者は4人で大凡30分くらいの説明内容であった。
真剣に力を入れようとは思えず、パブコメのためのカタチだけのように捉えられた。

 これまで、高槻市は都市計画マスタープランに基づき「集約型都市づくり」推進してきたが、2017年度から国の「都市再生特別処置法」の改正により立地適正化を2030年を目標に進めようとするものである。

 その基本理念を『「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」による誰もが住みやすく活力あるまちの実現』とする。
説明で気になったことは、本市はコンパクトなまちがほぼ形成されているとの認識である。
ハード的な設備や交通体系から見たらそうかも知れぬが、市民側にとってはそう思えるのだろうか。

 内容の骨子は、二つの都市拠点と12の生活拠点に生活機能区域からの誘導を図るとするものである。
果たして、“どっちも たかつき”を外し全体の3割を占める市街地のみに絞った素案でいいのだろうか。
市街地フリンジから域外へのエコロジカルな土地のつながるゾーンに対する積極的な構想のプラスが必要だろう。

その方向性は ・都市の無秩序な拡大を抑制 ・都市機能が充実した魅力ある都市機能の形成 ・徒歩生活圏の形成 ・徒歩生活圏と都市拠点を結ぶ公共交通を主体としたネットワークの形成 ・拠点間の連携強化 の5点を挙げる。

 人口減少や少子高齢社会を考えると方向性としては肯首できるが、その構造形成と共に持って行き方の方策の検討を十分にとの感想を持った。
何故、コンパクトなのか。
そして、それによる持続する地域づくりとつながる人的ソフト面の開発が、プラスとして必要だと思った。

 持続するコンパクト化の地域づくりには、以下3つのコミュニティ力が関係する。

・ コミュニティ・エンパワーメント・・地域資源や人材の発掘と活用、資源の循環など、地域の持つ潜在的な能力の開発を通じた内発的発展が、市民によって世代を超えて連綿と継承されるものにする。

・ コミュニティ・ソリューション・・地域資源を有効に活用して問題・課題を解決しながら、地域の共通目標を効率的・効果的に達成する力をつける。

・ コミュニティ・ガバナンス・・地域の問題・課題の解決、意思決定、共通目標の達成などのプロセスにおいて、市民、自治会、NPO、行政などの多様な活動主体による連携・協働などの積極的な関わりの元に問題が解決されていく協治が進んでいる。

 活動の主体に求められる活動原則は自治⇔協働⇔学習のサイクルをコンパクトの集約地域に構築する事が重要になろう。

 コンパクト化はある意味では「集中と選択」である。
「選択と集中」とは、集中するところを選択しそこに資源を投入する。
そして選択されなかった所からは引き上げ、それ以上コストを掛けないように誘導していく側面がある。
それ故、切り捨てられる地域が出てくる可能性は否定出来ない。
コンパクトシティの道を焦ってはなるまい。
“30年、50年先に少しづつ姿が見えるかも知れない”位の着実に時間を掛けていく必要があるだろう。

 そこで、コミュニティ力が、これまで推進してきた「集約型都市づくり」での中で、どのような実態なのか総点検し、脆弱と思える要件を明確にしていくことこそキックオフにとって必要なことで「市民のためのコンパクト化」であることを忘れてはなるまい。(MY)





























10-161101


子育ては親の成長

 子どもは母親、父親のそれぞれに深く愛されていても、両親が仲違いをしていたら心は満たされない。
良い母親、良い父親より、夫婦仲の良い家庭であることが子どもの健やかな成長には重要である。

 子を育てながら、実は親自身が子に育てられている事もある。
子育て期に親も成長するために、夫婦の関わり、特に父親の育児参加の意味について考えてみたい。

 幼いときには、母親が主に子どもの世話をする事が多いが、父親の育児参加は母親にも大きな意味を持つ。

 「母親の子育ての感情と、父親の育児参加の度合いの関係」を調べた調査によると、父親の育児参加が多いと母親は子どもをかわいく思い、子育てを楽しむ傾向にある。

 逆に、父親がほとんど育児に関わらないと、母親は子どもをかわいいと思えず、いらいらや落ち込みがひどくなる傾向にある。
児童虐待にはこのケースが頻繁である。あげくに、母親は自らの存在不安を招きやすい。

 人間の赤ん坊は未熟な状態で生まれるので、親が世話をしなければ生きていけない。
養育だけでなく教育を施して「一人前」にする大仕事を、母親ひとりで担うのは困難である。

 子どもの発達にとっても、父親の関与は欠かせない。
子どもは父親と母親から質の異なる情報を受け取る。
例えば、子どもは母親を見ると心が落ち着いて脈拍数が少なくなるが、父親を見ると楽しい遊びを期待して脈拍数が増えるという。
なだめるように話しかける母親に対して、言葉ではっきりと話す父親という違いもある。
また、母親と父親で、別々の視点から子どもに対応し、補完し合うことで子どもは多様な視点があることを発見する。

 育児相談の窓口の人の話だが、不登校などの相談に来るのは、たいていが母親だが、父親が加わると、その解決が早まることが多いという。
母親の強すぎる関係が是正されるのだろう。
父親にも変化が起こり、内面的な成長が促される。

 根源的に母子の一体感は強い。
子どもが成長しても母子との親密な関係が続くと母性が過剰になり、子どもの自立を阻害しかねない。
夫婦の絆が弱いと母子関係が強くなり、我が国に多い先回りした子育てになりやすい。

 友達を作り部活に打ち込み、次第に自立していく子どもを、親は徐々に手放していくのが自然である。
あえて口を出さない、見守る姿勢でいられるためにも、夫婦の絆の結び直しが必要になる。

