マスコット
人形
ホーム みんなの広場 会報紹介


 新年メッセージ・「中間支援組織」の再考の年に
2012年 1月 1日(日)  
理事長 山下征紀  
  

 謹んで新春のお慶び申しあげます。

 旧年は未曾有の大災害に遭遇し、感じる入ることの多い年でした。
併せて、TCANでは新体制づくりにご支援をいただきました。
真にありがとうございました。

 今年もTCANの名前のごとく「高槻はできる」を追求して参ります。

さて、これまでの活動の中で、「中間支援組織」の言葉を耳にされたことがあることでしょう。


山下理事長

「中間支援組織」とは、インターミディアリー(intermediary)の訳語ですが、一般に「仲介」や「媒介」を意味した言葉で、ここでは主に、資金や人材、情報などの資源の提供者との仲介を専門に行うNPOのことを言います。
高槻市には高槻市市民公益活動サポートセンターとTCANがそれをめざしております。

学者などの考えに寄れば、複数の中間支援組織が存在して、個人がそれらに多元的に帰属することは、個人の自律性という面で望ましいはずである。
個人にとってそれだけ選択肢が増えるからである。
ところが現実を見ると必ずしもそうはなっていないように見える。

 地域自治を支える個人の自律や裁量の余地は、余り拡がっていないのが実態のようである。



2011年5月7日総会時選出の新旧役員 (山下理事長 前列左から4人目)

 自治会やその連合体の動きをみても、そのほとんどは受動的に組み込まれていて個人に選択の余地はない。
そのような一元的構造では、帰属する組織が増えるほど、個人は自由な時間と空間を失っていく。

一つの地域に住んでいても、職業や生活パターンは様々である。
家族の居る世帯と単身世帯、土地を持つ旧住民とアパート暮らしの新住民、サラリーマンと自由業、自営業が混在し、土日に働く人もいれば、夜勤の人もいる。
それらの人々が共通の目的意識を持って、一緒に参加できるような企画はごく限られてくる。
組織の同質性や利害の共通性が少なくなり、それぞれの組織が部分的にしかコミットできない多様な人々を抱えるようになると、従来のような一体感は薄れてくる。

組織内部の平等主義や公平一律を基本的なポリシーとしてきた、これまでの活動は価値観やそれと呼応する市場原理や競争原理とは相容れない部分が多く、若者を中心とした組織離れは、アパシー(無関心)の存在をクローズアップさせている。
特に、都市部で顕著になり、伝統的な組織が新しい時代に適応できなくなっている。

「中間支援組織」にとって再考すべき事は、コミュニケーション、貢献意欲、共通目的の3つで、個人が自発的に能力を向上、発揮し成果を上げられるように支援することである。
そこでの組織は、インストラクチャーの役割が期待され、メンバーを囲い込まず、支援することに重点を置いた「インフラ型」組織であるべきだろう。
そこでの主役はあくまで個人であり、組織は個人が活動するためのステージに過ぎないと位置づけることだ。

自治会やPTAあるいはボランティア団体やNPOのような組織でも、個々のメンバーが地域での役割を自覚し、主体的に行動できるようになれば、あえて一体感を求めなくても、自ずと間接的に統合されていくはずだ。
集めなくても集まればよいのだ。

 自治会に対するオールタナティブは、これまでの役割を相対化する事が必要だ。
他市では地方分権の中で、市民の知恵が組み込まれ地域も包括的に再編され、地域連携協議会のような新しいコミュニティづくりが生まれつつある。
そのような立ち位置にいるTCANはどのようなカタチで課題提起を発信していくべきか。
熟考の年になると気持ちを引き締めている。

 会員各位の知恵の提供やご意見が何より勇気と元気を与えてくれるものだ。

 今年もどうぞ健康で良いお年でありますよう役員一同念じております。

 


    

下表は理事長・役員挨拶のバックナンバーです。クリック頂ければリンクします。                
 役員挨拶 2011年5月7日総会で選出された新役員より
 理事長 以下3役 2011年新年挨拶
 理事長挨拶 2010年度 通常総会を終えて 挨拶 
 理事長挨拶 2010年 新年の挨拶
 理事長挨拶 2009年度通常総会を終えて 挨拶
 理事長挨拶 2009年 新年の挨拶
 理事長挨拶 NPO法人認証取得を契機に新しい発展をめざします 08年10月1日
 役員挨拶 2007年9月 ホームページ開設に当たり寄せて頂いた挨拶及び追加の挨拶
 理事長挨拶 ホームページ開設にあたって 07年9月1日