2017年新年・メッセージ
下表は理事長挨拶のバックナンバーです。
「よし やってみよう」の年に。

山下理事長
2017年新年挨拶
 「よし やってみよう」の年に。

    

山下理事長
2016年新年挨拶
 きっとこれは何か
のチャンス

    

山下理事長挨拶
2015年新年挨拶
   
 山下理事長挨拶
2014年新年メッセージ
まずは「思うこと」から


総会(2013年5月11日)を終えて
山下理事長挨拶

  

2013年総会を終えて
役員挨拶
 

 山下理事長挨拶 2013年 新年挨拶

  

 山下理事長 総会 2012年5月12日総会
を終えて

 理事長挨拶 2012年 新年挨拶

2017年1月1日(日)  
理事長 山下征紀 


新年メッセージ・「よし やってみよう」の年に。


 明けましておめでとうございます。
旧年は、すっかりお世話になり、各位の個性あるご支援により乗り切ることが出来ました。
偏に会員の皆様のお陰です。感謝と御礼を申し上げます。
今年も、これまで以上に自分を大切に、自分を見つめて「よし やってみよう」の希望の旗を掲げてTCANのステージでの活動が出来ますことを期待いたします。
TCANはやっぱりみんなでつくりあげるものにしていかなきゃ、元気・勇気が出ませんね。

 社会貢献という大きな旗を掲げて挑戦していますが、その代名詞の一つがフィランソロピーです。
その言葉を分解すると「フイル+アントロポス」、つまり「人間を愛すること」になります。
人が人間になるには、両親の愛から始まり、周囲や環境の愛あるまなざしに育てられ、どれだけ慈愛の状況をつくっていただいたかを、この歳になるとひしひしと感じ懐しささえ覚えます。

 人間の中には、誰かに依頼されたのでもなく、誰かに認められようというのでもなく、絵や小説を、あるいは音楽を自らの表現としてなされ、ひたすら喜びを感じる人がいます。
当然、これは分かって欲しい仲間を求めることも自然なことです。

 TCANは市民性を大事にしています。
市民性とは、市民に対して広く参加の機会を提供し、取り組むべき問題を市民と共に共有することをめざしています。
TCANの事業も多くの市民の参加によって支えられるべきという考えで展開してきました。
それ故、市民の社会参加や自発的な社会貢献活動の受け皿を担う役割があります。

したがってボランティアとして参加する機会を広く市民に提供する事は重要に成ります。

 そして、市民参加を実現するためには、ボランティア希望者がそれぞれの興味や都合、能力に合った形で参加出来る様な場づくりを整えることが必要でしょう。
又、ボランティアの活動や募集内容を、分かりやすい形で外に発信することも必要となります。

 しかし、ボランティアは、ただそれをすると言うだけでは活動に参加しているとは言いがたく、満足感を得られにくいでしょう。
ボランティアはTCANの組織と課題を共有し、共通の目的に向けて活動したと感じることが出来たときこそ、ボランティアが組織の活動に参加していると言えるのではないでしょうか。

 以下にTCANと関わる自分自身をチェックするボランティアの視点を表示しています。

1.何もしないけれど、気持ちの上で会費・寄付納入で応援
2.友だちにTCANのことを口コミで教える
3.身近な人に、会報やサロン団談のチラシを転送したり、HPのコラム記事を知らせる
4.事業のどこかに所属エントリーし一緒にやる
5.TCANに役立つ情報を提供する。こんなボランティア・事業をしたらと提案する
6.みんなの家環境整備、イベント等、事業に参加し、何かできる事があれば手伝う
7.都合の付く時は勉強会や理事会・総会に参加する

 これだけではありませんね。
他のこともありますかね。
TCANの使命には、上記のような参加機会を通じて市民としての成長という機会を提供・共有しているという誇りを持ちたいものです。
年の初めに「よし やってみよう」の自分スタイルを固める年にしたいものです。
お互いに面白い・楽しい年を創りだして行きましょう。
よいお年を。

                             2017/1/1

                             NPO法人たかつき市民活動ネットワーク

                             理事長  山下征紀