ホーム みんなの広場 みんなの広場・分類 会報紹介


2016年新年・メッセージ
下表は理事長挨拶のバックナンバーです。
「きっとこれは何かのチャンス」

山下理事長
2016年新年挨拶
 きっとこれは何か
のチャンス

    

山下理事長挨拶
2015年新年挨拶
   
 山下理事長挨拶
2014年新年メッセージ
まずは「思うこと」から


総会(2013年5月11日)を終えて
山下理事長挨拶

  

2013年総会を終えて
役員挨拶
 

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

  

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会
を終えて

 理事長挨拶 2012年 新年挨拶

2016年 1月 1日(水)  
理事長 山下征紀 


新年メッセージ・「きっとこれは何かのチャンス」


新しい年、おめでとうございます。

旧年中は何かと、沢山のご配慮、ご支援をいただきました。
組織の若返りを目指しているなかで、新役員は真剣に課題に取り組み、新しい流れを創るべき奮闘してくれています。
ありがたいことだと感謝を申し上げます。

 TCANにつながる皆様には、今年もますますのチャンスをいただき、TCANを盛り立てていただくこと、心よりお願い申し上げます。

チョットしたことが、切っ掛けで幸運の前髪を引っ張ってくれる(レオナルド・ダビンチ)チャンスになることがあります。
柳生家の家訓に「小才は縁に気づかず 中才は縁を生かさず 大才は袖すり合った縁をも生かす」とあります。
出会いを活かすチャンスは己の側にある事が教えられます。


 自然の中に五体を置いてみるとよく分かるのですが、風の音や、草木のそよぎ、落葉する葉擦れのそよぎにも、何かを気づくチャンスがあると、曹洞宗の老師に教えていただきました。

また、気づきは、みることの様態によって「事実への接近」が異なることを、「見る・観る・診る・看る・察る・督る・視る」の7尺で図ることを、厳しい先輩に鍛えられました。
みることの組み合わせで、チャンスは生まれるものです。

若い頃に読んだ、マーケッティングの本に、決まってアフリカでの靴の販売の例が提示されていました。
現地の人が裸足で歩いているのを観て、Aさんは「ここでは靴は売れない」と諦める。
Bさんは「今では、誰も靴を履いてなく裸足でいるので、ここに、靴を履く文化が目覚めると、市場が生まれる」との話です。
これは、事象をどうみるかを教えてくれます。
「これは」と言う事象に迫り「チャンス」としていくのを創造力というのでしょう。TCANの仲間には後者Bさんであって欲しいものです。


 幸運のチャンスの女神は気をつけないと、後ろ髪を引っぱろうと思っても、それさえありません。

QCサークル活動が盛んであった頃に、「おやおや運動で、ご両親を大切に」というキャンペーンを張ったことがありました。
「おやおや」と思うことが、チャンスの到来なのです。「
おやおや」と思うだけではだめで、「何でだろう!何でだろう!」と昨年のメッセージでお届けした“きっとできる きっとかなう”と念じることが必要でしょう。


 新しい年のTCANに、次へのステージのために脱皮を目指しましょう。
脱皮出来ない蛇は死ぬ(ニーチェ)です。
日常の繰り返しの中から「おやおやマインド」で、「きっと、これは何かのチャンス」と変化の兆しから創造の種を見いだしていき、それぞれの仲間が相互に刺激し合って、成長し、面白い、愉快な年にしていきましょう。

 良いお年を。

                      2016/1/1

                      NPO法人たかつき市民活動ネットワーク

                         理事長  山下征紀