マスコット
人形
ホーム みんなの広場 会報紹介
2013年度 総会を終えて TCAN理事の今年度の抱負
山下 征紀
 「わかもの、よそもの、ばかもの」(杉浦健さん、関学HSセンタ−の言葉を借りて)をTCANの活動に組み入れていくのは、今でしょうね! 
そして「おもしろく、おかしく、楽しく」の事象を創り出したい。
一緒に知恵を出し合ってやっていきましょう。
思いやりと感謝の気持ちを膨らませて。
H/Pの5/26にメッセージを記載しております。
これも読んで頂けると嬉しいです。

飯村 六合夫 2011年の3.11! 風化させないようにしたい。
そんな想いで、2013年度も東日本大震災の被災地支援事業のバックアップをします。
不調のパソコンを買い替える資力も乏しく、データの保存/伝承に苦労しており、文明のマイナス面を感じております。
携帯やパソコンのいらない世界に住みたいですね。
事務局担当理事の飯村です。
ぜひ事務所に会いに来て下さい。
田中 恵子

東北の震災や私の団体の難民支援を考えると、いつも市民が繋がっていることの大切さを感じています。
微力ですが繋がって行くことのお役に立ちたいと副理事長を引き受けました。
住みやすい街ランキング1位の高槻らしいのですが、名実ともに「市民が主役の街」になるように皆さんのお力で進めていきたいと思っています。

日比 徹  近年特に、市民活動に対する一般市民の参加が減少していると多くの中間支援組織の関係者より聞く。
これは社会の変化・市民の考え方・要望に市民活動組織がマッチングできていないのではないかと考えます。
最近の多様化された市民要望をピックアップして活動につなげて行くために、市民感受性の大きい市議会議員のマニフェストを集約検討し、キーワード化して、市民要望を明確化できるように努力したく思います。
西村 逸郎

  TCANの活動も11年目に入り、変化を続ける社会の中で、新しいステップを踏み出しました。これまでの積み重ねを生かしながら、サロン・団談やPPPつながりたい、などの活動を通して、多くの世代が共に語り合い、ひとりひとりの経験を生かし協働して、市民の力でより望ましい街の実現をめざしていきたいと願っています。

牧口 明

  TCANは、市民活動の「中間支援組織」です。
さまざまな市民組織がそれぞれのテーマに基づいて活動することを側面的に支援する組織です。
この「側面的に支援する」という活動が周囲からは見えにくいのが悩みの種です。
今後は、その「見えにくさ」を少しでも「見えるもの」に変えていく取り組みが必要だと思っています。
会報の編集・発行とKNN(関西NPO支援センターネットワーク)の担当をさせていただきます。
   

佐藤 智昭

  私は、花の会で障がいがある人が地域で豊かに生活できるよう当事者・家族と共に活動を行なっています。
誰もが住みやすいまち『たかつき』を目指し、TCANを通じて、様々な市民活動団体と連携できる取り組みを企画したいと思っています。
若輩者ですが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
地元の名産『三箇牧トマト』のおからかりんとうを発売します!
こちらの方もよろしくお願いします。
  

丸居 美樹夫

  団塊の世代が地域に戻ってきて、会社で養った深い知識・技能を地域で使って欲しい。
そのための受け皿が十分に出来ていない。
何年も前からわかっていたことを生かし切れない今の社会は何かおかしい。
  TCANの活動の中で、その力を発揮できる事業が多くあると思う。
力を生かし切れない団塊世代の皆さま、是非TCANの活動にご参加下さい。
 今年度から副理事長の大役を務めることになりました。
会報の編集・発行の担当も担います。
  

      
役員挨拶過去の記録