マスコット
人形
ホーム みんなの広場 会報紹介


 13年度スタート・メッセージ

 下表は理事長・役員挨拶のバックナンバーです。クリック頂ければリンクします。  
              
 総会(2013年5月11日)を終えて山下理事長挨拶

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会を終えて

 理事長挨拶 2012年 新年挨拶

 役員挨拶 2011年5月7日総会で選出された新役員より

 理事長 以下3役 2011年新年挨拶

 理事長挨拶 2010年度 通常総会を終えて 挨拶 

 理事長挨拶 2010年 新年の挨拶

 
理事長挨拶 2009年度通常総会を終えて 挨拶

 理事長挨拶 2009年 新年の挨拶

 
理事長挨拶 NPO法人認証取得を契機に新しい発展をめざします 08年10月1日

 役員挨拶 2007年9月 ホームページ開設に当たり寄せて頂いた挨拶及び追加の挨拶

 理事長挨拶 ホームページ開設にあたって 07年9月1日
                                     
2013年 5月26日(日)  
理事長 山下征紀  
  


山下理事長

総会が終わり、新しい年度役員構成で動き始めました。
5月20日に第1回目の理事会が開催され、引き続き理事長を務める事となりましたのでご挨拶をかねてメッセージをお届けいたします。

会員の方々や市民の方に関心と興味のご縁を頂かなくちゃTCANの成長は望めません。
それ故10年目を超えて行くには、某薬品のコマーシャルではありませんが、「飛躍するために縮んでバネに」なる思い切った気持ちの整理と勇気がいります。

TCANはご承知の如く、5年スパンの中期戦略(2013−2017)が討議を重ね創り上げられ、今総会で承認されています。
8人の理事がそれぞれの担当事業を受け持ち、中期戦略を眺望しながら自分の想いを膨らませ、単年度計画を組み立てるマネジメントスタイルが定着しつつあります。

中間支援組織の旗を掲げるTCANにはインターミディアリ(媒介・接着)の働きがパワーとして存在しなければなりません。
その要素として不可欠なのがコンパッション(思いやり)とネットワークです。

コンパッションはやっていることで喜びがなければ、目覚めません。
「TCANの役員は担当する事業に喜びを、会員は関わっていく喜びを、市民は参加する喜びを」創っていこうというのがメッセージです。

もう一つのネットワークは、目的・状況によって常に変化する柔軟性の高い繋がりであるべきです。
それは、上下による関係ではなく、貸し借りの関係でもなく、自律した価値あるリスペクトな関係なればこそ、接触によっては固有な情報を創り出す可能性を含んでいます。
また、価値を求めて結びつきますが、専属ということでなく関心の度合いによって、多様なグループに属して活動する場合もあります。
それ故、TCANは想い切って異質な人びととの繋がりを求めていくことを大事にしたいと思います。

 総会後のセミナー「いま、求められていること――被災地からの報告」の中での、杉浦健さん(関西学院HSセンター)の言を借りれば「若もの、外もの、バカもの」(Y・Y・B)の出入りが頻繁なTCAN活動を創り上げることでしょう。
これは衆・集を標榜する「市民ひろば、サロン団談」のコンテンツを変えていき、想いのある各自が表現するステージとして活用していくことでしょう。

 中国に「物を開き事を始める」の諺があります。
ネットワークは専門家や学者が好む理念や方法論では開かないことを語っています。
ネットワークは対話から空間の繋がりを開いていきます。
   

「開く」とは、点を複数の線にし、それを繋ぐと面になり、討議を重ねて奥行きを創ることでしょう。
目の前にある人や物から新しい意味や機能、価値を引き出し、付加価値の連鎖を社会に提案することが出来なければ、ワーキングを経てネットにはなりません。

 たまたま、長谷川等伯の「松林図屏風」を見ました。
水墨画は空間の奥域を霧や雲の動き、つまり大気の壮大な循環によって表現されます。
絵の中に中心点はありません。
だから、眼は常に流れます。
しかし、観る人はいつの間にか絵の中にいるのです。
点が動く線となり、自ら漂流して空間を創り出していくことで、可能性は飛躍的に拡がります。
その時、人は新たな文脈や物語が生まれたことに気づく事でしょう。