 日々のしつけは母親に任せておいて、父親はいざというときに出て行けば良いと思っている父親は沢山いるようだが、それは幻想で間違っている。
急に「お父さんの出番です」と言われても、効果的な役割ができるだろうか。
日々接して子どもの情報を持っていないのに、子どもの相談に応えることができるわけがない。

 「親になる」事はできても「親をする」には、観察し共感力を養うことが必要で、それには努力も伴うのだ。
突拍子もない子どもの行動は刺激になる。
子どもと関わることで、父親も感情表現が豊かになるだろう。
子育てをひとりでしようと思わず、人に助けを求めると考え行動も柔軟になる。
発達するのは何も子どもだけではない。
子育てを通して、大人も成長し発達し続けることが、親の成長につながる人生を豊かにする秘訣でもある。(みみずくの戯言)





























09-161101


オープン学習会・第3回サロン団談『市民活動をデザインする』

 10月22日、みんなの家にて『市民活動をデザインする』のテーマで、話し合ってみる事を主眼に開催した。
PPPつながりたい、との合同プログラムである。

 市民活動とは、「様々な社会経済的課題の解決に向けて、市民が自主的・主体的に、営利を目的とせず、公益(不特定多数の人の利益)の増進に寄与すること」を目的として、地区のコミュニティやボランティアNPO等が取り組む公益的な活動を言う。(高槻市市民参加に関する指針より)

 このような定義のイメージは参加者の価値観によって捉え方は異なるものだ。
参加者全員に話していただくためには、カタチに表すツールが必要だと考え、曼荼羅(本質や精髄を表すサンスクリット語)シートを使うことにした。

 私たちが問題解決を目指すには,四方八方に心配(くばり)りをする。
空海が唐からもちかえた金剛界曼荼羅をヒントに、イギリスの児童文学者キッピリングの6人の正直者のお手伝い(今回はhowを除く、what/who/why/where/when)を重ねて使用させていただいた。

 問題はwhat/who/whyの縦軸である。これは個人や所属団体の主体性を確立する軸である。
これを掘り下げることで本質が確信になり勇気に変質し、八方への視点が鋭くなる。
特に時空への客体軸に拡がりが生まれる。
今回は主体軸を自耕する事、そしてその発信を受けて、参加者がwhere/whenで質問意見を重ねて頂くことでスタートする。
個人発信3分以内、質問・意見一人1分の繰り返しのルールで御願いする。

 参加メンバーは市会議員さん3名、元議員さん1名、吹田・茨木から2名、他はTCANのメンバーで14名であった。
どんな話し合いがされたかを思い出しながら下記に綴ってお伝えしてみたい。

・ディスコンゲームを趣味でやっていたが、それを団体にし、市内の公民館16カ所に広げた。
現在では年に一度、古曽部防災公園の体育館で全自治会の大会まで行うようになった。
お年寄りから子ども、障がい者も参加可能だ。
健康作りポイントと結びつけた3世代交流の活動をめざせないか。

・まちの変革の兆しをジャズストや食祭のイベント開催でめざしている。
市外からの自発的なボランティアも多く、自主性には情熱がある一方、葛藤が生じることも頻繁である。
それを乗り越えたところに、共感と感動が生まれる。
若い中学生の選抜ステージもあり、世代を超えようの工夫が見られる。
札幌雪祭りとよさこいソーランの違いも話題に上がる。

・この街は人口は増えていない。
国勢調査によると5000人くらい減っている。
その中で高齢化は急ピッチである。
特養施設の入居待機者は200名だ。
国の介護制度が絶えず揺れる中での、市独自の方策は難しいが児童待機にスポットが当たりすぎだ。
予防への健康対策は市民同士が協力して出来る分野があろう。
長野県の健康作り対策、介護制度のルーツ(家庭巡回奉仕員)が上田市であることが話題に上がる。
神奈川県藤沢市の健康プランの推進が参考になるとの情報提供がされる。

・三世代推進の条例があればの提起だ。
同居の金銭補助制度はある。
問題は地域のチョットした関わりが持てるおじいちゃん・おばちゃんづくりが出来たらいいのに。
子どもの教育のためにもなるし、非常時の相互の支援にもなる。

・まちづくりには、今後交通体系が必要になる。
高槻市のコンパクトシティ構想にもこれが不可欠になろう。
都市拠点2カ所、生活拠点12カ所に居住者を誘導する政策だ。
“どっちもたかつき”の政策を絡めたものでなくては?の疑問がある。
目下パブコメ中だが市民の関心は薄い。
高槻市の介護費負担は大阪府で一番低いことをご存じか。

・化粧品店舗の連合会でまとめの役割をやっている。
今後の商品ブランドのあり方をまとめるアンケート等で苦慮している。
確かに会社も企業市民である。
まとめる一端に商品購入者は女性なのだから、女性の問題解決チームを発足したらのアドバイスがユニークだった。

・一斉学力テストの成果が全国平均値を超えた。
教育委員会はこのデータを活用した学校ごとの個性あるポジティブ思考の指導方向を見いだしていこうとしているのか。
小中一貫教育で目先をはぐらかされている感じである。
小中学校は管轄内だが、高校に対しては問題が提起されない。
“どっちもたかつき”の戦略よりも本音の所、充実した大学への高校進学の内容が問題であろう。
私学は建学の精神があるが、公立にはそれを望めない。
他市で始まっている新教育委員会制度の切り替えは委員の任期が切れてからか。
なぜ、前倒しで出来ないのか。

