2016年度・山下理事長メッセージ

 下表は理事長挨拶のバックナンバーです。

   


山下理事長
2016年新年挨拶
 きっとこれは何か
のチャンス

    

山下理事長挨拶
2015年新年挨拶
   
 山下理事長挨拶
2014年新年メッセージ
まずは「思うこと」から


総会(2013年5月11日)を終えて
山下理事長挨拶

  

2013年総会を終えて
役員挨拶
 

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

  

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会
を終えて
                                     

 「2016年事業スタートに当たって」                           
                     
2016年 6月 10日(金)  
理事長 山下征紀  
  


 6月10日の本年度第2回目の理事会で、引き続き理事長を引き受けることになりましたので、ご挨拶を申し上げます。

 この2年間は、一緒にTCANを立ち上げご支援を頂いた仲間が去って行く環境の中で、中堅世代にバトンンタッチすべしと軸足を置いた組織改革を目指してきました。
 一応の目途が立ちつつあるので、今回の理事会で思い切って若返りを図ることを提起させていただきました。
 そのために本年度はやや時間が掛かり、ご挨拶がおくれたことをお詫びせねばなりません。

 それぞれの事業担当は大筋継続で変化はありませんが品質を高めます。
強いて変化があると言えば、これまでHPを支えていただいた松浦さんから、藤田(理事)さんへの業務変更が行われます。
宜しくご承知置き下さい。

組織運営の要諦は、「変化を意図して作り出し、それに向かって意識行動を変容する」ことです。
組織の行動変容が起こりやすい条件の一つは若さでしょう。
変革期の歴史はそれを如実に教えてくれています。

 TCANは、市民活動を核にしたまちづくりを目指す『中間支援組織』がミッションです。
昨年のサロン団談で「中間組織について」勉強するチャンスがありました。
その中で、中間支援組織の定義を「多元社会における共生と協働という目標に向かって、地域社会とNPOの変化やニーズを把握し、人材、資金、情報などの資源提供者とNPOの仲立ちをしたり、また、広義の意味では、各種サービスの需要と供給をコーディネートする組織」と学習しました。
また、主な役割、機能として「資源の仲介、NPO間のネットワーク促進、政策提言」を挙げ、その根っこは調査・研究力です。

2016年の事業のスタートに当たって、重点方針を以下の3点に焦点を絞り取り組んで参ります。

 (1)  女性の会員が気楽に参加出来る事業展開のあり方を工夫していく
 
    実験的に女性の中から生まれたクラフトカフェの拡大と内容を
    吟味しつつ、やわらかな会合を重ね、存在価値を参加者で
    作り出してまいります。

 (2)  TCANに蓄積しているリソース(資源)を活用し、変化する社会環境
    からチャンスを察知し、事業の展開の質を高める

   13年間の実績と体験そのものが資源です。NPOや団塊世代の
   意識調査、政策提言の内容、アラウンド60のテキスト、ジャズスト
   や食の文化祭でのネットワーク、CB研究会、これらが外部のXに
   繋がると質の違った化学反応が起ります

(3)  連携出来る活動資源を広く求め、相乗効果としてのWIN-WIN
    (お互いにとってのプラス)の関係を構想する

   会員相互のXから想像したWHATを新しい市場価値にまで高め、
   WIN-WINの領域を広げ存在価値を生み出します

TCANの旗印は『高槻はできる』です。
「きっと これは何かのチャンス」を合い言葉に何かのカタチで繋がるチャンスを創造して参りましょう。
宜しくご支援下さい。