マスコット
人形
ホーム みんなの広場 会報紹介



 「2012/TCAN事業」を進めるに当たって

2012年 5月 18日(金)  
理事長 山下征紀   


  5月12日、2012年TCAN通常総会が開催され、理事会提案の通り可決され、新年度が始動開始した。

新体制の2年目を迎え、設立10年の節目を超えて、着実に実効性を挙げていくために、考え方の奥にある意味をもう少し砕いてお伝えして置くことの責任を感じている。


12年5月12日(土)
山下理事長 総会挨拶

 それは、総会議案の本年度事業方針で触れさせていただいた事につきるわけだが、TCAN発足以来の10年間を振り返って「何を守り、何を変え、何に切り込み、何を強化するのか」のくだりだ。

 @ 何を守るのか。

TCANの定款第3条に

 「この法人は、社会に貢献するために行われる市民活動を積極的に支援しまた自ら事によって、自主的かつ主体的な市民活動の促進および市民活動団体の健全な発展を図り、もってこれらの活動を通して市民ひとり一人が生きがいを持ち、市民、市民活動団体、事業者、行政が協働していくことのできる、住みよい市民社会づくりに寄与することを目的とする」


 とある。
実はこれを守るのである。

 キーワードは太字で色変え強調し、アンダーラインを引いた
「社会貢献、市民活動支援/促進、関係者との協働、市民社会づくり」にあると思う。
これを掘り下げて守っていく基本スタンスは変えるつもりもなく、変えてはならぬと思う。

 A 何を変えるのか。

 @の目的によるこれまでやってきたこと、やっていることの実情が、市民社会に受け入れられているか。
また市民の生きがいにつながっているか、の尺度で吟味を繰り返し、やめる、一部代替する。
そしてそれ以上に価値あるものを創り出していくことに変えていく。本年度はまちづくりルネッサンス塾の一部代替、団談へ。
AROUND60事業を取りやめた。

 B 何に切り込むか。

 迷うときは市民社会の動きに接近。
市民に聞け。
を基軸にした切り込みであるべきだ。
その時に闇雲ではいけない。
Aの考えをじっくり創り、その考えで「接近、聞く」には謙虚な姿勢が必要になる。
本年度の「PPPつながりたい」の活動は市民社会をバックに関係者と繋がり切り込む、そのものずばりだ。

 C 何を強化するのか。 

 重点ターゲットを明確にすることだ。
とぼしい資源を有効に活用して、身の丈にあった成果を上げることだ。
本年度は会員拡大を強化する。

TCANは、ここ数年「独立自立の精神」でやってきたように思える。
それはそれなりに尊いことであり、気概や自負心につながり、プライドを醸成したかもしれない。
しかし、気を付けないとこれは市民社会から孤高の状況を創り出し、住みよい市民社会形成から乖離した活動になる恐れがある。


 市民活動という概念は包括的なものだ。
それだけにその言葉の意味は広く、TCANが考えをつくって、接近しなければ内実は見えてこないし、理解し合うことも出来まい。

 不都合なことを排除するのではなく、さまざまな関係者に対して受容アプローチを採りつつ、それを市民社会にとって共通の価値であることと見極め、志を同じくする幅広い人や団体と連携を図り、丁寧に合意形成のプロセスを大切にしていきたい。

 会員および市民の仲間を誘った積極的な参加と協力を是非ともお願いしたい。
  

 


    

下表は理事長・役員挨拶のバックナンバーです。クリック頂ければリンクします。                
 理事長挨拶 2012年1月1日 新年の挨拶
 役員挨拶 2011年5月7日総会で選出された新役員より
 理事長 以下3役 2011年新年挨拶
 理事長挨拶 2010年度 通常総会を終えて 挨拶 
 理事長挨拶 2010年 新年の挨拶
 理事長挨拶 2009年度通常総会を終えて 挨拶
 理事長挨拶 2009年 新年の挨拶
 理事長挨拶 NPO法人認証取得を契機に新しい発展をめざします 08年10月1日
 役員挨拶 2007年9月 ホームページ開設に当たり寄せて頂いた挨拶及び追加の挨拶
 理事長挨拶 ホームページ開設にあたって 07年9月1日