・市民活動をあまり観念的に捉えてはなるまい。バラバラなところをネットで繋ぎ,目立たないところを引き出して話題にしていくこんな支援が必要だろう。既得権の規制をじっくり顕在化して話題にして市民にオープンにし一緒に討議することが必要だろう。

・行政の分かりづらいお金の問題を企業並の会計尺度で見る公会計制度が29年度から始まる。
またこれから40年にかけて、4700億円の設備更新が予測されている。
分析に強い銀行マン出身の方が議員に誕生したことは心強い。

・吹田市の自治基本条例の見直しが、その時期にきたのに首長が変わったこともあろうが一向に進む気配は無い。
これまで条例を通じてどんな具体的な政策展開を進めたのか、ここの総括が甘いようだ。
ガバナンスの進化に影響しないものでは、自治基本条例の存在そのものが否定されよう。

・企業の会計をベースに事業をやって来たのでこの力を発揮したい。
やはりこれからは、分権の流れが地域内自治に進むだろう。
地域はその力をどうつけていくのか。
地域にはその歴史と個有性がある。
模索する中で市民活動が変容していく予感を感じている。

参加者の発信と意見質問が交差して、多様な内容になった。
必ずしも発言者の本意を充分にくみ取れた内容のコメントになっていないし、発言が漏れている事もあろう。

 またプラスαの筆者の思いが添加されているかも知れない。
が、全員に発言して頂くことを本意としたものである。
ルールを設定してもこの種の会合では、その通りには行くのは難しい。
時間が30分ほど超過したのは、司会者の力量のなさと反省しきりである。
ご寛容のほどを。(MY)





























08-161101


 平成27年度における民間企業の給与の実態は?

◆ 調査の概要

「民間給与実態統計調査」は、国税庁により昭和24年分から調査が始まり、以後毎年実施されており今回が第67回目に当たります。

この調査は、統計法に基づく基幹統計「民間給与実態統計」の作成を目的とする調査であり、民間の事業所における年間の給与の実態を、給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、併せて、租税収入の見積り、租税負担の検討および税務行政運営等の基本資料とすることを目的としています。

 調査結果のポイント

(1)給与所得者数

給与所得者数は4,794万人で、前年に比べ0.8%増加しています。
男女別にみると、男性2,831万人、女性1,963万人で、前年比で男性は0.9%の増加、女性は0.6%の増加となっています。

正規・非正規についてみると、正規3,142万人、非正規1,123万人で、前年に比べ、正規は1.2%の増加、非正規は3.0%の増加となりました。


(2)給与総額

給与総額は201兆5,347億円で、前年に比べ2.1%増加しています。
男女別では、男性147兆3,750億円、女性54兆1,597億円で、前年比で男性は2.1%の増加、女性は2.0%の増加となっています。

正規・非正規についてみると、正規152兆3,442億円、非正規19兆1,462億円で、前年に比べ、正規は2.7%の増加、非正規は3.5%の増加となっています。

(3)平均給与

年間の平均給与は420万円で、前年に比べて1.3%増加しています。
男女別にみると、男性521万円、女性276万円で、前年比で男性は1.2%増加、女性は1.4%増加しています。
正規・非正規別では、正規485万円、非正規171万円で、前年に比べ、正規は1.5%の増加、非正規は0.5%の増加となっています。

(4)業種別の平均給与

平均給与を業種別にみると、最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の715万円、次いで「金融業,保険業」の639万円となっており、最も低いのは「宿泊業,飲食サービス業」の236万円でした。

(5)納税者数および税額

給与所得者4,794万人のうち、源泉徴収により所得税を納税している者(納税者)は4,051万人で、その割合は84.5%でした。
また、税額は8兆8,407億円で、納税者の給与総額に占める税額の割合は4.70%という結果となっています。

   


 女性、高齢者、外国人「全員参加型社会」に関する従業員の意識
  

ダイバーシティ推進の時代

人材不足が叫ばれる現在、労働力の確保の観点などから、女性や高齢者、外国人を積極的に採用・活用していこうという流れにあります。

ダイバーシティを進めていくうえで、企業としては実際に働く社員はどのように感じているのかが気になるところだと思います。
そういった意味では、独立行政法人労働政策研究・研修機構が昨年11月から12月にかけて行った「第7回勤労生活に関する調査」の結果が参考になるのではないかと思われます(調査概要:全国20歳以上の男女4,000人が対象。有効回答数2,118人)。

 「上司が女性でも抵抗感なし」が大多数

まず、「女性の職場進出がもっと進むこと」については、86.4%の人が抵抗感を感じておらず(「抵抗を感じない」「あまり抵抗を感じない」の合計)、男女別でも差が見られませんでした。
また、
「女性が会社の社長になること」(抵抗感がない:88.1%)、
「女性の管理職がもっと増えること」(同:87.5%)、
「女性の上司が男性の部下を使うこと」(同:83.1%)、
「大事な商談の担当者(契約相手)が女性であること」(同)87.2%)

という結果になっています。


 そして「男性が育児休業をとること」については70.6%の人が「抵抗感がない」としていますが、男女別でみると差が出ています(男性の抵抗感:32.5%、女性の抵抗感:22.1%)。

「いくつになっても働きたい」が大多数

年金がもらえるようになった高齢者の就労に関して、「健康であれば年齢に関係なく働ける社会にしたほうがよい」と回答(「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計)した割合が92.1%と大多数を占めました。

本人が高齢になり、年金が支給されるようになっても働き続けたいかとの質問については、「働く意欲あり」とする割合が75.8%(「働きたい」「どちらかといえば働きたい」の合計)となり、「働く意欲なし」とする割合の21.8%(「働きたくない」「どちらかといえば働きたくない」の合計)を大きく上回る結果となっています。

