ホーム みんなの広場 みんなの広場・分類 会報紹介
 2015年新年・メッセージ

 下表は理事長挨拶のバックナンバーです。

   


山下理事長挨拶
2015年新年挨拶
   
 山下理事長挨拶
2014年新年メッセージ
まずは「思うこと」から


総会(2013年5月11日)を終えて
山下理事長挨拶

  

2013年総会を終えて
役員挨拶
 

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

  

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会
を終えて

 理事長挨拶 2012年 新年挨拶

 役員挨拶 2011年5月7日総会で選出された新役員より

 理事長 以下3役 2011年新年挨拶

 理事長挨拶 2010年度 通常総会を終えて 挨拶 

 理事長挨拶 2010年 新年の挨拶

 
理事長挨拶 2009年度通常総会を終えて 挨拶

 理事長挨拶 2009年 新年の挨拶

 理事長挨拶 ホームページ開設にあたって 07年9月1日
                                     

 年の初めに・メッセージ                            
                     
2015年 1月 1日(水)  
理事長 山下征紀  
  


 新しい年、おめでとうございます。
旧年中はすっかりお世話様でした。
今年も関係者の皆様と心をつなぎ、大きく息を吸って「きっとできる きっとかなう」の精神で参りましょう。


山下理事長

一時、リストラという言葉が流行ったのを覚えておいでだろうか。
90年代の中頃に良くこの言葉を耳にしました。
リストラ=人員削減、と誤解されて流布されたようです。

 リストラ(リストラクチャリング)の本来の意味は、事業の再構築ということなのです。

 TCANは10年を超えて、本当の意味での事業の再構築を目指さねばなりません。
若い人を加えた事業展開を模索しなければなりません。

 活動のあらゆる面に独自性、独創性を「きっとできる きっとかなう」と念じつつ、強い気持ちで創り出さねばなりません。

 TCANの存在価値は多様性を持った会員や関係者が集まり、特に年配者は企業活動で吸収した体験資源を豊富に持っています。
これを活用しない手はないようです。
個人会員は「才能(タレント)」の塊です。
それぞれ各位が生を受け人生の中で培われた固有のエネルギーを持っています。
これを眠らしてはなりません。
そのタレントは総合的なものの中に、将来に向かって、その個人の花を咲かす可能性を持っています。

 そのようなタレントを持つ会員に社会貢献の分かり易いステージを用意出来るかが問われているのです。

 ソーシャルキャピトルの一翼を担うTCANは社会貢献を目指しながら、人的資源を育む機能を有している責任もあります。
それは、具体的には一人一人の会員が、TCANの業務につながることによって、人間として社会と関わっていく上で、最も基本的な知識・方法等を身につける支援活動でもあります。
つまり、この活動は会員と市民社会がどのように関わっていくのか、また、市民社会集団での生き方を身につけていくプロセスを援助する機能を持ちます。
縁を求めてつながった会員の一人一人を社会的な資源と考えるならば、TCANでの業務を通して人間の成長は、社会の維持発展に貢献するように期待されているのです。
もっと教養を高めたいという学習意欲のあるものに対して、何等かの援助活動を行うというように社会的な期待をされているのです。

 今後の中間支援組織が価値を作り出していくのは、人材の量ではなく質であり、その質とは会員の有する「創造」や「個性」を意味することは間違いありません。
TCANは「生活プラザ=オアシス」を目指すべきです。
その効果は異能人材の交流による知的刺激であり、これは付加価値追求の基地(プラットフォーム)になるものだと思います。

 会員は働くスタイルの多様化、マルチプル化に対応し、これまでの受動的スタイルから能動的な行為を意識した転換を図らなくてはなりません。
“もう年だから”の言葉で逃げてはいけません。
ちょっと背伸びをした、その人の等身大で充分なのです。

 生活プラザとは,なんとなくそこに集まっていきたくなるような、また散策したくなるようなイメージのある場であり、オアシス的空間を創り上げたく思います。

 新しい年の初めに、例年のごとくメッセージを贈ります。
面白い愉快な年にしていきましょう。