ホーム みんなの広場 会報紹介
 江口宏さん制作の「一網打尽」・マスコット人形



 
江口宏さんに、TCANのロゴマークのデザインをお願いした折り、江口さんとの会話の中で、“まずは会員を増やし、その中から意欲のある面白い人を集めてみる所から、事業を組み立てていこう” との想いを話したことがあった。

 “それは一網打尽ですな” と、とっさに投げ返された言葉があった。ネットと網とを掛け合わせた、江口さんの洒脱であった。

 “それそれ、それいいですなあ” と理事長共々相槌をうった覚えがある。
 そのことをずっと忘れずに覚えの中にあって、実行される江口さんの気持ちを心から凄いと思う。
感謝の気持ちで胸一杯になる。このような会員にささえられてのTCANを誇りにさえ感じる。
小生などは言葉には出すが直ぐ忘れる。我が妻によれば、別府の温泉だとのことだ。 
 “いう(湯)だけ” なのだそうだ。

 江口さんの作品を見て、おや、どこかで見たことがあると気づかれる人は知的レベルの高い人(ヨイショ)だ。

 02年〜03年にかけて毎月、朝日新聞の小冊子「暮らしの風」の表紙を江口さんのユーモア人形が飾っていた。
作品集「楽しんでCLAYART」も出版されている。
この文章を目にされた会員の方には、「一網打尽」の精神で是非とも会員獲得にご協力いただきたい。

 
「一網打尽」をじっくり鑑賞してみると、思いがけなく江口さんのユーモアを味わえる。
 「Cast A Net](網を投げろ!)と人形の網の中にあるカスタネットが赤と青で存在する。
 自由・平等・友愛がフランスの三色旗だが「Cast A Net」で、友愛(フラタニティー)を獲得できるかを提起しているようにも思えてくる。提案の賛同者を期待します。賛同の気持ちを是非、みんなの広場への投稿でお願いしたいものです。