外国人受け入れの抵抗感は低い

「職場で外国人の同僚と一緒に働くこと」については75.3%の人が「抵抗感がない」(「抵抗感を感じない」「あまり抵抗を感じない」の合計)としています。
また、「外国人が日本人よりも良い仕事に就くこと」については抵抗感がない人が71.0%という結果となっています。
この調査結果を見る限り、女性、高齢者、外国人労働者を採用・活用していくことについて、従業員の意識は高い(ハードルは低い)と言えるのではないでしょうか。

     


「配偶者控除の存続・廃止」の議論で家族手当が変わる
 

配偶者控除、一転して存続へ
 

政府・与党は、「働き方改革」の一環として議論が進めてられていた所得税の配偶者控除廃止について、来年度は見送りにすることを決定しました。
廃止から一転、対象範囲を広げるべきという議論も出てきています。
現時点でこの「配偶者控除」の先行きは不透明ですが、これが企業に与える影響について考えてみましょう。

会社員の妻の多くは「103万円の壁」にあわせてパートに出ている

会社員の妻がパートなどで収入を得ると、年収に応じて以下のものが発生します。

・100万円以上:住民税が発生

・103万円以上:所得税が発生(夫の配偶者控除がなくなる)

・106万円以上:一部に社会保険料が発生(今年10月以降、一定要件を満たす者のみ)

・130万円以上:全員に社会保険料が発生

・141万円以上:夫の配偶者特別控除がなくなる

今回議論されているのが年収103万円以上の部分で、いわゆる「103万円の壁」です。

パートとして働く「会社員の妻」の多くが、この「103万円の壁」を超えないよう調整しているのは周知の通りです。

◆多くの企業も「103万円の壁」に合わせて配偶者手当を支給

一方で企業側も、「103万円の壁」に合わせて家族手当(配偶者手当)を支給しています。
人事院の「平成27年 職種別民間給与実態調査」によると、家族手当を支給している企業のうち半数以上(約58.5%)が、手当を支給する従業員の配偶者の収入を「103万円」までに制限しています。

年末調整において、従業員の配偶者の収入が103万円の上限を超えていないか、容易に確認できるからです。


配偶者控除に影響されない家族手当の議論

将来的に配偶者控除が廃止されるにせよ、逆に対象範囲が拡大されるにせよ、「103万円の壁」を基準として家族手当(配偶者手当)の額を定めている多くの企業はその基準を失うこととなります。

すでにトヨタ自動車やホンダといった企業が扶養配偶者への手当を廃止し、その分子供への手当を増額すると発表しています。

従来のままの家族手当制度を見直すべき時期に来ているのかもしれません。

<あとがき>

 今、奈良国立博物館にて正倉院展が開催されています。(11/7まで)
先輩に誘われて初めての見学に行ってまいりました。
平日の午前中でしたので、割にゆっくりと見学させてもらいました。
『聖武天皇のご遺愛品である漆胡瓶は、シルクロードの威風を感じさせる至宝として名高く、遙か西方の世界のイメージを喚起させるに十分です。』(目録の一文より)

 今年は、64件の宝物が展示され、その中に正倉院古文書も展示されていました。
諸国の戸籍や正税帳(決算報告書)など、全国から奈良の都に文書が送られていたのです。

一つには、御野国の戸籍(現在の岐阜県・美濃の国)でした。
律令制のもと、戸籍は六年に一度作成され、里ごとに一巻として提出していたとのことです。


二つには、出雲国大税賑給歴名帳(出雲国の給付者名簿)です。
賑給とは、一般の人々に対し臨時に食料を支給する政策(災害等により食糧不足に陥った地域の住民を対象としたものです。)
天平十一年、現在の出雲市で対象になったのは、80歳以上の高年者、寡婦、妻のいない60歳以上の男性、16歳以下で父母のない者、不能自存者(一人では生活できない者)に五斗の米を支給されていたとのことです。

三つには、写経所の上申書です。
具体的には、給付された浄衣(仕事着)は、洗っても臭いが取れないほど汚れているので交換してほしいとか経師(職員)には、月毎に五日の休暇を確実に与えてほしいとかでした。
この奈良時代に戸籍が有り、社会保障(?)が実施され、労働問題(?)まであったとは驚きでした。
   

























































































































































07-161025


 主体と客体の出合い

 「吾思う故に吾あり」これが主体に取り付く入り口である。
意識してみると言うことだ。
意識のみでは変化は創り出せない、行動することだと主張する人は多い。

意識と行動との関係は、まず第一には「吾あり」と自分が自分を捉えることだ。
これを自覚という。

 自分が自分を考えることが中途半端では自覚に至らない。
したがってこの意識では行動は充分ではなく、周囲に影響は与えられない。
その結果、曖昧な行動を取ることになる。

 高校生の半分以上が大学に進学する。
親が大学に行けと言うから、みんなが行くから、とか今の大学生の生き方というのは、核心の無い行動が多いのではなかろうか。
これでは生きる喜びなど感じないのが当然である。
何故大学へ行くのか自問自答していないからだ。

 主体と客体が出合うところにこそ、喜びを感じとれる。
そんな喜びなどが、どれほどの価値があるのか、と言う人もいるだろう。
それは本当の喜びを知らないからそう思うのだ。

