マスコット
人形
ホーム みんなの広場 会報紹介


 2014年新年・メッセージ

 下表は理事長・役員挨拶のバックナンバーです。クリック頂ければリンクします。  
              
 山下理事長挨拶
2014年新年メッセージ
まずは「思うこと」から


総会(2013年5月11日)を終えて
山下理事長挨拶

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会を終えて

 理事長挨拶 2012年 新年挨拶

 役員挨拶 2011年5月7日総会で選出された新役員より

 理事長 以下3役 2011年新年挨拶

 理事長挨拶 2010年度 通常総会を終えて 挨拶 

 理事長挨拶 2010年 新年の挨拶

 
理事長挨拶 2009年度通常総会を終えて 挨拶

 理事長挨拶 2009年 新年の挨拶

 理事長挨拶 ホームページ開設にあたって 07年9月1日
                                     
2014年 1月 1日(水)  
理事長 山下征紀  
  
 まずは「思うこと」から


山下理事長

 新しい年、お目出度うございます。

 早いもので、新体制から発足、8ヶ月が経過しました。

 今年もTCANに繋がる仲間が、元気に力を重ね合って、地域社会の中で役に立つ働きが出来る年にしていきましょう。

 年の初めに、まずはそんな事を「思うこと」からスタートしたいと思っています。
 思うという言葉にいれるこむをつなぐと
「思い入れる」「思い込む」という単語になります。

 「思うこと」は自分が主人公になって考えないと、生まれてこないのが「思い入れ」「思い込む」ことです。
代行では出来ないことです。
そこでの「思うこと」は、意識すると言うことです。


 意識を伴わない行動が無意識であるように、行動が伴わない意識が無意味であるとすれば、TCANの仲間は自分の思いを地域社会への現実を凝視し、自分の思いを探り出し、語り合って推し進めていく行動の切っ掛けの手がかりを求めていかねばなりません。

 とにかく自分がやらなければ、人間というものは進歩、成長しません。
人にやってもらったり、言われたことをやっている分には、いつまでたっても良くなったのだか、よくならないのだか。
つまり良くなる力もなくなるし、悪くなる力もなくなってしまうことでしょう。

 「思う」と言うことは、みんながみんな同じ考え、同じ意識であったら話し合っても面白くありませんし、新しい発見も新しい行動も生まれるはずがありません。
仲間がひとり一人違っていることが、まずは素晴らしいことだと思いませんか。
「思い入れ」「思い込む」と不思議と、情報の方から仲間を連れて近づいてくるものです。
そして、その情報が、加味され拡散されて、「会話」と「対話」が組織を作るエネルギーになります。
このことを良くコミュニケーションの活性化と置き換えることがあります。

 「思い」を会話から対話に広げていく。
会話と対話の違いは、明確に異なります。
会話は親しい人同士のおしゃべり。
対話は異なる「思い」をすり合わせる行為です。
この「対話」の場面をTCANの活動の中に沢山組み込んでいきたいと思っています。

 地域社会は関西と東北の二つの大きな災害を経験し、成熟社会に移行しつつ負の分かち合いの時代を迎えつつあります。
高齢社会が一気に進む中での地域力は穏やかに衰退しつつある中、何を大事にして何を諦めるか。
「対話」の中での価値観のすりあわせを大切にしながら、ダウンサイジングの地域社会のクオリティを求めて、TCANの今年の活動をひとり一人が「思うこと」からスタートしていきましょう。

仲間のみなさんにとって良い年でありますように。

                        平成26年1月1日
山下征紀

*30年近くお付き合いを願っている白木さんの作品から。
昨年につづいてのものです。
白木さんはAROUND60の研修を受講、みんなの家に来場されたことがあります。


昨年ご紹介の作品です。