 例えば、こんなことを思ったことがあるだろうか。
芸術から受ける感動は感じ取る力だ。
言葉に出して語ることは難しい。
そこで、その芸術を評論家の著述に目を通し、講演を聞いたりしても、分からないのではないか。
日本の芸術はこうだとか、講義を聞いて初めてこれが傑作だと分かるのは、間違いに思えてならない。
本当の傑作ならば、何も説明を聞かなくとも、素晴らしいと全身で喜びを感じ取るものだ。
これは我々の意識が自分の本能に、感覚的につながっているからだ。

 そういう意味で、我々の主体と客体が出会い一致するというのは、全面的な意味で一致するのであるから喜びも全面的なものになる。
それは本能的にもつながるし感覚にもつながる様になる。
そして、それは知的な喜びになり、行動に確信を与えることになる。

 次に、認識と行動だ。
これを考えると、主体と客体との交わりからの動きを誘うものだ。
黙って家にいてじっと考えるとしても、それはぼんやり、うとうとしていることと一緒で、物理的に動かないばかりか、心理的にも動かない事になる。
だから、やはり知人と会ったり、感じることを言い合ったりしてみる。
そうすると、行動が絶えず意識を生む。
そしてその意識がまた絶えず行動によって試される。
それによって自分が鍛えられると言うことだろう。

 赤ちゃんを見ていれば、赤ちゃんは絶えず動く。
動いて失敗したように見えることもある。
例えば、熱いものに触ってやけどをしたりする。
それでも次には熱いものには触らなくなる。
あるいは階段から落ちて泣いたりする。
次から転がらないで、ちゃんと上手におりるようになる。
と言うようにその行動を通して意識が発生していくのである。
その意識を行動によって正しいものにしていく――これは、意識の弁証法と言ってもいいし、行動の弁証法といってもいいものである。

 このように人間は本来、行動と意識の相関の中で成長していくのが、正しい姿なのである。
だから、意識を伴わない行動、行動を伴わない意識というものは、人間にとっては全く意味のない事であって、無意識の行動とか、行動の無い意識というものは、動物には存在するかも知れないが、人間は生まれたときから、赤ちゃんが育つ時からそうであるように、行動と意識が連動しながら個々の人間を成長させていくものである。
(MY)
   
































06-161025


 10月の2つの行事から

 10月8日・NPO協働フェスタ

 第12回NPO協働フェスタが行われ、TCANも連続で参加した。
このスタートは、TCANと行政で立ち上げたことを忘れてはなるまい。

 その後3回目から高槻市とサポートセンターの協働というカタチが続いている。

 たかつき市民活動ネットワークNEWSの2006年3・25の12号を見ると、第1回の開催への苦労が思い出されてくる。

 この頃は10回以上の実行委員会の事前準備をし、前夜に搬入し当日を迎えていた。
学校祭の準備のように心浮きだったことが思い出されてくる。
参加団体は35団体、来場者約500人を越えて、良かったねとお互いが喜びを共感しあった。

 実行委員会を旨くまとめてくれた当時TCANの遠矢実行委員長が「次年度に向けての動きは、まだまだこれからですが、ここでの出会いとつながりを次に発展させることが、当ネットワークの重要課題であり、また市民や行政に当ネットワーク存在意義を示すことにつながるのではないかとの思いを強くしました。」と一文を寄せている。

 それから10年以上が過ぎたが、今回のTCANは、ふれ愛たかつきと(社福)花の会と一緒に、東日本・熊本被災地の物産販売で社会貢献の広場を開いた。

 今回のフェスタは「子どもたち、若者たちも楽しいフェスタ」を掲げて、これまで参加の記録を大きく更新した50団体以上であった。

 例年のごとく参加団体のブースを一巡して、日頃のご無沙汰を謝し挨拶出来たことが喜びであったが、最初に立ち上げの頃の参加団体は2割近くの参加になり、さびしさを覚えた。
それでも、小濱達郎さんのステージがあり、松井知子さんの「あそび塾」の折り紙の差し入れもあって、その健在ぶりを嬉しく感じた。


10月15/16日・食の文化祭/社会貢献のひろば

 第8回食の文化祭は3回の実行委員会を経て開催日をむかえた。
本年度は、メイン会場のグランドが、市民会館の建設等の問題もあって使用出来ず、食のメイン会場は第一中学校に移転して行われた。
社会貢献のひろばの会場は、昨年と同じ城跡公園内であった。

 TCANとしては、一番奥まった所で、スタンプラリーのカードを手渡し、文化祭会場の5カ所でスタンプを埋めて、ゴールする。

 1等と2等に分かれ、アイパッド画面のガラガラポンで表示されるものである。
こんな所までもIT機器の登場で、それこそビックリポンだ。

 その横ではスーパーボールすくいコーナが併設され、100円を出して熊本被災をご支援していただいた。

 よちよち歩きの子どもから、小学5/6年生とおぼしき児童が集まる。
兄弟が仲良くおもちゃ選びに迷っている。
それを見守る両親のまなざしを感じとれる。

 小学高学年の男の子が、お小遣いが無いので、と11円ほどあるからと熊本被災の義援箱に入れてくれる。
微笑ましい光景にいつも出あって嬉しくなる。


 この会場では、毎年の事ながら、TCANとのご縁のある団体が参加される。
一緒にイベントを組んだ団体、何かと相談を頂いた団体、とつながりは多様である。
今年は16団体の参加である。
「やーやーお元気」の挨拶を交わし、朝礼を行いスタートする。

 会員のボランティア8名が参加、飛び入りの小学校4年生女子2名が2時間ばかりお手伝いをしてくれた。
これまでで初めての嬉しいハプニングであった。
ご協力いただいた各位にありがたく御礼を申し上げます。
(MY)
   































05-161020


 「家庭教育」の方向

 家庭教育は、親やこれに準ずる人が子どもに対して行う教育のことで、全ての教育の出発点であり、家庭は常に子どもの心の拠り所となるものである。

 乳幼児期から、親子の愛情による絆で結ばれた家庭との触れあいを通して、子どもが基本的な生活習慣・生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する思いやりや善悪の判断などの基本的な倫理観、自立心や自制心、社会的なマナーなどを身につける上で重要な役割を担う。

(今後の家庭教育支援の充実についての懇談会 H14/7)より。

 H28/10/8の朝日報道によると、政府の教育再生実行会議(座長・蒲田薫早大総長)が「家庭の役割」などをテーマに今月中にも議論を再開する。
学校の負担を減らすため、家庭や地域に役割分担を求めると言うが、提言の中身によっては多様化する家庭独自な内容に国が枠をはめ、「子育ての社会化」に棹さす事のないよう注視する必要があろう。

 「家庭や地域の教育力の低下が指摘され、教育現場は教師の長時間労働に支えられている」と、松野博一文部科学相は7日の記者会見で、家庭の役割を議論する理由をこう語っている。
実行会議は、議論のテーマに「学校・家庭・地域の役割分担」を挙げた上で「家庭や地域が責任を果たすことは重要だ」と位置づける。

 安倍第一次政権はH18/12の教育基本法の改正で「保護者はこの教育の第一義責任を有する」「家庭教育を支援するために必要な施策を講ずる」と明記した(10条1・2項)。
この語尾の務めなければならない、を一歩進めようとするものだろう。

 文部科学省主催の三行詩の優秀作品の中に、ほっとして心緩むものが目にとまったので二つばかりお届けしよう。


 ●
おやつにもらったチョコレート  かぞくにわけたらちいさくなった 
  でも、みんなしあわせおおきくなった
                                    仙崎志歩さん(小一)

 玄関でみんなの靴を並べながら思いついた  最近家族三人で川の字で寝ていないなと思い     お父さんとお母さんの靴の間に私の靴を置いた
                                    橋本麻央さん(中一)

 イギリスの諺に「一人のお母さんは、百人の教師に匹敵する」というのがある。
また、「母の膝に学校がある(コメニユス)」「母の懐に道徳の源泉がある(ペスタロッチ)」がある。

 子どもは母親が思っている以上に、母親の影響を受けている。
また、それを支える父親も「親になるのは優しいが、親である事は難しい」のだ。
これは親の子育てに対する自覚の大切さを強調したものである。

 しかし、子どもは家庭の中だけで育つわけがない。
学校や地域の様々な人たちと関わり、見守りながら成長していく。
かっては、親以外にも多くの大人が子どもに接することで、それらが、全体として家庭教育を担ったり、親同士や地域人々とのつながりによって、親として学び、育ち合う中での子どもたちを「地域の子ども」として見守り育てるなど、地域において、家庭教育を支える環境が存在した。

 今や、仕事と子育ての両立の難しさなど、様々な要因があり、まち全体が高齢化と共に、コンパクトシティをめざす中で、家庭の孤立化、時間的精神的ゆとりが持ちにくい状況の中にある。
地域づくりの中に組み込んだ家庭育ちの復興をめざさなければなるまい。
それも待ったなしで迫ってきていると言っても良い。
(みみずくの戯言)

   



























04-161020


 自分を見つめて

 行動と言うものは、意識されたものであるべきだろう。
意識された行動でなければ本当の行動とは呼べないのではないか。
動物と人間の行動の本質的な違いはこの点にある。
勿論、動物だって意識がないとは言えない。
イルカなどはかなり高度な意識を持つと言われるが、動物が行動するときは、意識と言うよりも,本能に基づいた行動と言うべきだろう。

 意識を伴わない行動が無意味である事と同じように、行動を伴わない意識が無意味であるとすれば、我々は、自分の考えを現実の直視からひたすらに推し進めて行動への手がかりを求めなければならないだろう。

 人間の頭脳はものとものの対立をダイナミックな思考で捉え、その関係を今まで全く存在していなかった新しいものを媒介にして未来の活動を予測することが出来るのである。
また、言い換えれば自らの進むべき道を自らの頭脳で考えることが出来る。
これこそが、人間が人間らしい所なのだ。
だから、人間は自分をみつめる事を放棄してはならない。

 例えば、デカルトは「吾思う故に吾あり」と言う。
自分は考える人間だから自分が存在するのだという考え方、人間だったら自分は自分というが、一体どういうものなのか。

 デカルトは自分とは何だろうと考える事は、自分があるから、そういうことを考えるのではないかというように言ってきた。

 その考えをカントの段階でもう一歩進めてみると、要するに自分と外界の問題になる。
自分の外界というのは、「時間と空間」に成る。
つまり人間には、自分以外の空間がある。

 その空間に他の人間もいれば、動物もいるし色々なものが自分以外に存在するのだ。

 それから、今度は時間的問題に移っていく。
カントはそういう意味で、ものを考えると言うことは、「時間と空間」において自分を見つめると言うことだ、と言うのだ。

 その時間と空間を先験的に、つまり、我々が経験しなくても生まれながらに持っているという考え方である。
そういう範疇、つまりものを考える枠がある、と考えてきたのだ。
これを通して確かに、考えということをかなり精密に追求しみつめることになってきたわけである。
だから現在でも、デカルトが言ったように、自分は考える。
だから自分は今ここにいるのだと、人間は色々と考えることが出来るのだ。

 それから、カントの我々がものを考える時は、我々の外にある空間、つまり自分と自分でないもの、そしてそれが時間の中で動いていく。
そういう時間と空間というもので考えてみるのだと言う考え方は、やはり現在ものを考えるときに大いに役立つ。

 カントはものを考える主体、つまり自分と外にあるもの、例えば自分が政治について考えるとか、経済についてあるいは農業に対して考えるとか、そういう考える対象、そういう客体と主体が見つめた自分と一致すれば、そこに認識が成り立ち、一致しないと不十分な認識でしかない、と言う。
だから、現状政治の実態を見るなら、やや危なげな感じはするが、やはり他党よりましな自民党にやってもらうしか無いと言うような考えに至っているのかも知れない。
果たしてこの考えで国民に支持されているのだろうか。

 制度の中から生じた結果だとみるならば、民進党や共産党は無くてもいいのではないかと、極端な否定論が生まれてくる。

 「吾思う故に吾あり」の軸を強固に深掘りしなくてはこのようにぐらつくのだ。
客体軸を深めて、時間軸の歴史から学べば自分を見つめる認識が確固たるものになる事を主張したい。(MY)

  



























03-161011


「立憲思想」のルーツから

 先月26日、衆議院の安倍晋三首相の所信表明演説で、海上保安庁や警察、自衛隊をたたえたときだ。
自民議員が一斉に立ち上がり拍手が起こった。
衆議院の規則違反ではないが、日本では慣例のない事で一瞬異常な空気が流れた。
このような空気は怖いものだと思う。
1年前の立憲主義を逸脱した集団的自衛権の国会可決の流れと合わせて、戦前の大政翼賛会の動きと重なって不安な印象をぬぐえなかった。

 そして、昔頂いた『立憲思想―始原と展開』(ティアニー著・鷲見誠一訳)を再度ひもとくことになった。

 鷲見誠一慶應義塾大学名誉教授は、学生時代の3年先輩である。
共に故石井良博教授のゼミ「古代政治思想論」の系譜に属する。
専門は恩師より現代に近い中世~近代初期ヨーロッパ政治思想史である。

 30年前に贈られた著には『日頃の御厚志に感謝しつつ』と直筆がある。

 立憲思想とは、為政者が憲法を守るという事である。
これが生まれた背景をキリスト教と古代ギリシャの思想・ローマ法に探り、イギリスの市民革命期に展開された基本的な思想革命が、中世教会法学者によって体系化されたものである。

 鷲見さんが師ティアニーと出合ったのは米国コーネル大学で1971年から20ヶ月間、指導を受けるが、彼が「これからは歴史家が神学を学び、神学者が歴史を学ばねばならぬ」と強調されたことが強く印象にあると、訳者あとがきに記載されている。

 鷲見さんは、立憲思想の展開の誕生は、教会法と神学者の教会論が後の政治思想、立憲思想に対して貢献したが、その源泉として新約聖書の解釈(もし、君たちの兄弟が君たちに対して罪を犯したならば・・・教会に行ってそれを伝えよ。マタイ18章15~18)とアリストテレスの「政治学」(全ての統治体は自由意思に富む臣民あるいはそれを欠く臣民の上に存在している。
最初のものは中庸の取れた統治体である。)を重ねて憲法の複雑な構造を創造した(ティアニー)という。

 立憲思想は,「人間が支配せずに法が支配する所に自由がある(カント)」と言われるように「人の支配」を排して「法の支配」にかえることで自由を確保しようとするものだが、イギリスにおいては「法の支配」として確立され、ドイツでは「法治主義」としての形態を取ってきた。
現行の日本国憲法はドイツ憲法の影響が大きい。

 安倍政権は今のところ憲法を変えられないので、解釈改憲して安全保障関連法を整え「海外派兵」出来る体制をつくった。
そうなると憲法9条は形骸化する。
しかし、この形はあくまで残るわけだ。
それを残したままでは軍事活動は出来ない。
なぜなら、立憲主義的立場に立つなら、これに反すると言う訴訟が頻繁に起こることを予想している。
だからどうしても改憲する必要がある。

 憲法9条はカントの「永遠の平和のために」、アウグスティヌスの「神の国」にさかのぼる理念につながるものです。
この著の最後に『慶應義塾大学法学部に永らく奉職しておいでだった石井良博元教授のご高配で、私は「職業としての学問」の場を与えられた。
そのことについて私は感謝の念をいつも覚える。
その想いを表すには現時点ではこの拙い訳書しかない。

 本訳書を石井先生にお捧げすると共に、先生に平安と健康が与えられんことを遠くより祈る次第であります。
1986年5月』この結びの言葉は、50年以前、謦咳に接する機会を得た一人として嬉しく心に届いた贈り物である。
(MY)




























02-161011


道徳心について

 道徳は人間にとって最上のものではない。
だが最も影響力を持つものだろう。
人間に最も正しい背骨を与えるのはその人の道徳心であろう。
道徳以上の人間はあり得る。
少なくとも道徳以上に生きている瞬間は、人間には決して少なくは無い。
しかし、多くの人間はまた道徳に気づかず生活している。

 道徳はこの地上で人間世界にのみ存在するものだ。
人間以外の動物には本能は存在するが道徳心を感じる事はあるまい。

 確かに、道徳心が人間に与えられているのは事実であろう。
そしてそれに動かされているとき、その人は充実を感じることは、自然な事であり権威さえにじみ出る。
だから、道徳を重んじたいのは自分が生きがいを感じたいからだ。
道徳心に反した行動を取ると、何となく気持ちが重くなるものだ。

 学校教育で道徳教育のことが話題になる。
筆者のスタンスは、道徳を教育で組み込んでいく事には、やや距離を感じている。
特に道徳心が身につくのは、児童の生活環境から、周辺の大人が、やっていることで影響を受けるもので、自然に身につくものだと考えるからだ。

学校内で、いじめや一部教師の破廉恥な話題は、それこそやっていることと教えることのギャップがあまりに大きいことだ。
道徳教育は権威があるものでなければなるまい。
人間を型にはめるものではないし、いじけさすものであってはなるまい。

 道徳心があればこそ、人間は自然と自己制御が出来るものだ。
それにより、日々決心を新たにすることが出来、心がけを直し、勇気を得ていける。
これも、自然から与えられたもので、人間が勝手に創り出したものではあるまい。

 自然は人類が協力し、お互いに尊敬し合って成長することを望んでいる。
全ての人間が本来の姿で尊敬されることを望んでいる。
しかし、実際は人間同士、決して協力して生きていないし、お互いに尊敬もしていない。
利害衝突があり、軽蔑や嫉妬があり、お互いに冷淡であり、争いの種をまき散らしている。
それでは人類はお互いに傷つけ合う事になる。
お互いに滅ぼし合うことになる。

 すると人間に与えられたいろいろの尊いものが、日の目を見ずして滅びてゆくことになる。
そうなっては人類は成長せず、滅亡の道を歩くことになる。
このことを人類を愛し人類の成長する事を望んでいる自然が、喜ぶわけは無い。

 そこで何かそういう恐るべき結果にならないようにするために必要なものを用意する必要がある。
我々に道徳心が与えられているのはそのためで、人間が正しい姿で成長するために大事な役目を果たしていることになる。

 今の世に道徳心などあっても、それは力の無いものだと言って軽蔑する人がある。
いつの時代でも道徳の力は弱い。
しかし、それにも関わらず、我々が真剣に生きられるためには、道徳の力を借りなければならないのだ。

 我々を理性的に、人間の価値を高める方法で支配しようとするなら、それは道徳心に勝るものはない。
道徳は我々の間違いを根本から知らせてくれ、より人間らしくしてくれるものだ。
その力は弱いように見えても、根本的であり、理性的であり、人間的である。
人間がますます人間らしくなる事を望むなら,道徳心を無視することは出来まい。
(みみずくの戯言)
  



























01-161003


母と子の一体感

3歳児までの子どもにとって、この時期が一番大切なときである。
この時期にお世話をしてくれるお母さんとの間に一体感ができると、これを基礎土台に子どもの中に「自分は守られている」という安心感が育つ。

 この時期の子どもの行動には、お母さんがやっていることをまねることがある。
無意識に反射的にしており、母子は一心同体なのである。

 泣けば「お腹がすいたのかな」「気持ちが悪いのかな」と、お母さんがやってきて、不安な要素を取り除いてくれ、子どもは気持ちよくなる。
その積み重ねで、お母さんとの間に強い絆が結ばれ「言われなくてもわかる」と言う関係になるのである。

 母と子の一体感を通して、自分がこの世界に生まれてきたこと、存在している事への肯定感が育まれる。

これが基本的な信頼である。
こうしたお母さんとの関係を心の基地にしてお父さんや家族、友逹へと信頼のつながりが広がっていく。

 平成27年、文部科学省は「小学生の暴力は過去最多で、低学年で増加している」と発表した。
以前なら小学生の暴力は恥ずかしくて集計に挙げられなかった。
それだけ現場では深刻なのである。
小学生の暴力約1万1500件の内、対教師暴力が約2割を占める。
小学1年生が担任を罵倒したり、足で何度も蹴ったりして怪我をさせた事例などである。
「突然切れて、感情のコントロールがきかない」「暴力による解決しか知らない」など、修学前からの課題が、小学校に持ち越された格好だ。

 ハンガリーの児童心理学者は、特に3歳までの発達期に「大人が子どもの身になって受け止めたかどうかが、人格構造の土台が良くも悪くもなる」と指摘する。
この時期の子どもは、負けた悔しさや妬み、テコでも動かない頑固さ、所有欲、テリトリー意識など、感情が毎日のように波乱にとんでいる。
親や保育者はほとほと手を焼き、感情が切れそうになる事の連続だ。

 この時期の大切さは言うまでも無い。
子どもは安心出来る人に依存し、反抗しながら自我を形成していく。
子どもが泣き、わめき、だだをこねるのは、子どもの中に愛に支えられた信頼感があり、愛着ができているからである。
子どもへの対応は一対一が原則でホットな感情に柔軟に対応するには、親も心の余裕が必要である。

 アメリカでは概ね6時間が長時間保育だとされるが、我が国では標準保育が11時間で、長時間保育は13時間である。行政は開所時間と言うが、延長保育や土曜保育をすればするほど、親は子どもを園に預ける。量より質が大事という考えもあるが、子どもにはお母さんが一番で、母子が一緒に過ごす時間が大事である。昔から乳児はしっかり肌を離すな、と言われ、特に3歳までは集団保育はなじまないのではないか。

 保育園が頑張れば頑張るほど親心は育たない、と考え保育園のパラドックスを世に問うた共励保育園の理事長の長田安司さんは、保育所を単なる親の労働を支える施設ではなく、親も子も共に育つ教育的役割を持った施設として見直すことを提案する。

 手塩に掛けると言う言葉があるが、親が子どもに手間暇掛けることで、親心も育つ。
ところが、至れり尽くせりの保育サービスには、この大切な親心が育つ機会を奪ってしまう恐れがある。
親心の喪失は、家庭の教育力の低下につながり、親心の喪失した社会では、いくらシステムを整えても児童虐待を止めることはできますまい。(みみずくの戯言)